« 月を愛する映像師 | トップページ | 「浮世絵でつむぐ江戸物語」その5 »

2009年10月15日 (木)

「浮世絵でつむぐ江戸物語」その4

いよいよ明日 10月16日(金)18時30分より、文京シビックセンターにて
朗読会「浮世絵でつむぐ江戸物語」が開催です。

先日、舞台稽古を見てまいりました。
若手の語り部たちも、ぐんと上達していていました!
みなさん熱心にお稽古を積んできたのでしょうね。
大きな口、大きな声で、にこにこと語ります。

さて、この若い語り部たちが、朗読するの「江戸のはなし」は
加納一朗先生が学研から出されたものです。
Photo
加納先生は、「スーパージェッター」の主題歌の作詞、脚本を
手がけられた方で、こうした児童書も多いのですが
推理小説でも、有名な方です。「ホック氏の異郷の冒険」では
日本推理作家協会賞を受賞されています。
今は「あやかし同心」シリーズが店頭にならんでいます。
わたしは、何度かお会いしているのですが、いかにも温厚なご風貌。
寡黙でらっしゃるのに、時々会話のなかに ブラックジョークを
しのばせたりなさるの。。。油断できません(笑)
16日は会場にいらしてくださるので、若手語り部たちも
いっそうはりきっています。
2 652×910
そして、はじめて聞いた「鼓」と「ピアノ」の合奏。
堅田喜三代が「いよーぉ!」ぽん、ぽん、ぽん。。。とはじめると、
伊東光介のピアノがするすると寄り添っていく。と、次は
交互に演奏。会話しているようです。と、。。。しだいに
がぶり四つ?ふたりの音は激しくたたきだされ、ぶつかりあいます。
びっくり!世の中にこんなものがあったのね。
伊東氏に聞けば、すべてアドリブだそうです。
彼には、見たり聞いたりするものが、すらすらと音楽になって
浮かんでくるらしい。。
ですから、当日は、また別物とか。。どうなるのでしょう???

というわけで、おかげさまで
チケットは完売です!ありがとうございました。
皆様のお越しをスタッフ一同、心より
お待ち申し上げております。
では、明日、会場で!

|

« 月を愛する映像師 | トップページ | 「浮世絵でつむぐ江戸物語」その5 »

展覧会便り」カテゴリの記事

コメント

いよいよ明日になりましたね。
アドリブの演奏というのも、初めて聞かせていただきます
ドキドキを通り越して、
今朝から、食事も咽を通らない始末
何もかも、初めての経験
こんなおばさんになってから、まだドキドキ出来ることがあったんですね
長生きするもんだな~(笑)

投稿: せりなずな | 2009年10月15日 (木) 17時08分

せりなずなさま
わたしも、自分が舞台に立つのではないのに
どきどき。。興奮して
よくねむれませんでした
画廊ではないので、きれいに絵の展示が
できるのか?心配。。。

なおとくんも元気で
ほんと、よかったわ
どうぞ、無事いらしてくださいな。
お目にかかれるのを楽しみ!

投稿: ぷりん | 2009年10月16日 (金) 07時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「浮世絵でつむぐ江戸物語」その4:

« 月を愛する映像師 | トップページ | 「浮世絵でつむぐ江戸物語」その5 »