« 霜月(しもつき) | トップページ | 島根の伝説「濡れ女と赤ん坊」その2 »

2009年11月26日 (木)

島根の伝説「濡れ女と赤ん坊」その1

今回は、島根に伝わる少しこわ~いお話を少しアレンジして
お届けいたしますね。

むかし、石見の国のお話です。
ある晩のこと、ひとりのさむらいが 海岸を 歩いておりました。
月にはうすらと雲がかかって、なまあたたかい風が吹いています。
こんな日は 魚がよく釣れます。
釣りがたいそう好きなさむらいは、胸をはずませて
岩場に腰をおろしました。
思ったとおり。魚はいくらでも食いついてきます。
びくは、たちまち いっぱいになりました。
「いやはや。こんなことなら、もっと大きなびくを
もってくればよかったのぉ」
さむらいが、ほくほくと笑うと、背中から
「もし、おさむらいさま」と、かぼそい声がしました。
ふりむくと、赤ん坊を抱いた女が立っています。
どうしたことか、女はぐっしょりずぶぬれです。
赤ん坊は寝ているのか、泣き声ひとつたてず、目を閉じています。

「いかがなさった?」驚いたさむらいが たずねると、女は、
「はい、道に迷って 難儀しております。ひもじくもなったところ、
お姿をお見かけいたしたので、声をかけました。
どうか、その魚を分けてくださいまし」
女が頭を下げると、乱れた髪から、ぼたぼたとしずくが落ちました。
「それは、お困りであろう。ならば、さっそく、火をおこして進ぜよう」
さむらいが、腰をあげたそのときです。
女は いきなり手を、ぬうっと 伸ばしました。
そして、あっというまに、びくから、魚をつかみとりました。
「ありがとう存じます」女はにんまり笑うと、
まだぴくぴくとした魚を 赤ん坊の口元に押し付けました。
1 (つづく)

|

« 霜月(しもつき) | トップページ | 島根の伝説「濡れ女と赤ん坊」その2 »

5百物語」カテゴリの記事

コメント

背中がぞくぞくっとくる快感sign04良いですねheart04
続きが、とっても楽しみです。

お侍さんの、いかにも豪傑!の面構えが、何とも良いですlovely
草食系男子なんて、このお侍さんに“喝!”ですね。

投稿: せりなずな | 2009年11月26日 (木) 16時34分

おお、またまた始まった。楽しみ!

投稿: asako | 2009年11月26日 (木) 16時42分

画面をスクロールしながら読んでいますと、濡れた女性の顔がうっすらと頭をよぎり・・・
う~怖crying
眼を閉じたままの赤ん坊の顔も・・・・
きゃ~shock今日は一人でお手洗いに行けませんcrying
でも、ぷりん先生の絵が出てきた途端「ほっ」と致しましたcoldsweats01
なんと見事な色使いでしょうか。
私には思いもつかない色合いですsweat01

ぞくぞくしますが、お次を早く拝見したいですspa

投稿: aoba | 2009年11月26日 (木) 20時28分

↑で書き忘れてしまいました。
そそっかしくてすみませんbearing

鉛筆で下絵を描きますと、紙が黒ずんでしまったり、
薄めの色を塗った時に鉛筆の線が見えてしまいます。
そうならないように、消しゴムでゴシゴシしますと今度は紙が毛羽立って・・・・weep
紙の目の粗い物を使っているせいでしょうか。
「今更何を~」ですが・・・・typhoon

お時間のあります時にアドバイスをお願い致しますnoodlecakebirthday

投稿: aoba | 2009年11月26日 (木) 20時40分

本当に赤ちゃんと魚の取り合わせなんて,ゾクゾクしてきます。
墨絵のような線がぐっと時代に引き込んでいきますね。
魚をどうするんだ〜赤ちゃん。。

投稿: アルキメデス | 2009年11月26日 (木) 21時59分

cloverせりなずな様
やはり男子たるもの、強くなければ!punch
このおさむらい顔、気に入っているの。
ありがとう。
でも、草食系男子capricornusは、
おばさんにも親切な人が多いのでcoldsweats01
おつきあいはしやすいですね。japanesetea

投稿: ぷりん | 2009年11月27日 (金) 07時04分

cakeasakoさま
やっぱり、こわいお話は、絵になるので
おもしろい。bleah
調べると。この「濡れ女」にもいろいろな
パターンがあるの。
島根のお話を中心に、ちょこっと、それらを
加えて書きます。pen

投稿: ぷりん | 2009年11月27日 (金) 07時07分

snailaobaさま
色は「ぶきみな月夜moon3のイメージ」で、
墨線が生きるように2色使いにしました。

art「ライトボックス」(1万円弱)
を買うとよいでしょう。
下書きがきまったら、下から光をあててflair
紙にうつしこめばケシゴムを使わないですみます。
えんぴつの線が気になるようでしたら、
色えんぴつで、アタリをとれば、よいでしょう。

投稿: ぷりん | 2009年11月27日 (金) 07時24分

eyeアルキメデス様
昔の人は。想像力が豊かですよね。cherryblossom
解明されないことが、多いほうが、
感受性ははぐくまれるのかしら?
魚はfishもちろん。。。
食べます。。。restaurant

投稿: ぷりん | 2009年11月27日 (金) 07時29分

午前中はsunとの予報でしたが、此方は薄雲が広がっております。
先生の処は如何でしょうか。

ご丁寧なアドバイスを、どうも有り難うございました。happy01
とりあえず、色鉛筆でアタリをとってみますねnotes

投稿: aoba | 2009年11月27日 (金) 11時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1204961/32370035

この記事へのトラックバック一覧です: 島根の伝説「濡れ女と赤ん坊」その1:

« 霜月(しもつき) | トップページ | 島根の伝説「濡れ女と赤ん坊」その2 »