« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月30日 (土)

子どものための英語「あそびことば」後編

学研「英語ずかん」あそびことば、この本の初版はなんと、1993年!
表紙をリニューアルしながら、17年も増刷を重ねてきた
傑作本(笑)です。
Eigo_hyousi
左1993年初版本  右2000年リニューアル本

こんなに長く販売できるのも 丁寧に贅沢につくった本だからでしょうね。
アイディアも構成も凝って練りましたし、印刷は特色入り。
バブルの崩壊ははじまっていましたが、出版社は まだまだ元気な時代
でした。
Eigo_kakurenbo
おにごっこ、かくれんぼ。。などなど、80ページにわたって、
遊びがいっぱいです。

そして、この本はいわゆる「缶詰」(締め切りに間に合うように
軟禁状態にされること)となって描いたお仕事なのです。
その場所が、神田駿河台の「山の上ホテル」!
かつて、川端康成、三島由紀夫、池波正太郎。。。が、
やはり「缶詰」となった、クラシカルホテルです。
そこに若輩も弱輩の私が、3回にわけて、のべ 
ひと月ぐらい宿泊してしました。
Photo
山の上ホテルは「古き良き時代」という言葉がよく似合う

そんなホテルをとってくれたことに、わたしは感激!
ホテルに恥じない?お仕事をしようと、毎日14時間~16時間
描いていました。
仕事だけしてればよいのですから、あれほど集中できたのでしょうね。
毎朝、レストランで、コーヒーとクロワッサンとオムレツを頂き、
仕事。。。夜食は、ルームサービスで頂き、仕事。。。
でも、天丼が3500円もしました。。。。。
サインひとつで済んでいるけど、いったいいくら、お金がかかっているのか?
叱られないか?どきどきでしたが、学研さんは、太っ腹でした。
お金のない若いころ、「えらい人」が与えてくれた「贅沢」はいつまでも
心に残りますね。「贅沢な時間」のあり方を教えてくれました。
今でも、感謝しています。

滞在中、こっそり、「陣中見舞い」にやってきた、恋人が、今の夫。。。
そのときばかりは、仕事をさぼって、
(池波正太郎にあやかって)天ぷらを食べたり、
(開高健にあやかって)バーで、マティーニを呑んだりしました。
こちらは、自腹です(笑)
そんな思い出ができたので、このホテルで披露宴をあげました。
ああ、あれから、月日は流れ。。17年も流れ。。。
みんな変わってしまった(笑)
変わらないのは、この本の子どもたちばかりでしょうか。
Eigolucy_2
永遠のアイドルになるか?ヒロインのルーシーちゃんと狛犬くん。

それにしても、近頃、日本人は「気持ちが貧乏」に
なってしまったのではないかしら?
なんでも安いもの、手軽なものを求めていたら、
「贅沢な時間」はすごせない。
「贅沢」を求めない生活には「夢」や「希望」がないと思うのですが。。。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2010年1月27日 (水)

子どものための英語「あそびことば」前編

子どものころから、英語を!と思うお母様の多いこのごろです。
小学校からの英語教育のはじまります。どうしたものか?
そもそも、そういった教育が正しいのか?
私にも、よくわかりません。
でも。。。。私が絵を担当したこういった本もあります。
Eigo1
学研「英語ずかん」

こちらは ABCになじむ本では ありません。
まして、文法の本ではありません。
では、どこが、子ども英語なの?と、お思いになるかも。。。
では、ちょっと、中を覗いてみましょうね。
バレンタインも間近ですから、そのページを開いてみましょう。
Eigp3_4
その月々の伝統行事や、由来、風習など。あげていますが
楽しいのは「遊び」のページです。
Eigp4
「好き?きらい?」といった定番の花占いから、定番の歌や 踊りまで
網羅!英語を覚えるというより、英語圏で遊び仲間に入れてもらったときの
常套句をいれてあります。
そう!このご本のコンセプトは「あそびことば}です。
英米における鬼ごっこのにおける「鬼の決め方」は
「ずいずいずっころばし」のようです。
他、「かごめかごめ」「だるまさんがころんだ」など、日本と
よく似たお話はいっぱいあったりします。

でも「じゃんけんぽん}って「英語」でなんていうの?
「負けてくやしい」ってなんていうの?
そんな、疑問に答えてくれそうなご本です。

楽しいご本かと思いますがそれ以上に、この本は、わたしには実に
思い出深い本なのです。私情いっぱい!
次回はそのあたりを、ちらりとお話したいと思っております。
(つづく)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年1月22日 (金)

むかしばなし「だんまりくらべ」後編

そのときです。
「こらぁ!食ったらいかん!」
おばあさんが 大声をあげました。
どろぼうは、びっくり!
眠っていると思っていたおばあさんが、
目をつりあげ、こぶしをふりあげています。
その剣幕のすさまじいこと!
どろぼうは、おそろしくなって、思わず
ぬすんだものを ほうりだして
すたこらさっさと 逃げ出しました。
5_7
おじいさんが むっくり起き上がりました。
「うふふふ」
おじいさんは、にこにこ顔です。
「ばあさんや。今 しゃべったな。
だんまりくらべは、わしの勝ち♪。おもちは わしのものじゃ」
そうして おもちを ぱくり。
あっというまに、もぐもぐと それは おいしそうに 食べましたとさ。
めでたし。めでたし。
6_2

えっ、おばあさんは、どうしたかって?
だんまりくらべは 終わったのに しばらくは ふくれっつら。
おじいさんとは 口をきかなかったそうですよ。
でも、生きていれば、今もいっしょに暮らしているでしょう。

さて、食いしん坊のふたりのお話はこれで。。。。。おしまい。
とっぴんぱられのぷん。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2010年1月20日 (水)

むかしばなし「だんまりくらべ」中編

夜になりました。
おじいさんも おばあさんも とうとう だまったまま。。
「だんまりくらべ」の勝負はつきません。
ふたりは だまったまま ふとんに はいりました。
されど、のこったおもちが気になります。
ふたりとも、なかなかねむれません。
3
そのとき、外から 冷たい風がはいってきました。
なんと、足をしのばせて どろぼうが はいってきたのです。
ふたりとも、どきりとしましたが、なんといっても 今は
「だんまりくらべ」の真っ最中!声を あげるわけには いきません。

どろぼうは、かまどへ そろり。。。お釜をぬすみました。
続いて、たんすの引き出しを すうーっと引いて、着物も ぬすみました。
床板もちょいとはがし、かくしていたかめに手をつっこみ、ちゃらりちゃらり。。。
お金もぬすみました。

それでも、おじいさんとおばあさんは、、だまったまま。。。

どろぼうは「たいしたものは ないなあ」と小さくぼやいて
あたりを見回しました。
すると、あれま、おもちがひとつ。。目にとまりました。
「やぁ、うまそうだ」
どろぼうは、手をのばしました。
4 つづく

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年1月17日 (日)

むかしばなし「だんまりくらべ」前編

みなさま、お正月のおもちは、もうのこっていませんか?
まだ、ちょこっと、のこっていたりしますかしら?
こちらは そんな「のこったおもち」の小さな笑い話です

むかし、あるところに たいそうおもちの好きな
おじいさんとおばああさんがおりました。

ある日のことです。
おとなりの家から、おもちを いただきました。
おもちは 七つありました。
おじいさんと、おばあさんは 大喜びです。
さっそく いただくことにしました。
1
おじいさんが ひとつ食べますと、おばあさんも ひとつ食べました。
おじいさんが もうひとつ食べますと、おばあさんも もうひとつ食べました。
おじいさんが またひとつ食べますと、おばあさんも、またひとつ食べました。
のこったおもちは ひとつ。。。。
ふたりは、じっと にらみあいました。

おじいさんが、静かに言いました。
「わしが 食べる」
おばあさんは ゆっくり首をふりました。
「いや、わしが 食べる」
ふたりは、じっと にらみあいました。

やがて、おじいさんが言いました。
「では、だんまりくらべをして、勝ったほうが
もちを食べるとしよう」
おばあさんは、うなずきました。
「よし、先にしゃべったほうが 負けじゃな」

するとふたりは、ぷいと後ろを向いて 背中あわせになりました。
それっきり、口をききません。

やがて、日が落ちてきました。
ふたりは、だまったままです。
遠くで、からすの鳴き声が きこえました。
2 (つづく)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年1月14日 (木)

「ブログふれんど」と集う

池袋のある「ギャラリーふらここ」は、わたしにとってなじみある画廊です。
母体は映像プロダクションなので、お仕事のつきあいもありますが、
画廊企画の「かえる展」に出品したこともあります。
その「ふらここ」で一般公募の「むかしばなし展」が開催されました。
参加された多くは、絵本作家をめざす若い画家さんたちですが、
「ぷりん茶屋」にいつも遊びに来てくださるaobaさんも出品!
こちらがその絵です。
Photo aobaさんの絵
やわらかな、あたたかみある絵ですが、いつもよりちょっと、元気がないみたい。
デビューですから、緊張されたのかしら(笑)
ブログで掲載されている絵は、とてもカラフルでファンタジーな絵なのですよ。
Photo_2
aoba さんのブログ
おうちで飼育していた(今は亡き)かたつむりの「まいまいちゃん」を主人公に
繰り広げられる「まいまいワールド」絵本です。
aobaさんは、わたしのちょこっとしたアドバイスをまるでスポンジのように吸収!
みるみるお上手になりました。もともと、とても絵心があるのですね。
アイディアといい、構図といい、意表をつくものも多く、わたしも勉強させて
もらいながら、楽しくブログを読んできましたが、今回の展覧会の
オープニングパーティで、はじめて、お目にかかりました。
Apba
中央がaobaさんです。かわいらしい、おっとりした方!
中学生の息子さんをもつママさんです。
向かって右が、やはりブログを通じて知り合ったnakoちゃん。
幼児絵画造形教室の先生です。今は2歳児のクラスを
担当されているとか。知的できれいな方ですが、お話してみると、
頭の回転のとても速い方でした。その上、絵もお上手!ほら!
Nako
nakoちゃんのブログ
こちらは、アメリカのスーザンとういう画家の絵の模写ですが、
とても丁寧に写されています。まじめなお人柄がうかがえるようです。
こちらも小学生の男の子のママさんです。

そして、こちらが、いつもコメントをくださる「せりなずな」さんです。
Photo_4
せりなずなさんのブログ

彼女が、ブログで書いている「おはなし」は、とてもおもしろい。
「なっちゃんの夏休み」「ぽん太は森のゆうびんやさん」など、おすすめです。
登場するこどもたちを、それぞれ、生き生きとした筆はこびで遊ばせています。
自然の描写もとても上手!読めば、おどろきますよ。
こちらもふたりの男の子のママさんですが、なんだかもったいないので、
今年は、彼女のお話にわたしが絵をつけて、
掲載してみようかな♪と考えています。お楽しみに!

迷路のようなネット社会は、こわい部分もたくさんあるけれど、
こんな素敵な出会いもあるのですね。
嬉しいのは、想像していたより、直に会ってお話したほうが、ずっと
すばらしい方々だったということです。
ブログに感謝!「ぷりん茶屋」をはじめてよかったわ!
こんどは、桜の咲くころにでも、ちょっぴり贅沢ランチでもしながら
彼女たちとおしゃべりしてみたいなぁ。
Photo_5

むかしばなし展は1月19日まで。とことこさんも出品していますよ。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2010年1月11日 (月)

雪の唄

Photo

雪が 歌ってる
こどもに あわせて 歌ってる

あははの声に さくさく 笑い
くすくすの声に きしきし はにかみ
めそめその声に ずぶずぶ 泣いて
こどもと いっしょに 歌ってる

ころころ ころがされて だるまさん
黒いおめめを くりくり まわし
赤いお鼻を 高々 させて
こどもと いっしょに 遊んでる

しんしん ひと晩 待ちつづけ
ようやく  こどもの声 聞けて
雪は えくぼだらけに なりながら
こどもに よりそい 笑ってる

2
子どものころ 東京でも 朝起きると、あたり一面真っ白。。。なんて
ことがありました。いつもは、騒々しい東京の朝ですが、
その日ばかりは、しんとして うそのように 静かでした。
それもそのはず、雪に弱い東京。車は走れない、電車は止まる。
大人たちは、さぞ、困惑していたのでしょうね。
でも、わたしも弟も大喜び!朝ごはんをかけこむと
さっそく外へ、飛び出します。近所のこどもたちも 同じ。
雪遊びいろいろ。。雪だるまなんて、めったにつくれませんから
楽しいかった!
東京にふる雪は、子どものためだけに あるのかな(笑)
雪は雪で、こんなに 喜んでくれるなら
「たまにはこちらで積もってあげてもいいかも」なんて思ってくれて
いっしょに歌ってくれているようでした。
北国のこどもたちにとっては、雪は、どんなものなのかしら?

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年1月 6日 (水)

寅年占い

Tora0

あけましておめでとうございます。
今年は寅年ですね。
そこで、寅年ならでは?の福袋ならぬ「虎んく」を
ご用意してみました。
Tora1
わざわざ「虎穴」に入らないご用心深いあなたは、賢明です。
そんなあなたに「張子の虎」をプレゼント!
うなずいて、みんな と仲良く!して、何が悪いのでしょう。
おだやかな一年をすごしてくださいませ。
さて、「虎穴」にわざわざはいったあなたは・・・
Tora2

虎穴にはいれば「虎の尾を踏む」ようなきわめて危険な目にあう
のは当然かもしれません。それこそ「虎を野に放つ」ような
ものでしょう。そんなとき、どうしたらいいものか?
生きる知恵で乗り切りましょう。
●狐になった方へ。
「虎の威を借りて」何が悪いのでしょう。
ほとんどの人間は、権力をもたない かよわい生き物です。
おおいに借りて。お肉へとお進みください。
●虎の子になった方へ。
「虎は千里行って千里帰る」と申します。情の深い虎は
たとえ千里を行っても巣にいる子のためにもどってまいります。
ふところにとびこむつもりで、いっそ、子になれば、
親虎がきっとこの世の災難から、あなたを守ってくれましょう。

さて、お肉に進んだあなた。。。
Tora3
「虎は飢えても死したる肉を食わず」と申します。
されど。。。
●肉を食べた方へ
食べたってかまいません。みんなが「虎 」になれるわけでは
ないのです。虎を描こうとして犬になってしまって、どこが
悪いのでしょう?
「虎を描いて狗に類す」なんて、あたりまえ!
才能とは、みんなにあるわけではないのです。
むしろ、おちゃめなあなたは、みんなに愛されることとなるでしょう。
●肉を食べなかった方へ
「虎穴にいらずんば虎子を得ず」
とうとう「虎の子」を得ましたね。りっぱです。
あなたはその持ち前の強さを、ぜひにも、
世のため人のために役立ててくださいませ。

さて、ことわざもいろいろですが、人もさまざま、解釈もさまざまで
かまわないように思います。
ただ、社会のなかで、自分の持ち味が生かせる「役割」を
見つけることが、自分の幸せにつながっていくように思います。

「虎は死して皮を留め、人は死して名を残す」なんて生き方は
理想ですけど、今年もきっと、わたしは、恥をかさねてゆくことでしょう。

みなさまもご多幸をおいのりして。
今年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (20) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »