« 映像紙芝居「ふたつの赤い月」 | トップページ | 「浮世絵でつむぐ江戸物語」その4 »

2009年10月13日 (火)

月を愛する映像師

彼は、桜を愛する。月を愛する。
そしてそのふたつがもつ「せつなさ」に「同化」してしまうような人だ。
映像作家「柴山知久」と知り合ったのは
もう5年ぐらい前だけど、その笑顔が、少し泣いたように
見えるのは、今もかわらない。
Photo
彼とは、「民話」や「童謡」をはじめ、「中原中也」も作った。
東京大空襲を題材にした「平和絵本」も作った。
わたしの絵のほとんどを、彼が映像におとしこんでくれている。
ずっと、一緒にやってきたけれど、叱られたことがない。。。
いつもやさしい人だ。

されど、彼本来の個性は、こちらのDVDに集約されていると
思う。
Photo_2
彼が実は、秘めている 「情念」を「月」に映しこんだような作品だ。
しめやかだった月が、あるとき 生き物のように呼吸をする。
清らかだった光が あるとき 狂ったように笑う。
その声は、なまめくときもあれば、絶望に暴れるときもある。
彼のなかの情念が、まるで糸車のように ぐるぐる、ぐるぐる
まわっている。。。そんな映像だ。
私は、はじめてこれを見たとき、彼の心の叫びが 乗り移ってくるようで
つらくなってしまったのだけど、 それでも惹かれたのは、
そこに「品」があるから。。。美しいです。

さて、今回の公演「浮世絵でつむぐ江戸物語」では、このDVDの中から
華やかな部分をぬきだして、オープニングといたします。
Photo_3
こちらに、私の絵も加えて 江戸を表現します。
Photo_4
どんなふうになるのかしら???
それは、彼の頭のなか。。。

さて、月を愛してきた彼ですが、今、彼の心には もっと愛してやまない
月が映っています。
この月は、これからの 彼の作風に どんな光をさすのでしょう?
Ryoga
愛息「涼月(りょうが」くん。まだ、ふたっちゅです。

|

« 映像紙芝居「ふたつの赤い月」 | トップページ | 「浮世絵でつむぐ江戸物語」その4 »

2展覧会便り」カテゴリの記事

交流の肖像」カテゴリの記事

コメント

映像作家さんていうと、
技術屋さんのようなイメージがあったのですが、
大間違いでしたbearing
芸術家ですねart
ぷりんさんのHPを初めて見たときに、
今までの固定観念を破ることができました。
PCに命を吹き込む…私には想像できませんでした。
今度の公演、ますます楽しみになってきましたheart04

投稿: せりなずな | 2009年10月13日 (火) 15時21分

紙の世界から飛び出していろんなことに挑戦ですね。

彼は彼? お子様、かわいい!
ちゃんとお名前にも「月」が入ってるのね。

「映像紙芝居」おもしろい試みですね。
飯島さんのナレーションで、ブログで自分で読んだ作品と別物になりました。
さすがです。
アニメは色も音も垂れ流し。矢継ぎ早に流れてくるので子どもの頭も心も疲れると思います。
絵本を読んであげる時間のない方に、映像紙芝居をおすすめしたいな~。

投稿: 猫の手 | 2009年10月13日 (火) 17時23分

いろんな方が参加して、どんな舞台になるのでしょう。
心を真っ白にして拝見します。
平井君も来るんですね。

投稿: アルキメデス | 2009年10月13日 (火) 18時59分

かわいいお子様ですね。美少年です。
お母さんだったんですね。絵を描きながらすごいですね。かわいいです。感激。

びっくりheart04

投稿: いまはし U介 ゆうこ | 2009年10月13日 (火) 20時49分

cloverせりなずな様
そうね、絵描きも映像やさんも
技術は必要。きちんと、職人もできないと
いけないのですけど、
そこから、先がむずかしい。wobbly

彼とは、感性が似ているのでshine
オリジナルのものを一緒にやっていけます。
ブログの立ち上げも手伝ってくれました。happy01

投稿: ぷりん | 2009年10月14日 (水) 08時31分

cat猫の手さま
そうです。flair「智恵子抄」のときの彼よ!
すっかり子煩悩なお父さんになりました。snow

「映像紙芝居」みたいなお仕事して
見たいと思って、どぶ板選挙のような
日々です!crying

投稿: ぷりん | 2009年10月14日 (水) 08時38分

eyeアルキメデスさま
いろいろな分野の専門家が
それぞれの持ち味でつくりあげる
舞台。。。tulipこうしたことって
楽しいのね!とはじめてしりました。happy01

平井くん、来てくださる!heart02
会場で会えるといいですね!

投稿: ぷりん | 2009年10月14日 (水) 08時41分

cherryblossomゆうこさま 
horseU介くん
ち。。ちがいます。coldsweats01
柴山氏のご愛息です~!heart01
彼によく似てます。
電話のむこうで、よく泣いてます。coldsweats01
お父さんがとられたと思うらしい。

投稿: ぷりん | 2009年10月14日 (水) 08時46分

ぷりんさん
ご紹介のほど、ありがとうございます!
何か怪しい関係と思われていたので、そのままコメントせずにいました。
涼月の写真も載せて貰って光栄です!
毎度の事ながら、ぷりんさんの絵は、特に何も動かさなくても生き生きしています。(もっと動かして!って怒られるけど。。。)
みんなもそういう気持ちだと思いますよ!?
今後「映像紙芝居」として色々と作っていきましょう!

投稿: 柴山知久 | 2009年10月14日 (水) 13時53分

movie柴山さま
怪しい関係?!そんなうわさがあるの・???coldsweats02
それはそれは、さぞ、お困りでしたでしょう。
ご迷惑かけました。coldsweats01

でも、「映像紙芝居」好評みたいで、
とても、うれしいですね。heart01
ぜひ、シリーズにしたいものです。
お仕事になるよう、柴山さん、
がんばってくださいな。punch

投稿: ぷりん | 2009年10月14日 (水) 16時40分

うちの猫の名前が、月ちゃんっていうんだよ!!
結婚するとき、東京から高知の実家に連れて帰って、
いま母親が飼ってくれてる。
元気かなあ、って、
(記事とは関係ないけど)、
月ちゃんと名付けた日のことを思い出して、
やさしい気持ちになりました。

投稿: えつりん。 | 2009年10月14日 (水) 22時22分

wineえつりんさま
そうなの!「月」ちゃんていう
猫がいるのねcat
どんな毛並みなのかしら?
いくつ?catface
こんど、ブログに書いてね
うちのくーちゃんはもう16歳です。
でも元気!full

投稿: ぷりん | 2009年10月15日 (木) 18時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1204961/31764965

この記事へのトラックバック一覧です: 月を愛する映像師:

« 映像紙芝居「ふたつの赤い月」 | トップページ | 「浮世絵でつむぐ江戸物語」その4 »