« 「ほ ほ ほ ふきのとう」 | トップページ | 東京国際アニメフェアに行く »

2010年3月30日 (火)

鶴のくちばしが かっと開いた

さて今日は五行歌の会「麹町倶楽部」で わたしの詠んだ歌を
掲載してみますね。
まずは、3月24日(火)に提出した歌です。

鶴のくちばしが
ひと夜だけ
かっと開いた
白き大輪
サボテンの叫び

Photo
こちらは、我が家のベランダにあるサボテンが、狂い咲きしたので
それを写生して詠んでみました。
サボテンのつぼみというのは、はじめは硬くどんぐりのようなのですが
日がたつにつれ、細長く伸びて、は虫類を思わせる形態になります。
そして、ある晩ひと晩だけ、大きな真っ白な花を咲かせます。
闇に映えてそれは華やかです。
でも、どこか妖しげで狂気を感じさせる花です。
そこで、少しぶきみな雰囲気を出したかったのですが
いかがでしょう?
歌会の皆様からは
●つぼみを鶴のくちばしにたとえたところが斬新。
●「かっと」という擬音がとてもきいている。聞えてきそうだ。
と、いう感想をいただきました。

次はさかのぼって、2月23日(火)に提出した歌です。

格子ごし のぞく
となりの蔵
黄金虫は
よその宝に
懸想する

2
こちらを詠むきっかけになったのは、ある方にトゥシューズに画鋲を入れる
ような意地悪(笑)を受けた(と感じた)からなのです。
社会的な地位もあり、経済力もあり、家庭にもめぐまれた人なのに
どこか欲張りでやきもち焼き。よそのものをほしがったりする人がいます。
困ったものです。不快だわ。。。と、思いつつも、歌にしてみたら
今の世相をレトロに風刺したようになりました(笑)
絵にしようとすると、やっぱりきれいに描きたくなり、絵巻風にしてみました。
不快な気分がロマンチックになったわ!
歌会の皆様からは
●「となりの芝生」をこんなふうにたとえるのは、新鮮だ。
●どこかで読んだ絵本の一ページのようだ。
●「懸想」ということばの使い方に「はっと」させられた。
●「となりの奥さんをねらっているようだ」(笑)と。
少し隠微なとらえかたもあり、
みなさんいろいろな想像をしてくださいました。嬉しかったです。

まぁ、いやな気持ちも歌に詠んだり、絵にしたりすると、
ふしぎと昇華されてしまいます。
クリエイティブな行為というのは、感動も悪しき感情も いちど、
客観的におろして、再構築する作業なのでしょうね。

さて、来月はどんな歌を提出しようかな?

|

« 「ほ ほ ほ ふきのとう」 | トップページ | 東京国際アニメフェアに行く »

歌会便り」カテゴリの記事

コメント

サボテンは多肉植物の仲間なので、種類によってはひょろひょろと
なが〜い手を伸ばしてから、花をつけます。

サボテンは、月に向かって何を叫んだのでしょう。
ビルのラインがサボテンの孤独を強くしているように感じます。

投稿: アルキメデス | 2010年3月30日 (火) 22時44分

サボテンの花=妖艶が、私の定義です。
ドラマの主題歌になって、ちょっと定義は薄らぎましたが、
その花を前にすると、やっぱりほんの一瞬息を飲みます
そういえば、母が何年か前に突然
「私、そういえばサボテンが嫌いだったの!」
家中のサボテンを捨ててしまい、家族を唖然とさせました
母の目にサボテンの花が、何かを叫んだように見えたのかもしれません


不快な気分が昇華されるというのは、なかなか普通人ではできませんが、
そこはクリエーターのなせる技!
羨ましいです
私は…息子の胸で泣いて消化させています(爆笑)

投稿: せりなずな | 2010年3月31日 (水) 07時13分

トゥシューズに画鋲を入れるような意地悪・・・
こんな意地悪は昔の少女漫画にありましたね。
欲深く焼きもち焼きの方がどんな意地悪したんだろうって
すごーく気になりました。大人でもそんな人いるん?
つまらない大人にはなりたくないけれど、
子どもじみたことはいやですねー。

素人が何言うてんねん、って言われるかもしれないけれど、
ぷりんちゃんの五行詩は迫力があるね。

投稿: 猫の手 | 2010年3月31日 (水) 16時24分

アルキメデス様
都会の真ん中で咲いても虫はこないし、
見てあげるのは、私だけ。。。かわいそうな
白い大輪。「わたしは、ここよ!」と
にむかって
叫んでいるようでした。

投稿: ぷりん | 2010年3月31日 (水) 19時22分

せりなずな様
そう、妖艶ですね。真夜中の3時間
ぐらいしか、咲いていない。。。
ドラマを感じさせる花です。
サボテンをみんな捨てるお母様もまた、
ドラマになりそうです。
う~ん、心境をうかがってみたいですね。

息子の胸で泣いてみたい。泣けるところが
ほしいです。

投稿: ぷりん | 2010年3月31日 (水) 19時29分

猫の手様
ありがとう!「迫力がある」といわれて
嬉しいわ。わたしは、ドラマ性のあるものが、
好きなのです。
画鋲の人は、おそらく。。私を
自分のたくさんあるアクセサリー
のひとつにしたかったのかも??
でも、ならないので、おもしろくなかった
のかも??
こんど、愚痴を聞いてね。

投稿: ぷりん | 2010年3月31日 (水) 19時39分

こんばんは
サボテンの花が白いので鶴? 「かっ」と!の音に赤? が、読まれたり描かれたりしたのでしょうか。
バックの色もいい色目で、先生は使いたい色がすぐに見つかるのでしょうね

隣の芝生事件と同じような事が愚息の小学校でありました。
サッカーが上手い子のスパイクに画鋲が・・・・
でしょうかね

投稿: aoba | 2010年3月31日 (水) 22時30分

aobaさま
まぁ。。。今も昔も「画鋲事件」は
変わってないのね。
画鋲をいれた子どもも、案外。。
優等生で通っているのかも???
でも、その子のおかれている立場は
その子がなりたかった自分と少し
ずれていたりするのかも。。。
でも、人には「それぞれもって生まれた
「役割」が、あるものだと思うのですけど。。。
息子さんが、画鋲にさされなくて、まずは
よかったわ。
aobaさんの持ち味も、人にないもの。
信じて、大事に
そだててくださいな。

投稿: ぷりん | 2010年4月 1日 (木) 19時02分

すてきですね~
どちらの絵も本当にステキです!!

私も昔サボテンを飼ってました(^^
飼ってると言うとみんな不思議な顔をするんですが
うちのサボテンには心があって、正に飼ってるって感じでした 
ぽかぽか陽気のベランダで気持ち良さそうにしてたかと思うと
夜しまい忘れた私に怒ってみたり。。怒ると私の指にとげ刺します

って…なんかちょっと変な人みたいですね
でもぷりんさんのサボテンの絵を見てたら
たまにポッと花を咲かせたサボテンのテンちゃんを
思い出して何だか胸が熱くなりました
ちなみにテンちゃんの名前はボテサ・テンでした

投稿: とことこ | 2010年4月 2日 (金) 00時13分

とことこさま
ボタサ。テン。。ネーミングにびびっときました。
すばらしい!

うちのサボテンはいただきものなのですが、
だんだん。。。人に近づいてくるような、
不思議さがあります。
まさに飼ってるカンジです。
とことこさんの感性の豊かさを教えていただきました。
こんど、絵本を見せていただきたいです。

投稿: ぷりん | 2010年4月 2日 (金) 19時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鶴のくちばしが かっと開いた:

« 「ほ ほ ほ ふきのとう」 | トップページ | 東京国際アニメフェアに行く »