« 「りんごちゃん」のおちゃめなパパ | トップページ | 紬の里「結城」と昔ばなし »

2009年11月 5日 (木)

「名も 少年のような 次郎柿」

去る10月27日(火)に 麹町倶楽部主催の歌会に行ってまいりました。
こちらは「五行歌」という、短歌でもなく、俳句でもなく「五行」で歌をまとめる詩
の会です。

今回の栄えある一席の歌はこちら。

色 あさく
さわれば 硬く
まだ 走り
名も 少年のような
次郎柿

詠まれたのは、関口有美さん。先月に続いて一席です。
すごいわぁ。実は私もこちらに票をいれました。
読んだとたん、「ああ、これが一席かもねぇ」と予感いたしました。
お見事です。まだ、店頭に出始めたばかりの柿。
彼女は、それを手にとって、そこから。少年という「青い時代」を
連想されたのでしょうね。
わたしは 「初恋」ということばを この歌から 思い出しました。
思えば、中学生であったころ、私は、顔立ちの美しい男の子が好きでした。
にきびなぞ、少なくて、色の白い無口な男の子が好きでした。
でも、そのころの男の子って(今から思えば)まだ、青くさいだけ。
幼稚ながら気取っていただけなのでしょうが、私には「若きウエイテル」に
見えて、「文学的!」などと思い、妄想にかられていたのでした(笑)
Jirou

さて、こちらは、また問題にならなかった 私の歌です。

花 食らいしも
岩に なりしか
君が 心
われ 抱きしめて
雨を 乞う

実はこれは、夫婦喧嘩の歌です
歌ったわたしの気持ちを訳すと。。。。

「花」のような私(笑)を 嫁にしたのに
あなたの心は「岩」のように かたくななのね。
私は、そんなあなたの心を抱きしめて、なだめたいのです。
でも、思うようになりません。
どうぞ、天よ。雨をふらせて、このわだかまりを
清めてくださいな。

という意味です(笑)

ちょうど、見合う絵がなかったので、アレンジします。

花 食らしいも
鬼に なりしか
君が 心
抱きしめれば
夜が 笑う

Yugao
こちらは、源氏物語から、「夕顔」と「六条御息所」を題材に描いた絵です。
光源氏は「六条御息所」という、美しく賢く、大変高貴な恋人をもちながら、
「夕顔」というたいした身分のないものの、なよなよとひたすらかわいい女に
夢中になります。ふたりの逢瀬の夜、嫉妬にかられた六条御息所は
「生霊」となってやってきて、「夕顔」をとり殺してしまいます。

歌は「花」である源氏の立場で読んでみてくださいませ。

|

« 「りんごちゃん」のおちゃめなパパ | トップページ | 紬の里「結城」と昔ばなし »

6歌会便り」カテゴリの記事

コメント

ふふふ、けんかしちゃったの?

私は触って硬い柿が好き。熟してやわらかいのは苦手です。人間も・・・。
それにしても「若きウエルテルの悩み」って、久しぶりに耳に(目に)しました。
そんな時代もありましたね。
今も変わっていないんじゃない? だってきれいな男性がお好きでしょう?


投稿: 猫の手 | 2009年11月 6日 (金) 01時36分

cat猫の手さま
ふふふ。。けんかしたのは、昔のことよ。
今はもう、悟りにも似た「清らかな」気持ちで
日々を粛々とすごしているのさjapanesetea

「若きウェイテル」なんて、今読んでいる
若者はいるかしらねぇ。coldsweats01
わたしは、夢中で読んだものだけど。typhoon

今では理想の男性タイプは(笑)
「丈夫でhorse穏やかでtaurus
甲斐性dollarのある人」です。

投稿: ぷりん | 2009年11月 6日 (金) 06時59分

丈夫で、穏やかで、甲斐性のある人…う~ん、難しい。
でも、納得・納得で笑っちゃいましたhappy01

柿は、熟しても美味しいし
若くても、美味しい。
人も、そうありたいですね。

歌会、良いですね~
そういう集まりを探して、私も行ってみようかしら。
ついていけないかもしれないけど…coldsweats01

投稿: せりなずな | 2009年11月 6日 (金) 13時46分

cloverせりなずな様
ほんとねぇ。
熟しても熟してもなお、落ちないで
おいしい柿になりたいですね。
そしたら、理想の人に会えるかなlovely
。。なんて、なんと欲深なことでしょう。(苦笑)

歌会では、落ちこぼれ。。crying
でも、歌の道を歩いている人たちを見てると
とっても、勉強になります。flair
日常を見る目が、ほんと、細やかなのね。
雑に暮らしてはいけないのね。
と反省します。sweat01

投稿: ぷりん | 2009年11月 6日 (金) 14時34分

柿の写真をたくさん撮ってあるのだけど
あちこちのブログに出ているので出すのを控えています。
歌が絵になるとまた味わいが変わってくるね。

次郎柿のせいか、切り絵画家の滝平二郎の描く少年を思い出します。

夜に操られるような光源氏。
官能的な歌と絵の世界。新しいジャンルを切り開きそうだね〜

投稿: アルキメデス | 2009年11月 6日 (金) 17時20分

eyeアルキメデスさま
そうです。note
次郎柿というと、やはり、滝平次郎の
切り絵を思い出してしまって、
こういった絵になりました。flair
けっこう、写真をイラストと、
溶け込ませようと、いじりました。
こういった手法もありそうです。art

官能の世界。情念の世界。typhoon
ようやく、照れがとれてきて、
身を削って、描けそうな気がしています。bell
つまり、客観的になってきたのね(笑)

投稿: ぷりん | 2009年11月 6日 (金) 18時48分

sunひとの視線がとても気になったぷりん様
んじゃ、馬場に行く時は和服やめようよ(笑)
和服を着なくても人の視線に迷惑している えつりんでしたshock

投稿: えつりん。 | 2009年11月 6日 (金) 19時43分

wineえつりん様
この15年、洋服を買っていないので
今さら、どうしていいのかわからないcoldsweats01

どうしたの?sweat01
何かあったの?
えつりんは、目立っちゃうからねぇ。shine

投稿: ぷりん | 2009年11月 7日 (土) 07時11分

おはようございますhappy01
 >「丈夫で穏やかで
甲斐性のある人」です。<
ほ~んと、ハンサムな!男の人より、今はそちらの方へ目がいきますねlovely

歌会は楽しそうですね。
私にはライブハウス同様未知の世界ですが、
いろいろな方と触れ合う経験ができていいですよねnotes

投稿: aoba | 2009年11月 7日 (土) 09時42分

moneybagこの15年洋服を買っていないぷりん様
イメチェンってことで、高橋真梨子風にしてみるとか・・似合いそうconfident
えつりんわ、何があったかなんて・・書けないわ(≧ヘ≦)
上司系の話ですよ、上司系(笑)

投稿: えつりん。 | 2009年11月 7日 (土) 17時50分

snailaoba様
そうそう、ハンサムなんて、今さら
あんまり価値がありません。punch
でも、あちらは、どう思っているのやら?
「女房とたたみは新しいほどいい」と
申しますからねcoldsweats01

なんだか、「はじめて」が多いこのごろ
です。eye

投稿: ぷりん | 2009年11月 7日 (土) 17時56分

wineえつりん様
なんだか、大変そうね。
きっとえつりんらしく生きるのには
いろいろ障害があるのね。
でも、その上司の方もいろいろお立場が
あるやもしれないわ。
えつりんに言いたくて、言っているのではない
ことも、いっぱいあると思うわ。

deliciousわたしは、もう今さらイメチェンもしたくないわ。
今でいいの。ここから、ぼちぼち、やるわ。coldsweats01

投稿: ぷりん | 2009年11月 7日 (土) 19時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1204961/32083111

この記事へのトラックバック一覧です: 「名も 少年のような 次郎柿」:

« 「りんごちゃん」のおちゃめなパパ | トップページ | 紬の里「結城」と昔ばなし »