« 中原中也を描くその2「骨」 | トップページ | わたしの確定申告 »

2010年2月28日 (日)

「東京を捨てたのか」

すっかり、ブログの更新が遅れています。
ああ、そして、遅れに遅れた去る1月26日(火)の
麹町倶楽部歌会の報告です。
こちらは「五行歌」という短歌でもなく、俳句でもなく
五行でまとめる詩の会です。

参加者投票の結果、一席の歌はこちら。

いつの間に
東京を捨てたのか
麦踏む日々を
伝える
友の賀状

Photo
こちらを歌われたのは、村瀬杜詩夫先生です。
前回に続いてまたも一席!です。
ご友人からの年賀状を見て「はっとした」気持ちを読まれた歌です。

村瀬氏のお話によれば、そのご友人に
「自分は、いつか東京を捨てて隠遁したい」
話されたとか。。。。されど、話した相手が、先を越して「麦踏む日々」を
実践してしまった。何の連絡もなく、いつのまにやら、地方へ。。。
そのことは賀状で、事後報告として受けた。。。というのです。
きっと、、おいてきぼりを食ったような、少し裏切られたような。。。
そんな一抹の寂しさでお詠みになったのでしょうね。
「東京を捨てたのか」の一行に小さな恨みが見えるようです。

さて、絵をおこすため、私なりに、作者の気持ちを掘り下げてみます。

(ぷりん流 村瀬氏の独白)
人生も終盤になってきた。
「欲張りな東京」は、もう捨てて、地方で「心静か」に自然とともに暮らしたい。
とはいえ、日々の雑用もある、人からも頼りにされる。。。そして何よりも
この東京の刺激から離れたがらない自分がいる。
自分にはまだ「欲」があるのだ。
なのに、あいつは、すっぱり(自分ができないでいる)欲を捨てたのか?
しかも、なんの相談もなかったではないか?
なんだか、出し抜かれた気分だぞ!

さて、そんな想いをどう描くか?

バックには山の風景らしきもの。
朝焼けか?夕焼けか?いずれにしろ、都会とはちがう美しいところです。
空に鳥。。。便りを運んできた鳥なのか?いやいや2羽ですからね。
あれは、ふたりがつるんでいた過去なのかも知れませんね。
前面に男の後ろすがた。。
山村に住む友人か?友人に想いを馳せる作者か?
どちらでもいいのです。今、離れたふたりですが、想いは一緒。
重なり合って、同じ空を眺めているのです。
作者が感じた小さな裏切りは、友人の男の人特有の「照れ」だったのかも
しれません。
いずれ、作者は、友人のいる地を訪ねていくことでしょう。

などど、想像しながら描いた絵です。

で。。。ぷりんの歌は???。。。また次に。。。
「中也」ももう少しやってみたいと思っています。

|

« 中原中也を描くその2「骨」 | トップページ | わたしの確定申告 »

6歌会便り」カテゴリの記事

コメント

いつもながら凄いなあ。
プロの方に凄い!なんて失礼かもしれませんが・・・。

いつかりんの作品も絵の世界で生かされたいって思います。
当分・・・てか、永遠に無理かな。。。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。。

投稿: 永遠迷子 | 2010年2月28日 (日) 22時56分

わずか五行の詩の世界ですが、
一編の小説を読んだ後のような思いになる歌ですね。
また、その世界を絵にしてしまうぷりんさんの腕は、
ただただため息heart04
男性の背中が、いろいろな事を語ってくれています。
ブログだけでは、勿体ない!
麹町倶楽部で、多くの方に観ていただけたら・・・
ごめんなさい。私が、口を挟むことではありませんねcoldsweats01

投稿: せりなずな | 2010年3月 1日 (月) 11時52分

capricornus迷子さま
ほほほ。。。いつも私よりお点をたくさん
いただいている迷子さん!heart01
一席の日も近いですぞ!bell
迷子さんの歌ですと、うんとロマンチックに
描かないといけませんね。virgo
お互い、新米同士。がんばりましょうね!punch

投稿: ぷりん | 2010年3月 1日 (月) 18時51分

cloverせりなずな様
村瀬先生は、ほんとすごいのですよ~!
一緒に勉強させていただけるだけで、
光栄なのです。shine
麹町倶楽部の方々もこのブログは、そっと
のぞいてくれているみたいです。eye
ただ、皆様、大先輩!なので、
新米のわたしのブログに気軽には
コメントできないのです。coldsweats01
まぁ、でも、今のところ、お叱りも受けず
好きに描かせてもらってます。
せりなずなさんも参加できたら、
きっと、夢中になると思うわ。bell
一緒に勉強できたら、いいのに。。。
この距離が残念ですweep

投稿: ぷりん | 2010年3月 1日 (月) 19時02分

一ヶ月が過ぎて、この歌が別なイメージとなって現れました。
山、男、鳥、そしてぷりんさんの解説、まるで漢詩の世界を詠んでいるみたいです。

歌会では、ぼんやり遠くで麦を踏む友の姿を想像していました。
素晴らしい〜です(パチパチ・・・・)

投稿: アルキメデス | 2010年3月 1日 (月) 20時08分

eyeアルキメデス様
お歌を読みこもうと、くりかえし読んで
みると、やっぱり村瀬先生の歌はすごいです。
おそらく「虚」annoyも「実」bomb
交じり合っています。
でも、それは、どうでもいいことで
大事なのは歌として立っていることです。fuji
そこから、発展させて、絵にするのは
大変おもしろい作業です。ですが。。。
叱られないかな~?ちょっと、心配です。bearing

投稿: ぷりん | 2010年3月 1日 (月) 20時25分

重なり合う二人、黒やグレーを幾重にも塗り重ねたのでしょうかshine
>さて、そんな想いをどう描くか?<
此方をのせて頂けて、より分かり易くよかったですnew
ぷりん先生がお歌会を楽しんでいられるご様子、目に浮かぶようですbottle

投稿: aoba | 2010年3月 2日 (火) 15時29分

snailaobaさま
まいまいちゃんの新作はまだかなぁ~?
楽しみに待ってますよ。heart01

影絵のような黒は、CGで加工してあります。
全体もそうです。
まぁ、パソコンは便利なものです。
このへんのマチェールは、こんど手描きでつくって
みるわ!lovely
歌は、わたしが、好きに解釈していますが、
ご本人の思いとは、別かもしれません。
でも、「詩」ってそんな楽しみ方があるように
思います。flair

投稿: ぷりん | 2010年3月 2日 (火) 18時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1204961/33571710

この記事へのトラックバック一覧です: 「東京を捨てたのか」:

« 中原中也を描くその2「骨」 | トップページ | わたしの確定申告 »