« 紬の里「結城」と昔ばなし | トップページ | 「ブレーメンの音楽隊」を読み解く その1 »

2009年11月 8日 (日)

紅葉の唄

きのうの夜見た夢。。。
金魚が、ぱしゃりとはねた。はねすぎて、
水槽から 飛び出してしまった。
わたしは、おおあわてで 水槽にもどそうとするのだけど、
金魚は どんどん大きくなって、水槽より大きくなって
はいらない。「あー、あー」と叫んで、目がさめた。

おかしな夢。。そんなことで、祖母の家にあった
池を 思い出した。
鯉みたいに 大きな金魚が泳いでいたっけ。。
今はもう、祖母はもちろん 家も池もないけれど、
金魚の赤い赤い色は、鮮やかに覚えている。

そのうち、詩が描きたくなったので
昔描いた絵に添えてみました。

てん てん 鞠つく スキップで
てん てん 下る 帰り道
くる くる 赤い葉 まわってる

おばあさまに ほめられて
わたしの スカート まわってる
赤い葉 いっしょに まわってる

つん つん つま先 ステップで
つん つん 下る 帰り道
くる くる 赤い葉 追いかける

おばあさまに ほめられて
いただきました 赤い飴
つまずき 落とした 口惜しい

はら はら 赤い目 泣きました
はら はら 赤い葉 なぐさめる
お地蔵様に あげましょね
赤い飴
よだれかけに よく似合う

Photo

|

« 紬の里「結城」と昔ばなし | トップページ | 「ブレーメンの音楽隊」を読み解く その1 »

童謡の色とかたち」カテゴリの記事

コメント

紅葉した木々が風に揺れ葉が舞っていく。
奥行きがあり、計算された構図にぷりんさんの視線の暖かさが感じます。
次の冬編が待ち遠しい。

投稿: アルキメデス | 2009年11月 8日 (日) 18時10分

eyeアルキメデスさま
これは、今でも気に入っている絵。
ほめてくださって、うれしいです。
ありがとうございます。happy01

こういった、お仕事がすっかりなくなって
しまったわ。しくしくcrying
企業に余裕がないですからね。
自主制作で続けてみるわ。punch

投稿: ぷりん | 2009年11月 9日 (月) 06時27分

秋色満載のいい絵ですねheart01
濃い目の絵の具と石垣の薄めの色がしっくりとshine
ん~、こうやって描くのですね。
今週は、まいまいを1枚、先生のこの絵を模写して勉強と決めましたcake

同記載の詩もテンポよく、情景が目に浮かぶようで素敵ですpresent

投稿: aoba | 2009年11月 9日 (月) 08時26分

snailaobaさま
模写!?するほどの絵かどうか(苦笑)
これは、アクリル絵の具を水を少なめにして
かたいブラシのような筆でこすらせながら、
重ね塗り。art
でも、パステルとたんぽでも
同じような、効果はでるかな?happy01

こういった、童謡みたいな詩をつくるのは
とても、好きなの。notes

投稿: ぷりん | 2009年11月 9日 (月) 11時08分

週末に、岐阜城へ行って来ました。
まだ、紅葉には早かったのですが、
菊人形展も開催され、人もにぎわっていました。

なおとは、落ち葉をたくさん拾い集めて、
ビニール袋、いっぱいに持ち帰りました。
何に使うのかは、疑問ですが…maple

絵の中の石垣、とっても情緒があっていいですねheart02
絵一枚から、物語が広がるようです。
この親娘は、どこへ行くのかな~?
遠い昔の母とのお出かけ、思い出しましたshine

投稿: せりなずな | 2009年11月 9日 (月) 15時34分

心がほっこり温かくなる素敵な詩と絵ですね。
子どもの頃、祖母と手をつないでお散歩やお買いものに出かけたときのことを思い出しました。
思い出の道を祖母を偲びながらゆっくり歩いてみたくなりました。

投稿: nakochan | 2009年11月 9日 (月) 17時41分

こちらもまた懐かしいね!

私がこの絵のように幼かった頃、母のお出かけスタイルはいつも着物。
そして私は帽子が好きなので、この子のようにベレーをかぶってたこともあったなー・・・。
遠い遠い昔のことです。
お気に入りだったフードつきのコートやなくしてしまった帽子のこと覚えているんですよね。

結城は行ったことがないです。
地元でも値段変わらないんでしょうね。
年齢的には結城が似合ってもいいと思うんだけど、
私には買うのも着こなすのも無理。
大島よりは好きです。

昔話って、お布団の中でいつもおばあちゃんがしてくれていました。
いくつかお得意があって、日替わりでした。
寒い夜もお話を聞きながらぬくぬくときっと気持ちまで温かかったのでしょうね。
なんかタイムスリップした感じです。

投稿: 猫の手 | 2009年11月 9日 (月) 18時10分

cloverせりなずな様。
落ち葉を一生懸命集めるなおとくんmaple
まだまだ、かわいくて、
子離れできませんね。happy02

幼いころ、おでかけって、ほんと、
わくわくしましたね。
この母は久しぶりに幼い娘をつれて、
里帰りした設定。house
母も娘も楽しい帰り道での、ちょっとした
ハプニングでした。notes

投稿: ぷりん | 2009年11月 9日 (月) 19時04分

virgonakochanさま
わたしは、祖母の家のそばの神社の秋祭りに
よく行きました。ハッピの弟がかわいかった。
泣き虫だった弟をどこか思い出しながら、
書いた詩です。confident
ほっこりしていただけて、うれしいです。
ありがとう。notes

投稿: ぷりん | 2009年11月 9日 (月) 19時14分

cat猫の手さま
あのころ、子どものよそいきって
きまってましたね。
わたしも、ベレー帽をかぶって、白いタイツに
革靴(笑)。
遠い遠い、昔のことです。confident
フードつきのコートもあった。
おでかけできるのって、めったいないから、
イベントでしたね。lovely

結城はねぇ。とても手がでないわ。dollar
一枚ほしいけど。地元でもお値段変わらないわ。

また、こんななつかしい絵をかける時代
が来てほしいですcrying

投稿: ぷりん | 2009年11月 9日 (月) 19時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1204961/32126323

この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉の唄:

« 紬の里「結城」と昔ばなし | トップページ | 「ブレーメンの音楽隊」を読み解く その1 »