« 宮沢賢治「水仙月の四日」その2 | トップページ | 宮沢賢治「水仙月の四日」最終話 »

2010年2月11日 (木)

宮沢賢治「水仙月の四日」その3

雪童子(ゆきわらす)は、泣き声のするほうへ かけてゆきました。
すると、雪に足をとられた毛布(けっと)の男の子が
起き上がろうと、手をついているのが見えました。
手には、やどりぎの枝がにぎりしめられたままです。
泣きながら、よろよろとしているのでした。

「毛布(けっと)をかぶって、うつぶせになって 倒れておいで!」
雪童子は叫びました。
「今日はそんなに寒くはないんだから、こごえはしないよ!ひゅう!」
でも、男の子には、雪童子の声は 風のうなり声にしか
聞えません。泣きながら、また、起き上がります。

雪童子は、男の子をつきとばしました。
「動いちゃいけないったら!じきに雪はやむんだよ。
このまま 毛布をかぶって うつぶせで 倒れておいで!ひゅう!」
倒されても、男の子は、まだ、起き上がろうとしました。3
そこへ 雪婆(ゆきばんご)が やってきました。
「おや、おかしな子どもがいるね。
さっさと、こっちにとっておしまい。水仙月の四日なんだから。
命のひとつ ふたつ、とったっていいんだよ」
みだれて 波打つ髪を ぼうぼうとさせながら、雪婆んごは 命じました。
雪童子はうなづくと、
「ええ、そうですとも。さぁ、死んでおしまい!」
こんどは、思いっきり、男の子をつきとばしました。
「そうそう、それでいいよ。なまけたら、承知しないよ。
さあ、もっと降らすんだ!ひゅう!」
雪婆んごは、笑いながらそう言うと、むこうに行ってしまいました。
雪童子は、男の子にそっと言いました。
「動いちゃいけないよ。このまま、うつぶせで倒れておいで。ひゅう。」
男の子は、うっすら目をあけたようでしたが、もう力つきたのでしょう。
そのまま動かなくなりました。
雪童子は、こっそり笑いました。
「そうして、ねむっておいで。ふとんをたくさんかけてあげる。
そうすれば、こごえないんだよ。」

そして、男の子のからだを赤い毛布で、きちんと覆うと
雪をたくさんかぶせて ちいさな山をつくりました。
「これで だいじょうぶ。朝まで カリメラの夢を見ておいで。」
雪は、どんどん積もっていきます。
小さな山は たちまち あたりと、見分けがつかなくなりました。
「あいつ。。。ぼくの投げたやどりぎをずっと、もってたな」
雪童子はつぶやくと、ちょっと、泣いたようでした。
4
「さあ!しっかりおし!今日は2時まで、休みなしだよ!
ここいらは水仙月の四日なんだからね。もっともっと 降らしておくれ!ひゅう!」
雪婆んごの声がします。

そうして 日は暮れて、夜じゅう、雪童子たちは、むちをふり、
雪は 降って、降って、降り続けたのでした。
(つづく)

|

« 宮沢賢治「水仙月の四日」その2 | トップページ | 宮沢賢治「水仙月の四日」最終話 »

5百物語」カテゴリの記事

コメント

先日はお会いできてうれしかったです。
色々なアドバイスありがとうございました。

ぷりんさんも水仙月描かれたんですね、とっても素敵です!

投稿: ayumi | 2010年2月12日 (金) 11時47分

雪国の重たい空の色。
実際に見たことはありませんが、きっとこんな色なんだろなあ~寒いんだろうなあ~
なんて、想像をかきたてられましたsnow
降って降って降り続く雪に
太刀打ちできない、ちっぽけな人間。
でも、何とかしたいとあがいてしまう。
あ~あ、まるで私・・・
なんて事まで、考えてしまいました。
でも、冬来たりなば春遠からじcherryblossom
雪婆んごも、いつまでも居座れないでしょうからbleah

投稿: せりなずな | 2010年2月12日 (金) 15時09分

雪の感じがメルヘンだなあ〜
ドンドン雪が降り積もっていくんですね。
歌のヒントになってきました。。

投稿: アルキメデス | 2010年2月12日 (金) 16時32分

artayumiさま
この絵は、もう5年以上前に描いたもの。。。
自分でもなつかしい絵です。。

先日はお会いできて、とても嬉しかった。
お話して、思いましたのは、
私としては、あゆみさんのように、自由に描いて
きた人がうらやましい。自分は職人として
やってきました。

「こうもり」のご本はうち帰ってまた、じっくり
読みました。絵だけでなく、お話としても
楽しいと思いました。
あゆみさんの感性は、これから!花!だと思います。

投稿: ぷりん | 2010年2月12日 (金) 20時20分

cloverせりなずな様
せりなずなさんの文学は、今、春にむかって
いるのです。貴重な芽を育てるために
「間引き」もあるやもしれません。
でも、そうしないと、丈夫な芽も育たない??
削っていくと、残るものがあるはずです。
めざすのはハリーポッターです。

投稿: ぷりん | 2010年2月12日 (金) 20時37分

virgoeyeアルキメデスさま
ああ、メルヘンの世界。。
ここで、生きていけたらいいのに。。。
現実は降ってふってまた降って。。。snow
でも。。。
そうね。。。。
です。たしかに、歌になりそうですね。
歌いましょうか。ロックで♪wave

投稿: ぷりん | 2010年2月12日 (金) 20時45分

こんにちはhappy01
今日も寒いですね。
朝方は、みぞれ交じりでした。
でも、今は雨に変わってしまいましたが・・・。
こんな日は、温泉にでも行きたくなりますねspa

青の使い方が変わったのですね。
ん~、バックの色に青が冴えますheart01
いつも色に重みが感じられて、魅了されてばかりですshine

投稿: aoba | 2010年2月13日 (土) 11時28分

いま窓の外にはシャラシャラと雪が降ってまして
そんな中このお話を読んでいると
雪の冷たさが伝わってくるようですsnow

でもそれとは逆にお話が進むにつれて
見た目にも冷たそうで寒そうな雪童子が
なんとも暖かく思えてきてconfident

続きが気になりますnote


投稿: とことこ | 2010年2月13日 (土) 15時57分

snailaobaさま
今日もみぞれまじりで、寒い~ですね。
ファンタジーを描いているつもりが
ほんとうになってしまって、笑えないです。crying
絵は、吹雪のシーンなので、青はおかしいので
茶系にしました。
このお話の絵のポイントは、
晴れた雪景色mist
吹雪の雪景色のsnowのちがいを
はっきりさせることです。

投稿: ぷりん | 2010年2月13日 (土) 19時39分

footとことこさま
そうなんです。このお話のポイントは
雪童子の「やさしさ」heart02です。
雪婆んごに支配されて働かされている
孤独な雪童子が、ふと、男の子に
友情を感じて、shine雪婆んごにひそかに
反旗をひるがえしたお話です。punch

投稿: ぷりん | 2010年2月13日 (土) 19時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1204961/33337078

この記事へのトラックバック一覧です: 宮沢賢治「水仙月の四日」その3:

« 宮沢賢治「水仙月の四日」その2 | トップページ | 宮沢賢治「水仙月の四日」最終話 »