« 「浮世絵でつむぐ江戸物語」その3 | トップページ | 月を愛する映像師 »

2009年10月11日 (日)

映像紙芝居「ふたつの赤い月」

以前、こちらの「カテゴリー」で描いた「ふたつの赤い月」。。
みなさん、ご記憶にあるでしょうか?
静岡の婆裟羅山にまつわる伝説です。
かよわい姉妹が、父の仇を討つため 一所懸命、弓の稽古。
そして、みごとおろちを退治。本懐を遂げるお話です。
このだび、これを映像におとしこんで見ました。
新たな絵も加えて、いっそうパワーアップ!です。
いわゆるアニメのように動くのではなく
ゆったりと、画面が展開していくカンジなので
「映像紙芝居」と命名しました。
Photo
新訳昔話 映像紙芝居「ふたつの赤い月」

アニメというのは、展開がはやく、思わず引き込まれていく、
楽しさがあります。でも、見る側が、完全に受身になってしまうもの
でもあります。
それに対して、「紙芝居」の楽しさというのは、川に浮かんでいる
桃の一枚の絵から、「どんぶらこ、どんぶらこ」と桃が流れていくさまを
知らず知らず、実は自分で想像していける楽しさだと思うのです。
わたしは、この「映像紙芝居」を子供たちに見せたいなぁと
思っています。
というのは、ここから、姉妹の表情や、おろちの暴れるさまなど、
自分の心のなかで発展させて、お話をふくらましていく力、想像力を
身に着けることは、子供にとって、とても大事なのでは?と
考えたりするからです。

さて、この実験的作品、読んでくださったのは、おなじみの
朗読家「飯島晶子」さん。
そして、映像をつくってくださったのは、「柴山知久」さん。
いったいどんな人なのか?
わたしも「月」が好きで、よく絵の題材にしますが、
彼も「月」をこよなく愛する人です。
彼については、次の記事でくわしく書きますね。お楽しみに!

「映像紙芝居」はこちらをクリック。
目次がでてきたら、少し下へスクロール。そして、
この絵をクリックです。
6

|

« 「浮世絵でつむぐ江戸物語」その3 | トップページ | 月を愛する映像師 »

5百物語」カテゴリの記事

コメント

早速拝見させていただきました。
ふたつの赤い月が、ぼっと浮かび上がる映像は、
思わず背筋がぶるっときましたcoldsweats02
晶子さんの朗読も、天下一品ですね。
子供と改めて見させていただきます。

投稿: せりなずな | 2009年10月11日 (日) 17時10分

大騒ぎも鎮静化してマイペースに病み上がりのえつりんですsweat01

赤い月、魅惑的ですね。
月って、蒼いものだと、思ってるから‥

投稿: えつりん。 | 2009年10月11日 (日) 20時55分

赤い月の色に惹かれて、つい
読んじゃったのですが。。

スタジオ録音ではないので
聞き苦しいところもあり・・・


もう一度ちゃとできる機会が
あったらいいのにな~~って
思っています。confident

投稿: 晶子 | 2009年10月12日 (月) 01時40分

cloverせりなずなさま
映像にしてみると、自分が考えてもみなかった
味わいが、加わってうれしいです。flair
赤い月が、生き物っぽくなりました。
姉と妹の声を聞いて、へえ~!こんな声だったのか。
と感心したりしました。happy02

投稿: ぷりん | 2009年10月12日 (月) 11時21分

wineえつりん様

風邪なおって、よかったねhappy01

そうなの、青いと思っていたものが
赤い。。。toilet
そんな意外性がこの原作の魅力でした。
それで、書いたのよ。lovely

投稿: ぷりん | 2009年10月12日 (月) 11時24分

tulip晶子さま
朗読してくださって、
ありがとうございます。confident
おかげで、すてきになりました。annoy
これが、お仕事になったらいいのにねぇ。sad
柴山さんにがんばって、
営業してもらいましょうね。punch

投稿: ぷりん | 2009年10月12日 (月) 11時28分

子供と、改めて見させていただきました。
なおとは、さすがに怖くて最後まで見ることはできませんでした。

スタジオ録音でないということですが、
いつもデジタルな音に慣れている長男は、
アナログ的な音に、逆に新鮮さを感じたのか、
何度も「何なの?この音は?」と恐怖心を倍増させていました。
音によっても、感じ方が違うhappy02意外でした。

投稿: せりなずな | 2009年10月12日 (月) 15時50分

cloverせりなずな様
そうか~!なおとくんは、こわかったのね。
こちらは、ずいぶんおっとりさせたつもり
でしたのに。happy02
でも、それは、なおとくんが、
人一倍、感性の豊かなお子さんだから。。flair
だと思います。将来が楽しみ!crown

投稿: ぷりん | 2009年10月12日 (月) 19時12分

赤い月、っていう、
戦時中の満州で壮絶に生きた女性の話が、
あったでしょ。

それを、思い出したの。
誰かが書いた、小説だったけど、
何年か前に、映画化されていました。

投稿: えつりん。 | 2009年10月12日 (月) 22時20分

う~ん、いいですね。完成度高い。
神様の手と、のた打ち回るおろちのところ、秀逸。このまま、売り物になりそうです。
それにしても、ブログでこんなことができちゃうなんて、凄いです!

投稿: asako | 2009年10月12日 (月) 22時51分

wineえつりん様
「赤い月」は、なかにし礼の小説。
映画化されてる。movie
でも、まだ見てないの。wobbly
とってもよさそうよshine

投稿: ぷりん | 2009年10月13日 (火) 08時52分

cakeasakoさま
見てくださって、ありがとう。
うれしいです!happy01

こういったものをシリーズにしてみたいけど、
なかなかむずかしい。weep
「人気まんがで、ジャニーズ声」
なら、企業は、お金を出して
くれるけど、こういったものはすぐ
収益があがらないので、みなさん腰が引けて
しまうようです。とほほ。。crying

投稿: ぷりん | 2009年10月13日 (火) 08時58分

うわ~shine絵がいきいきと動いていて驚きですflair
パソコンて凄い事まで出来てしまうのですねnotes

紙芝居を拝見してから、先生がブログにアップされていた絵を再度smile先生の絵の深さを、映像が後押ししてくれているようですねheart04

晶子さんの朗読も素敵でnote
NHK3チャンで放送して頂きたい~fujiと思ってしまいましたhappy01

投稿: aoba | 2009年10月13日 (火) 10時40分

snailaobaさま
おほめのお言葉ありがとう。
見てくださって、
ほんと、うれしいです。crying

NHKの3チャンネルぐらいで
放映できたらいいのにね。
目指して、がんばるわ。punch
でも、芸能人ではないので、
大変です。weep

投稿: ぷりん | 2009年10月13日 (火) 18時12分

heartぷりん様
そうそう、原作も読んだし映画も観たよ、
テレビドラマでは高島礼子が主役をやっていたけれど、
映画の常磐貴子は、とっても良かったよ!!

ぜひ、活動写真(おい)も、観てみてね。

タイミングだと思うけど、私はすごく元気づけられた。
「女の一生」モノでは、意外やモーパッサンに見合うものがあるっていう感じ。
金子みすずでもいいけど。
強くなれる感じ。

投稿: えつりん。 | 2009年10月14日 (水) 22時26分

あ、満州から引き揚げた女の話ね!!

投稿: えつりん。 | 2009年10月14日 (水) 22時27分

wineえつりん様
こんど、「赤い月」の活動写真(笑)も
見てみます。DVDがでているみたい。notes

金子みすずって大好きなの。
あの人も不幸に負けず(笑)詩を書き続けたね。
短命だったけど、たくましく生きたcrying
見習いたいと思うわ。fuji

投稿: ぷりん | 2009年10月15日 (木) 18時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1204961/31737217

この記事へのトラックバック一覧です: 映像紙芝居「ふたつの赤い月」:

« 「浮世絵でつむぐ江戸物語」その3 | トップページ | 月を愛する映像師 »