« 狂言「花折り」~「はなみのおてら」その4 | トップページ | 狂言「花折り」~「はなみのおてら」おまけ »

2010年3月22日 (月)

狂言「花折り」~「はなみのおてら」最終話

しばらくして 和尚さんが おてらに もどってきました。
「こ これは、なんとしたことじゃ!」
驚くのも無理はありません。
庭はあしあとだらけ。
そのうえ 桜の枝まで 折れています。
「あれほど いったのに、ばかものめ!」

和尚さんの声で、目をさました小僧さん。
こりゃあ、いいわけがききません。
あわてて にげだします。
12
「これ 待て、おしおきしてやる!」

庭中追いかけっこするふたりに
ひらりん 花が ふりかかりましたとさ。
おしまい。
13

と、まぁ、案外このくらいの叱られ方で済みました。(笑)
やれやれといったところでしょうか?


幽玄な能に対し、狂言は、こうした庶民的で軽い滑稽話が多く、
親しみやすいですね。
そして、「花見」が、貴族や政治の実力者たちの催しから
一般庶民まで、おりてきたのは、平和になった江戸時代以降のようです。

さて、このお話の舞台は京都。
この時期、町人である商工業者が力をつけて
「町衆」とよばれ、活動するようになってきました。
経済力をつけた町衆の勢い、元気、が、花見のようすにも
うかがえるようです。
そして、お話の小僧さんは、原作では新発地(しんぽち)。
新米のお坊さん。ですから、今回の絵より、もう少し年齢は上。
まだまだ、娑婆っ気のぬけないころですから、
お酒の誘惑にころころところがってしまったのも
いたしかたなし。。。かな?(笑)

|

« 狂言「花折り」~「はなみのおてら」その4 | トップページ | 狂言「花折り」~「はなみのおてら」おまけ »

5百物語」カテゴリの記事

コメント

和尚さんと小僧さんの追いかけっこに、
桜の花びらが舞い踊る。
騒々しい中にも、情緒があって良いですね~cherryblossom

そうそう、なおとに
「ぷりんさんから、一緒に飲みましょうってお誘いがあったわよ。」と言いますと、
照れながら「うへ~!」と妙な返答happy02
どうやら、ちょっと嬉しかったようです。
彼のDNAには、かなりの酒飲みの遺伝子が組み込まれていそうです。
どうぞ、楽しみにお待ちくださいbottle

狂言もこんな楽しい絵がついていたお話なら
小さな子供たちも喜んで読めますね!
(私のようなものも…)

投稿: せりなずな | 2010年3月23日 (火) 11時05分

おやまあ、思ったより優しい和尚さんでしたね。

桜の花、散り際の潔さが和尚さんの怒りを静めたのでしょうか。
ふだんは絶対にピンク系なんて身に付けようと思わないけど、
この時期だけは毎年桜色を身に付けたくなります。

お花見いかがいたしましょうね。

投稿: 猫の手 | 2010年3月23日 (火) 17時32分

あらら、小僧さん怒られちゃいましたねsweat01
でもドリフみたいな終わり方で良かったです♪
和尚さんがいかりや長介で小僧さんがカトちゃんって感じでhappy02

狂言ってちゃんと見たことないのですが、見てみたくなりましたhappy01

投稿: とことこ | 2010年3月23日 (火) 20時00分

cloverせりなずな様
なおとくん。お酒の呑めるりっぱな大人?
になってくださいな。
そして、お酒をのんで、くだをまくぷりんを
なぐさめてちょうだいね。bomb

せりなずなさん、年寄りにやさしい人になるよう、
しっかり教育してください。happy02
頼みましたよ。scissors

投稿: ぷりん | 2010年3月24日 (水) 15時49分

cat猫の手さま
猫の手さんのブログでは、
春の足跡いっぱいね。shine

着物は、ふだんはそう気にしなくとも、
この季節だけは、特別「季節」を
意識しますよね。
この年でも、グレーがかったピンクなら
だいじょうぶよ
それに、夜桜の帯cherryblossomfullmoon
をしめて
おいしいものでも
食べたいなぁ。confident

投稿: ぷりん | 2010年3月24日 (水) 15時58分

footとことこさま
そうねぇ。和尚さんのお顔も
どこか長さんに似ている(笑)
ドリフか。。なつかしいです。
「8時だよ!」はみんな見てた!happy02
狂言もいちど、見るといいですよ!
キャラの作り方の、基本があります!fuji

投稿: ぷりん | 2010年3月24日 (水) 16時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1204961/33884126

この記事へのトラックバック一覧です: 狂言「花折り」~「はなみのおてら」最終話:

« 狂言「花折り」~「はなみのおてら」その4 | トップページ | 狂言「花折り」~「はなみのおてら」おまけ »