« 雪の唄 | トップページ | むかしばなし「だんまりくらべ」前編 »

2010年1月14日 (木)

「ブログふれんど」と集う

池袋のある「ギャラリーふらここ」は、わたしにとってなじみある画廊です。
母体は映像プロダクションなので、お仕事のつきあいもありますが、
画廊企画の「かえる展」に出品したこともあります。
その「ふらここ」で一般公募の「むかしばなし展」が開催されました。
参加された多くは、絵本作家をめざす若い画家さんたちですが、
「ぷりん茶屋」にいつも遊びに来てくださるaobaさんも出品!
こちらがその絵です。
Photo aobaさんの絵
やわらかな、あたたかみある絵ですが、いつもよりちょっと、元気がないみたい。
デビューですから、緊張されたのかしら(笑)
ブログで掲載されている絵は、とてもカラフルでファンタジーな絵なのですよ。
Photo_2
aoba さんのブログ
おうちで飼育していた(今は亡き)かたつむりの「まいまいちゃん」を主人公に
繰り広げられる「まいまいワールド」絵本です。
aobaさんは、わたしのちょこっとしたアドバイスをまるでスポンジのように吸収!
みるみるお上手になりました。もともと、とても絵心があるのですね。
アイディアといい、構図といい、意表をつくものも多く、わたしも勉強させて
もらいながら、楽しくブログを読んできましたが、今回の展覧会の
オープニングパーティで、はじめて、お目にかかりました。
Apba
中央がaobaさんです。かわいらしい、おっとりした方!
中学生の息子さんをもつママさんです。
向かって右が、やはりブログを通じて知り合ったnakoちゃん。
幼児絵画造形教室の先生です。今は2歳児のクラスを
担当されているとか。知的できれいな方ですが、お話してみると、
頭の回転のとても速い方でした。その上、絵もお上手!ほら!
Nako
nakoちゃんのブログ
こちらは、アメリカのスーザンとういう画家の絵の模写ですが、
とても丁寧に写されています。まじめなお人柄がうかがえるようです。
こちらも小学生の男の子のママさんです。

そして、こちらが、いつもコメントをくださる「せりなずな」さんです。
Photo_4
せりなずなさんのブログ

彼女が、ブログで書いている「おはなし」は、とてもおもしろい。
「なっちゃんの夏休み」「ぽん太は森のゆうびんやさん」など、おすすめです。
登場するこどもたちを、それぞれ、生き生きとした筆はこびで遊ばせています。
自然の描写もとても上手!読めば、おどろきますよ。
こちらもふたりの男の子のママさんですが、なんだかもったいないので、
今年は、彼女のお話にわたしが絵をつけて、
掲載してみようかな♪と考えています。お楽しみに!

迷路のようなネット社会は、こわい部分もたくさんあるけれど、
こんな素敵な出会いもあるのですね。
嬉しいのは、想像していたより、直に会ってお話したほうが、ずっと
すばらしい方々だったということです。
ブログに感謝!「ぷりん茶屋」をはじめてよかったわ!
こんどは、桜の咲くころにでも、ちょっぴり贅沢ランチでもしながら
彼女たちとおしゃべりしてみたいなぁ。
Photo_5

むかしばなし展は1月19日まで。とことこさんも出品していますよ。

|

« 雪の唄 | トップページ | むかしばなし「だんまりくらべ」前編 »

4日々徒然」カテゴリの記事

コメント

ぷりんさん、ご紹介いただきありがとうございますconfident
恥ずかしいのはやまやまですが、次男が大喜びです!
さっそくお礼を申し上げないと…

慣れない東京の街wobbly
ぷりんさんのお導きがなければ、決してたどり着けなかったと思います。
田舎者にとっては迷路のような…
一度迷い込んだら永遠に出られない…ちょっと大袈裟でしたbleah
本当に楽しいひとときでした。
ありがとうございました。

投稿: せり | 2010年1月14日 (木) 20時08分

こんにちはhappy01
新参者の私までsign01ありがとうございますhappy02

ふらここは以前から知っていて『かえる展』のオープニングパーティーにも行きましたよんhappy01
でも出展は今回が初めてだったのでドキドキ感が違いました。
他の方達の絵がみんなステキなのでsweat01

ぷりんさんのブログで勉強させていただいて
私も『ステキなほう』に入れるように日々励んでおりますwink

投稿: とことこ | 2010年1月15日 (金) 10時47分

ぷりん様
先日はほんとうにありがとうございました。
ぷりんさんとはほんとう初めてお逢いした気がしませんでした。お優しくゆったりとされたお話のされ方と笑顔に、私自身がふんわり包まれ、温かく楽しいひと時を過ごさせていただきました。
 この場をお借りしまして、こんな素敵なご縁をつないでくださいました素敵なあおばさんに感謝です。(*^_^*)
ぷりんさん、これからもいろいろ教えてくださいませ。
もっともっと素敵なオリジナルの絵が描けるよう日々楽しみながら勉強いたします。(*^_^*)♪

投稿: nakochan | 2010年1月15日 (金) 12時15分

こんにちは。
わ、わ、わ、わたくしめの絵が最初にcoldsweats01
絵を描いていた時、肩がこるほど緊張しましたがcrying
先生のブログを拝見して、またまた肩がこってきました。
先程メールを返信させて頂きましたが、そこの書いてありますように数字が頭の中を飛び回っております。
脳みそが「ウニ」になっておりまして、コメントに苦戦しております。

先生のお友達の一人に加えて頂けた事が、私にとって大きなプレゼントですcake
ありがとうございます。
わがままで甘えん坊な母ですが、これからもどうぞよろしくお願い致しますsun

投稿: aoba | 2010年1月15日 (金) 13時56分

せりなずなです。
自分のコメント読み直していたら…
名前が半分切れているsweat01事に気が付きました。
こんなそそっかしい私ですが、
どうか呆れることなく、末永くおつき合いください。

意欲だけは、まだまだその辺の若い者には負けません!
…こう言うところが、『おばはん』ですねcoldsweats01

投稿: せりなずな | 2010年1月15日 (金) 15時13分

コメントを寄せる皆さんの顔が、見れてうれしいですね。
何より、ブログで知り合うなんて素晴らしいです。
このページに何度も戻りそうな予感。

こうしてどんどんお仲間が広がっていくと良いですね。

投稿: アルキメデス | 2010年1月15日 (金) 16時49分

cloverせりなずな様
たまたまの上京でしたのに、実に
グットタイミングでしたね。やっぱり、ご縁が
あるのだわ。ご案内できて、嬉しかったです。
今年は「ぽん太の絵本」を実現させましょうね。fuji
児童文学の感性というのは、大人ものの感性とは
別の特殊なものだとおもっています。
せりなずなさんには「子どもと同じ目線」。。
それがあるとおもいます。
これからも、どしどし、書いてくださいね。punch


投稿: ぷりん | 2010年1月15日 (金) 18時26分

footとことこ様
お顔は覚えましたよ。virgo
私の若いころとはちがって今は不景気で、
なかなか新人の方にチャンスがめぐって
きませんね。ご苦労も多いとおもいます。wobbly
でも、せっかく好きなお仕事の入り口に立ったのです。
がんばりましょう。snow
ブログを開設されたら、遊びにゆきますよheart01

投稿: ぷりん | 2010年1月15日 (金) 18時36分

virgonakochanさま
わたしも、お会いできて嬉しかったです。heart01
実は。。。幼児絵画教室の先生にあこがれて、
試験を受けて落ちたことがあります
でも、nakoちゃんにお会いして、なるほど、
仕方ないなぁ。とおもいました。
実にしっかりしてらっしゃる。pass
よそのお子様をあずかるには、こうした感覚が必要なのね。
とお会いして、思った次第。。。
こんど、ゆっくりおしゃべりしましょうね。happy01
すてきなオリジナル、nakoちゃんなら
いくらでもかけますよ!

投稿: ぷりん | 2010年1月15日 (金) 18時54分

aobaさま
今回はおつかれさまでした!
学生さんだけでなく
プロの方の交じっていた展覧会でしたが、
負けていませんでしたよ!
何よりなのは、お人柄がそのままにじみでる
ユーモアsunや、優しさheartです。
ご自身のすばらしい持ち味を大事に、これからも
たくさん描いてくださいね。
こんどお会いしたときは、もっとたくさん
おしゃべりしましょう!
お会いできて、嬉しかったです!happy02

投稿: ぷりん | 2010年1月15日 (金) 19時11分

eyeアルキメデスさま
あたたかいお言葉、ありがとうございます。
こんな時代がくるとはねぇ。。。
思ってもいませんでしたが。
いいこともあるのですねconfident
やくざな商売をしていると(笑)
心洗われるような、shine出会いでした。
大事にしたいです。tulip

投稿: ぷりん | 2010年1月15日 (金) 19時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1204961/32983324

この記事へのトラックバック一覧です: 「ブログふれんど」と集う:

« 雪の唄 | トップページ | むかしばなし「だんまりくらべ」前編 »