« 島根の伝説「濡れ女と赤ん坊」その1 | トップページ | 島根の伝説「濡れ女と赤ん坊」その3 »

2009年11月30日 (月)

島根の伝説「濡れ女と赤ん坊」その2

とたん、赤ん坊は目を開け、かっと口を開きました。
歯もはえていない口で 魚の頭にかぶりつくと、
ぐしゃぐしゃと、ものすごい勢いで のみこんでゆきます。
食べ終わると、血で赤くなった口のまわりをなめて
声をたてて笑いました。
21
さすがのさむらいも気味が悪くなり、思わず後ずさりすると、
女はすいっと、一歩前に出て、赤ん坊をほうりなげました。
赤ん坊はさむらいの腕にすとんと落ちました。
「しばし、この子をあずかって くださいまし」
言うなり、けもののようなすばやさで、ざぶん。
海に飛び込み、姿を消しました。

「もののけに、たばかられたか。
こんな 恐ろしい赤ん坊なぞ抱いていられようか」」
さむらいは 赤ん坊を 捨てようと 腕をあげると、
なんと、赤ん坊は岩になりました。
下に おろそうとしましたが、どうしたことか、腕から
はなれません。ぴたりと はりついています。
仕方がないので、さむらいは、岩を 抱いたまま 走りだしました。
岩場から、砂浜におります。松林がみえます。家まで、あと少し。
家は、そのむこうです。

ざざざざっと波が荒れたのを、横目で見たとき、水しぶきがあがり
何かがとびだしました。
ふりかえると、、牛の顔が見えました。
からだは赤黒く、、はがねのような毛がぎらぎら光っています。
「あれが、話に聞く 牛鬼か?!」
さむらいは、岩の重さにへたりこみそうになりながら
必死で 走ります。
牛鬼は、角をふりかざし、飛ぶように 追いかけてきます。
22 (つづく)

|

« 島根の伝説「濡れ女と赤ん坊」その1 | トップページ | 島根の伝説「濡れ女と赤ん坊」その3 »

5百物語」カテゴリの記事

コメント

呼吸をすることを忘れるほどの、ぞくぞく感sweat02
牛鬼!良いですね!かぶりついて見てしまいました。
人を食うといわれている奴ですよね。
すさまじい話の展開に、次回がとっても楽しみですlovely

投稿: せりなずな | 2009年11月30日 (月) 11時21分

まさに、一難さらずにまた一難。
このスピード感と展開は、紙芝居のノリです。
もしかしたら・・・・・かもしれないけど、
言わないことにします。。
あの侍には、なりたくないですね ~  (◎-◎;) 

投稿: アルキメデス | 2009年11月30日 (月) 17時37分

こんばんは。
う~、赤ちゃんが生の魚をパクリと食べて、口から血がだらだらと流れているところを想像致しましたら、やはり今晩も一人でおトイレに行けませんcrying
死んでもこのお侍さんにはなりたくないですねshock
あ、小さい頃愚息は「お侍」と云えずに、「おさむろ~」と云っていた事を思い出しましたcoldsweats01

次回は牛鬼がもっと恐ろしいお話を巻き起こすのでしょうかjapanesetea

投稿: aoba | 2009年11月30日 (月) 19時37分

ひえ~、梅図先生の、蛇女とか、猫目の少女の怖さです。

投稿: asako | 2009年11月30日 (月) 22時15分

この話おもしろいね!!
ぷりんさん絵、うま~~~いheart
実は この手のやつ 得意なの??
もっと観たい油で観たいcatface

草食系男子とは建前で、実は男の性として肉食だったりするので、
そういう男の子の豹変(する時の)ぶりは、
ミドルエイジの私もドキッとするものあります(照)
おばさんやおばあさんに優しい一見 草食男子っぽい子は、ただ純粋な優しい人って一面あると思いますよ!(うちのアホ旦那とかねえ・・)

ともあれ、続き楽しみです!!
あと、クラッセにコメントも応援してくれてありがとう、例の仕事のゴタゴタ、ゴールが見えてきました!!!

投稿: えつりん。 | 2009年12月 1日 (火) 00時49分

cloverせりなずな様
ここのところ、慣れないことを根つめてやって
いたので、お返事おそくなりました。ごめんなさいね。

なぜ、この子持ち女が「牛鬼」に変化するのか、
ふしぎ??shadow今調べてます。eye
いったい、どんな「恨み」bombがあったのかしら?
それが、わかると、もっとおもしろく
描けそうな題材です。happy02

投稿: ぷりん | 2009年12月 1日 (火) 12時47分

eyeアルキメデスさま
楽しんで?くださってありがとう。
侍の行く末は。。。ふた方向の説が
あるみたい。。toiletどうしようかな?
助けてあげましょうかねぇ。happy01

投稿: ぷりん | 2009年12月 1日 (火) 12時50分

snailaoba様
「おさむろ~」ですか!かわいいですね!
このお話は母と子で、がつがつ食べる説も
あります。今回は、赤ん坊だけにしてみました!
そのほうが、いくらか「お上品」
かと思って。。coldsweats01

投稿: ぷりん | 2009年12月 1日 (火) 12時55分

cakeasakoさま
「おろち」typhoon「漂流教室」wave
「蛇おんな」virgo
うめず先生のまんがは当時、すごかった。。
たいしたことでもないのに、すごいふきだしで
「えぇぇぇ(濁音)!」
今なら、笑えるかも。。happy02でも当時はふるえて
いましたね。shock

投稿: ぷりん | 2009年12月 1日 (火) 13時01分

wineえつりん様
ほほほ。。upwardright実はこの手の絵は、得意!
でも、お仕事にはなかなかなりませんねぇ。
このお侍さんは、いかにも肉食系で、健康的!
草食系は、妖怪むき?kissmark
お仕事のごたごた片付きそうで、
何より。happy01
これから、遊びにゆくね。run

投稿: ぷりん | 2009年12月 1日 (火) 13時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1204961/32424803

この記事へのトラックバック一覧です: 島根の伝説「濡れ女と赤ん坊」その2:

« 島根の伝説「濡れ女と赤ん坊」その1 | トップページ | 島根の伝説「濡れ女と赤ん坊」その3 »