« 狂言「花折り」~「はなみのおてら」最終話 | トップページ | 「ほ ほ ほ ふきのとう」 »

2010年3月22日 (月)

狂言「花折り」~「はなみのおてら」おまけ

狂言「花折り」を題材にして「はなみのお寺」というお話を
展開してまいりました。

「古典」といわれる分野を親しみやすい形で
紹介していきたい!というのは、
前々から考えていたのですが、
それから、発展させて、こどもの劇や遊びのなかにも
取り入れてみたいなぁ。とも思っているのです。

本日は、ちょこっとおまけで、
「はなみのお寺」を「かごめかごめ」にしてみました。
「はないちもんめ」の調子で歌います。
Photo_2 
●輪になって小僧さんをかこみ、歌いながら、まわります。
 小僧さん役は目かくししてじゃがんでいます。

(輪)小僧さん、小僧さん 何してる

(小僧)わたしは お寺の 桜守り
    和尚さんの いいつけで 
    るすを 守って おりまする

(輪)小僧さん 小僧さん いれとくれ

(小僧)わたしは お寺の 桜守り
    和尚さんの いいつけで
    どなたも おいれできませぬ

(輪)桜が みたい
(小僧)桜は ないよ

(輪)だんごが あるよ
(小僧)だんごは いらない

(輪)このかんかん坊主 くそ小僧
  うしろの 正面 だぁれ♪

●小僧さん、うしろの人を当てます。
あたったら、交替。

ああ、なつかしい。
校庭で、放課後、くりかえし、くりかえし遊びました。
「あ~ぶくたった、にえたった♪」も好きでした。
今のこどもは。。。知らないと思うけど、
こうした遊びを、覚えたら、楽しいと思ってくれるのかしら?

|

« 狂言「花折り」~「はなみのおてら」最終話 | トップページ | 「ほ ほ ほ ふきのとう」 »

おはなしを唄う」カテゴリの記事

コメント

「かごめかごめ」は昔のまま、子供たちはやっていましたが、
「あ~ぶくたった♪」は、だんだんアレンジされています。
一番不思議なのは「お寺の和尚さんが、カボチャの種をまきました。」の手遊び唄
地方によって違うそうですが、
最近の定番は「花が咲いて」のあと「枯れちゃって」
になるそうです
時代時代で変わり続けるのは当然ですが、
「忍法使って、空飛んで」までいってしまうと
何?それ?という思いが強くなります

ぷりんさんの「はなみのお寺」は、とっても良いです!
こういう情緒のある遊びを。何時までも残していきたいですね

投稿: せりなずな | 2010年3月23日 (火) 11時16分

しみじみ、ぷりんさんの世界が伝わってきます。
かごめかごめが、恥ずかしくなく出来た時間が僕にもありました。
なんであんなに楽しかったんだろう〜 ね。

投稿: アルキメデス | 2010年3月23日 (火) 22時58分

>こうした遊びを、覚えたら、楽しいと思ってくれるのかしら?<
幼稚園で教えて頂いたのですが、皆楽しそうに遊んでいましたよ
特に、「ずいずいずっころばし♪」は、男の子に大受けでした。
語り継ぐことの大切さですね

投稿: aoba | 2010年3月24日 (水) 10時49分

せりなずな様
わたしのほうでは「花がさいて~じゃんけんぽん!」
でしたねぇ。
あぶくが煮えたあとは、戸棚にいれて、よる
お化けがきたような。。。わけわからないけど、
おもしろかった!
忍法で空を飛ぶのは、現代的ね。
おかしいです!とほほ。。。
東京の公園では、こんな遊びをやっているのを
見たことがない。。
ちょっと、さびしいなぁ。

投稿: ぷりん | 2010年3月24日 (水) 16時37分

アルキメデスさま
「かごめかごめ」のアルキメデスさん!
かわいかったでしょうねぇ。
あのころは、おもちゃがなくても遊べたし、
ボールひとつあれば、
いっそう楽しかったような。。

でも、「花いちもんめ」で
あんまり選んでもらえなかった
記憶が、ほろ苦いです。

投稿: ぷりん | 2010年3月24日 (水) 16時41分

aobaさま
「ずいずいずっころばし」が
男の子に受ける!まぁ、嬉しい!
よかったわ。
このへんの、日本のふしまわし「音感」
小さいころ、ぜひ、なじんでおいて
ほしいです。でないと、
民族として、心配です

投稿: ぷりん | 2010年3月24日 (水) 16時46分

なつかしいですね~♪
『かごめかごめ』や『はないちもんめ』よく遊びました
『あぶくたった煮え立った』は歌詞が途中までしか
思い出せないんですが、「むしゃむしゃむしゃ」ってところで
真ん中の人の髪の毛をぐちゃぐちゃにするのが定番でした

ぷりんさんのお話を読んでるとたまに
「あの頃に戻ってみたいなぁ」って思います

投稿: とことこ | 2010年3月26日 (金) 21時36分

とことこ様
そうそう、「むしゃむしゃ」して
鬼の子の頭をもじゃもじゃしましたね。
それで「まだ煮えない」といったような。。。
おもちゃなんて、なくても、毎日
遊んでた。塾にもいかなかった。
でも、ぷりんぐらい???
にはなれるのです。
勉強するとは、「遊びを工夫する」ことのような
気がするんですがねぇ。

投稿: ぷりん | 2010年3月27日 (土) 21時00分

お久しぶりです
ぷりんさんの声が聞こえてきそう
楽しいですね!今度子供たち また パパママ会のときに 是非 うたおうっと!

投稿: 晶子 | 2010年4月 3日 (土) 12時31分

晶子さま
お元気にお忙しくご活躍!
何よりです。
朗読の会で、お役に立ちそうでしたら、
ぜひ、実験的に読んでみてくださいね。

投稿: ぷりん | 2010年4月 4日 (日) 19時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 狂言「花折り」~「はなみのおてら」おまけ:

« 狂言「花折り」~「はなみのおてら」最終話 | トップページ | 「ほ ほ ほ ふきのとう」 »