« 宮沢賢治「水仙月の四日」その1 | トップページ | 宮沢賢治「水仙月の四日」その3 »

2010年2月 9日 (火)

宮沢賢治「水仙月の四日」その2

「しゅっ!戻れったら!」
雪童子(ゆきわらす)が、むちをならして叱ると
雪狼(ゆきおいの)たちは くるりとふりかえり ごむまりのように
戻ってきました。
雪童子は雪の丘にあがりました。
一本の栗の木にやどりぎが美しい赤い実をつけています。
「とっておくれ」
雪狼に命じますと、一匹が 木にはねあがって がちがちと
枝をかじきり、くわえてもどってきました。
「ありがとう」
雪童子は、その枝を手にもつと、ふと
丘のふもとに目をおとしました。
すると、細い雪道を 赤い毛布(けっと)をかぶった男の子が
里へむかっておりてゆくのが見えました。
「きのう、あいつの父親は そりに炭をのせて町へ行った。
炭を売った金で、あいつは 砂糖を買ったにちがいない」
雪童子は、手にもっていたやどりぎを ぷいっと
男の子に投げつけました。
と、枝は 弾丸(たま)のようにとんで 男の子の足元に落ちました。
男の子はびっくり!枝を拾うと あたりを きょろきょろと
見回しています。
その様子をみた雪童子は、おかしくなって笑いました。
そして、むちをふりあげ、ひゅうとならすと、
まっさおな空にむかって 叫びました。
「カシオピイア、
もう 水仙が 咲き出すぞ。
おまえの 水車(みずぐるま)を
きっきと 回せ!」
2
とたん 風が吹いてきました。わくわくと黒雲がわいてきたかと思うと
雪がふってきました。それは、どんどん激しく、横殴りになっていきます。

赤い毛布(けっと)の男の子は、やどりぎの枝をしっかりにぎって
一生懸命歩きだしました。

そのとき、空から、老婆がおりてきました。
雪婆んご(ゆきばんご)です。
三人の雪童子と雪狼を従えています。
雪婆んごは、命じました。
「ひゅう、ひゅう!さぁ、なまけるんじゃないよ。
今日は水仙月の四日だ。もっと、降らすんだよ」
目をぎらぎらさせ、それは恐ろしい声です。
やどりぎを投げた雪童子も他の雪童子たちも
まっさおになって、唇をかんで いっしんに
むちを ふりはじめました。
ふれば ふるほど、雪ははげしくなります。
雪狼たちも 赤い舌をべろべろさせて 息をはき
雪けむりをおこしています。
たちまち あたりは、ひどい吹雪で まっしろ。
もう、丘も空も見分けがつきません。
ひゅうひゅうと風がうなるばかりです。
そんななか、かぼそい泣き声が、聞えました。
(つづく)

|

« 宮沢賢治「水仙月の四日」その1 | トップページ | 宮沢賢治「水仙月の四日」その3 »

5百物語」カテゴリの記事

コメント

長男が、ぷりんさんのブログを興味深く読んでいました。
国語の授業で宮沢賢治を学んで、ちょっと関心があるようですbook
難しい表現は、流しているようですbearing

私としては、とっても勉強になります。
我見に陥りやすくなっていましたから、
ちょっと頭が冷やせました。
ちょうど、雪のお話ですしbleah

ものを書くと言うことは、
人間性が露見してしまうということを、改めて感じました(何を今さらとお思いでしょうが…)

投稿: せりなずな | 2010年2月 9日 (火) 23時02分

昨年訪れた遠野の冬をイメージします。
囲炉裏端で、おばあちゃんからこんな話を聞いていると
外の世界で、今起きているように思えるかもしれませんね。

さあ、歌会の題は「雪」。
じっくり吹雪を感じましょう。

投稿: アルキメデス | 2010年2月10日 (水) 15時28分

cloverせりなずな様
まぁ、ご長男さんが見てくださって。。
嬉しいですheart01
賢治の文体は、むずかしい?のか
くせが強いのか?屈折してるのか?(笑)
雪で頭を冷やしながらsnow。。。書き直し。。。
勉強しています。

まぁ、書くということ、描くということ。は、
人間性が露見はするは身を削るは。。で、
恥をかいて生きていくような
ものですねぇ。wave

投稿: ぷりん | 2010年2月10日 (水) 20時44分

アルキメデス様
そうでした。歌会のお題「雪」snow。。。
まだ、何もやっていません。。。が
ようやく、落ち着いてきたので、japanesetea
ブログとともに、やらなくっちゃね。
囲炉裏端で、のんびり、創作できる
ご隠居さんになりたいなぁ。bottle

投稿: ぷりん | 2010年2月10日 (水) 20時49分

こんにちは。
今日は、冷え込みが強く、夜には雪が降る所もあるようですね。
寒い寒いと体を丸めながらお買い物から帰りまして、
ぷりん先生のブログを拝見happy01
するとどうでしょう、お話や絵から、また寒さがcrying笑い

雪狼に乗った雪童子がチャーミングに描かれていて、
赤い毛糸をかぶった男の子の表情も素敵ですねheart01
青が綺麗に活かされている絵だと感じましたheart04
3話はどんな青がお出ましになりますか楽しみですart

投稿: aoba | 2010年2月11日 (木) 16時33分

snailaobaさま
この寒さのなか。
いっそう、寒くなるこのお話。。。shock
aobaさんのコメントが、
「救いのあたたかさ」!japanesetea
感謝です。confident
ぷりんは、今日は金魚のごはんを買いに
専門店へ外出。。。
あまりの寒さにsnow人間用の買い物は断念。
ありあわせですませます。とほほ。。。crying
金魚たちには、「ヒーター」を買いました!
ぬくぬくして、泳いでいます!sun

投稿: ぷりん | 2010年2月11日 (木) 20時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1204961/33312208

この記事へのトラックバック一覧です: 宮沢賢治「水仙月の四日」その2:

« 宮沢賢治「水仙月の四日」その1 | トップページ | 宮沢賢治「水仙月の四日」その3 »