« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月25日 (日)

久珠の会「陽春の俳句展」を見に行く

東京の真ん中に住んでいながら、
東京都庁にはじめて足を運びました。
こちらの45階展望室、東京を一望できるのですね。
で、今はすっかり観光スポットになっているのですね。
外国の観光客の方で大賑わいでした。

さて、その南展望室で水原亜矢子先生主催の
「久珠(くみ)の会」の俳句展が開催中です。
俳句はわからない私ですが、五行歌「麹町倶楽部」
ご一緒している下平紀代子さんも出品。
ご案内をいただいたので、見てまいりました。

紀代子さんは、編集者ですけど、帽子デザイナーで。。。
五行歌を詠めば、短歌を詠み、俳句も詠んでしまう。
おまけに、食通で、着物通で。。。まぁ、なんて多才なことか。
驚くばかりです。
展示された句は、こちらです。
Kao

折り紙の 馬転がして 春隣

私はこちらを読んで
「幼い女の子がこたつで折り紙の馬で遊んでいる。
障子の向こうに庭。梅がほころびかけている。
春はもうすぐですよ」という解釈をして、童謡「春よ来い」を
思い出しました。「おんもにでたいと泣いている♪」赤い鼻緒の
みよちゃんが浮かんできました。
作者の幼子を見守る視線のあたたかさが伝わってくる。
馬を転がす小さな手。ぎこちないしぐさ。が見えるようだわ。
なんとも、かわいらしい句ねぇ。と思ったのですが、
ご本人にうかがったところ、大違いでした(笑)
折り紙の馬のしっぽを押して一回転させて立たせて
遊んでいたのは、実はご両親だったのです。
つまり「こたつで老夫婦が折り紙の馬で仲良く遊んでいる。
春はもうすぐ」だったのですね。
あらら、なんともほほえましい!良いお話です。
春になったら、手をつないでお散歩されるのかしら?
うらやましい夫婦のありかたです。
そのとき、帰省中だった紀代子さんは、馬をたくさんたくさん
折らされたとか(笑)

展覧会の記念に、紀代子さんの書を活かして、
色紙ふうに絵にしてみました。
書が、華やかに見えるよう工夫したつもりです。
Photo_2

そしてこの日は会場で、はじめてお目にかかった
一川(いっせん)さんと三人でお茶。
気さくにおはなししてくださったのですが、あとで
実はすばらしい書道家であり、歌人であるのを知り、
びっくりしてしまいました。九州の五行歌の主催もされている。。。
もっと、かしこまっていたほうが、よかったかしら???
やれやれ、無知は恐ろしい。。。とほほ。。。

蛇足ですが、おしゃべりしているあいだ、外国の観光客の方たちに
何度も写真を撮られました。
三人とも着物だったからめずらしい動物のようだったのでしょうか?
いえいえ、三人とも美しかった?からでしょうな(大笑)
パシャリ!
Photo_3

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年4月21日 (水)

発酵?する記事?

ブログの更新ができないでいます。
今、ちと、忙しいのです。

このブログは「つぶやく」のではなく、
記事として成立させようと思い、
ひとつひとつ書いてきたのですが。。。
今、ちと、忙しいのです。
記事を練る時間がとれないでいます。

練って、「発酵」させてから「発行」したいので、
ちと、お待ちいただきたいのです。

竜のお話も、突っ込みたいのですが、
調べが進まず「漬物状態」。。。
まぁ、納豆のようなブログと思ってくださいまし。

来週には、新たにアップ!します。

「呑み処ぷりん」から、
久しぶりに「アトリエぷりん」に
のれんをかけかえたような。。。
現場からの報告でした。
1

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年4月14日 (水)

竜の伝説 その1「画竜点睛」

わたしの好きな絵の題材のひとつに「竜(龍)」があります。
竜の起源は、もちろん「中国」。
古代より皇帝のシンボルとして扱われてきました。
竜は神獣、霊獣ですから、雷雲を呼び寄せ嵐を起こしたり、
竜巻になって天を飛翔したりと。。。まことにかっこいいので
さまざまな伝説に登場しますね。
Photo
「画竜点睛」(がりょうてんせい)という言葉がありますが、
こちらは、その元となったお話です。

むかし、中国の梁(りょう)という小さな国に
張(ちょう)という名前の画家がおりました。
たいそうな腕だというので、ある日、金陵(南京)の安楽寺の壁に
四匹の竜を描くことになりました。
何日かして描きあがった絵を見た人々は、思わず息をのみました。
描かれた竜は、まるで生きているかのようにうねっていて、
啼き声まで聞こえてきそうです。
ですが、どうしたことか?瞳が描かれていません。
不思議に思って、人々がたずねると、
張は、おごそかに言いました。
「瞳を描き入れたならば、竜は飛び去ってしまうだろう。
だから、やめたのだ」
「まさか。そんなことはあるまいよ」人々は、せせら笑いました。
「だいいち、瞳のない竜なんて、おかしいですよ。
みっともないから、ぜひ入れてください」
あんまりせがまれるので、張は二匹の竜だけに瞳を入れました。
と、とたん、すさまじい雷鳴!稲妻が走って、壁をつきやぶりました。
たちまち、二匹の竜が飛び出しました。竜は雲にのると、
うずまきながら、天へ駆け上っていきました。
あまりのことに、ただただ天をあおぐ人々を残して、
張はいずこともなく、消えてしまったとういことです。
でも、瞳を入れなかった2匹の竜は今でも寺に残っているそうですよ。
Photo_2
ちなみに「点睛」とは、「瞳を描く」ということだそうです。
また、全体的にとてもよくできているのに、最後のかんじんな仕上げが
できていないことを「画竜点睛に欠く」といいますが。。。。。
実に。。。耳がいたい話です。反省するところ、多々あり。
「こんなもんでいいやぁ」で提出するのは、プロとして恥ずかしいこと。
いつでも、そのときなりの力量で「傑作!」をめざして、きちんと
仕上げなくっちゃぁいけません。
でも、「そこそこでいいんですよ」とプレハブ的なご要望もあったり。。。で。
臨機応変でいかないと、いけないのかな??

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2010年4月10日 (土)

赤ちゃんが来た!

我が家に赤ちゃんがやってきました!
デザイナーのともえさんが赤ちゃんを見せにきてくれたのです。
お名前は「ソラちゃん」漢字はむずかしくて忘れました。。。。
まだ10ヶ月の男の子。でも、いっちょまえに前歯は上下、
しっかりはえています。
「はいはい」はクリア。「つかまり立ち」がはじまっています。
Photo
ともえさんとは、ほんとうに久しぶりなので、お昼ごはんを食べながら、
いろいろおしゃべりした。。ような??しないような。。。?
赤ちゃんについつい振り回されてしまいますねぇ。
この時期の、赤ちゃんって。。。
0
少しもじっとしていません。そこで、ともえママは、しゃべりながらも。。。
1
だっこしたり、ゆらしたり。。。
2
私もこんなことをしたりするので。。
何をおしゃべりしていたのか??忘れていまいます(笑)

でも、赤ちゃんって、おもしろいわ♪
ともえママが、ごはんを食べているあいだ、おトイレに行っているあいだ、
私がだっこしてみるのですが、えびぞりになって泣き出します。
仕方がないので、羽交い絞めにしました(笑)
猫より重いけど、猫より、動きがにぶいので、かんたんに
ふうじこめることができます(大笑)
ともえママが、わたしとちょこっと台所に行ったら、
絶叫しながら、はいはいで追ってきます。
本人は、全速力のつもりらしいのですが、
猫の「のんびり歩き」より遅いです(笑)
それにしても、なんとまぁ、けなげなんでしょう!
赤ちゃんって、全身全霊で母親を求めるのね。
その一途なこと!感動!
そして、どんなに泣いても、ママに抱かれたとたん、ぴたっと
泣き止んで、ふりむき、わたしを見て、得意そうに、にっこり。
かわいいわぁ♪
そのうち、調子がでてきたようなので、猫とにらめっこさせてみたら、
ぶすっ!猫の頭の毛をむしってしまいました。
ぼう然とする猫のくーちゃん。(大笑)
ソラちゃんの勝ち!でしたな。

とても楽しかったけど、「慣れない生き物」と半日過ごして、へろへろ。
ぷりんさんは、10時前に就寝してしまいましたとさ。

ママの大変さを、ちょっぴりわかったような一日でした。

ともえママは5月から、ソラちゃんを保育園にあずけて
職場復帰するそうな。きっと、目が回るほど、大忙しね。
ですから、ソラちゃん、できるだけ「自力」で、すくすく育ってね。
Photo_2
そして、また遊びに来てね。おばちゃん、待ってますよ。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2010年4月 7日 (水)

2010年「みのり組」お花見報告(続き)

この日の昼間は、春の長雨がようやくやみ
気温もあがっていたのだが、
夜ともなれば、やはり冷え込むのである。
ビールは好きだが、からだが冷える。。。
そこで、ワインに切り替える。
やっぱり、寒い。。。。
夜桜が、どこかうらめしい。
それでも、一年に一度のことだ。
なごやかに、がんばるぷりんであった。
Prulin
ああ、されど、しばらくすると、なんと雨。。。
周辺のお花見客は、次々と、帰り支度をはじめた。
されど、、女帝さまいわく
「今夜はふらないはずだ」。。
大将の励まし?に、メンバーは、とどまる。
雨に打たれながら、呑む。。。

しだいに強くなる雨。。
されど、女帝さまいわく
「むかしは、屋根をつけて呑んだこともあった」。。。
。。。。。。。。。。。。。
たしかに、以前 ゴミ箱からシートを拾って、桜の枝にくくりつけて
屋根にしたことがあったけど。。(子どもの秘密基地のよう(笑))
メンバーkusunoseが、よろよろとゴミ箱に向かう。
と、さすがの女帝さまも
「もう、いい!撤収!」
ようやく、撤退の号令がでて、指揮のもと、あとかたづけ。

「みのり組」は居酒屋へ移動しましたとさ。

いつもでしたら、こんなカンジだったのですが。。。
Photo
今年は残念でしたが、何事もなく済んだお花見でした(苦笑)

ばかばかしい伝統行事ですが、これもお互い健康で仲良しの証として
続けていきたいものです(笑)
でも、メンバーは高齢化。
来年からは、そろそろ、昼間にしたほうがよさそうです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年4月 5日 (月)

2010年「みのり組」お花見報告

4月3日(土)東京市谷お堀の土手、満開の桜の下。
今年もまた「みのり組」のお花見が開かれた。
こちらは、かれこれ20年も続いている伝統ある宴会である。
Sakura
まずは、メンバーを紹介しよう。
Minori minori
この会を仕切る女帝。元祖スタイリスト。必殺着付け人。
常に己の価値観のみで行動する人。
会のメンバーは、彼女に逆らうことは許されない。
会費の金庫番。おつまみ調達係り。

Kusunose kusunose
グラフィックデザイナー。
毎年、前夜から場所取りしてくださるえらい人。
お酒調達係り。
常に酔っ払うことを信条としている。
くだをぐるぐるまくことが多く、やはりぐるぐるしている女帝さまの
お叱りをこうむることもしばしば。。。

Tiba chiba
女帝さまの元弟子。今は原宿でアクセサリー店を経営。
丸棒と呼ばれる警察四課の父をもつ。
情に厚く、今なお女帝さまを「先生」とお呼びし、敬意を忘れない。
が、時たま、反旗をひるがえすので、やはり女帝さまの
ご機嫌をそこねたりする。

Kaiya kaiya
グラフィックデザイナー。
過去、女帝さまといろいろお仕事した人。
今は不景気で宴会のみの交流となる。
どういう因縁か、女帝さまと誕生日が同じ。のせいか?
自己チュウを信条としているせいか?
しばしば、女帝さまと対立?

Sigetomi shigetomi
コピーライター。三人の娘の父親。
酔っ払いの訳のわからない議論を、まぁるく収めてくれる
たいへんありがたい人。その調整のため、終電に間に合わず
おうちに帰れないことも、しばしば。。。
悲劇の人でもある。

Pulin ぷりん
イラストレーター。
会の敷物係り。毎年、汚れたシートをきれいにふいて、次の年に
提供する節約家。その上、当日は参加者分の「ざぶとん」を
山のようにかかえ持参する良い子♪
よくわからない議論が始まると、寝ることを心がけている。

Gesut ゲスト
だまされたように宴会に巻き込まれるかわいそうな人たち。
試練の多い、過酷な宴会のせいか、年々、人数は減るばかり。。?
3年続く、参加者は、なかなかいないのが、現状である。

さて、花冷えする夜、「みのり組」花見の会ははじまった。。。
(つづきが書けるか??届く資料によっては、公開できず、
はっきり申せる段階ではありません。)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年4月 2日 (金)

東京国際アニメフェアに行く

去る3月26日に某プロデューサーに連れられて
国際アニメフェアに行ってきました。
この祭典は、いろいろな国のアニメに携わる販売会社、制作会社。。。
はたまた大学のアニメ学科など、一同に集まって
キャラクターやら製作物やらをお披露目して、交流を深めたり
商談したりするものです。
ちなみに「カメラ小僧」という熱烈なアニメファンが、
アニメキャラにコスプレしたチラシを配る女の子の写真を撮ったり
するので有名です(笑)
まぁ、私がうかがったのは「ビジネスデー」といわれる業界の人たちだけが
伺う日なので、「カメラ小僧」はいません(笑)
たいそうな賑わいのなか、お目当てのブースは、招待券をくださった
「dorop]さんという製作会社です。

この会社がたちあげている「ぴくそん」というお歌サイトが
わたしのお気に入りなので、時間のある方はぜひ、ごらんください。
Photo だいたいいつもノリ
こちらは、大田区のノリ会社「川島屋」とのタイアップのアニメです。
歌は、ラップになってて、とてもおしゃれ。
でも、「みんなのうた」のように正統派。こどもに安心して見せられます。
大好き!で、なんども見ました。

これから、こちらと、どんなおつきあいができるのか??
楽しみです♪

そこで、思い出したのが、何年か前に描いたアニメ作品。
「おいしいあいうえおの歌」です。
「あ」から「ん」までの、たべものを食べる。食べる。
「ひたすら食いしん坊」のキャラを描きました。
Aiueo1
「あんぱん」「いも」うどん」え「えびの天ぷら」「おでん」。。
「かすてら」「きゅうり」「くり」「けんちん汁」「こんにゃく」。。。
食べる。食べる。。
Aiueo2
まだまだ、食べる。食べる。
Aiueo3
透明になって、盗んで食べる。五段重ねのお重だってひとのみさ!

「食べる」は「生きる原点」!貪欲にみえるこのキャラは
欲望に忠実なのだけのです。おおらかで?たくましいこの子を
コミカルに動かしてもらった作品です。
こちらは、ベネッセの「すくすくのうた」というDVD
おさめられています。
この分野のお仕事は、チャンスをいただければ、ぜひまた、
やってみたい仕事です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »