« 徳島の伝説「たのきゅうさん」その1 | トップページ | 徳島の伝説「たのきゅうさん」その3 »

2009年10月22日 (木)

徳島の伝説「たのきゅうさん」その2

でも、おっかさんが心配です。こわがっているわけには いきません。
たのきゅうさんは とっとこ 山道を 走ります。
あたりは いよいよ 暗くなってきました。
と、突然、丸太のような腕に、がしっと 襟足をつかまれ
たのきゅうさんのからだは 宙に浮いて ぶらんぶらん。
あああ。。目の前には どす黒い顔の大男。
口を ほらあなみたいに あけています。
「どうぞ、食べないで~!」
たのきゅうさんは、必死で 頼みます。
すると、大男は「ふん」と鼻毛をゆらしました。
「かわいそうだから、さいごに 名前くらい聞いてやろう」
「た、、た、、たのきゅうです」
それを聞くと、大男はびっくりした様子で
たのきゅうさんを じろじろと眺めまわしました。
「なに。。。たぬき だと。」
どうやら、「たのきゅう」と「たぬき」と聞き違えたようです。
「うまく化けたものじゃ。人間そっくりだ」
そして、大きくうなづくと、
「いやいや、感心じゃ。たぬきは化けるのが うまいと聞いていたが
おまえの技は たいしたものだ。なぁ、もっと ちがものにも
化けてみせてくれないか」
「へぇ。。。」たのきゅうさんは ふるえています。
「安心しろ。わしは たぬきは食わん。息が くさく なるからな」
Tanokyu2
さあ、ここで 大男の機嫌を そんじたら たいへんです。
たのきゅうさんは「まぁ、まぁ、それでは。。。」などと、言いながら
あとずさりして、大きな木のうしろに隠れました。
そして おおいそぎで 芝居道具の 着物やかつらを 取り出して
あっという間に おさむらいに 化けてやりました。
木の前に、ひょいと とびだして、
「それがし、たのきゅうざえもんと申す。いざ!」と、刀をぬいてみせると
大男は「そんな強そうなものは いやじゃ」と、顔をしかめます。
仕方がないので「では。。」と。ふたたび 木のうしろに
隠れると こんどは ご隠居さんに 化けてやりました。
「はいはい よいお日和ですな」と よちよち歩いてみせますと、
大男は「なんだか、色気がないな」と、顔をしかめます。
仕方がないので「では。。」と 。みたび 木のうしろに
隠れると、こんどは お姫様に 化けてやりました。
袖で 顔を 半分 かくして 声は ほのかに
「恥ずかしゅうございます」と しなをつくってみせました。
すると、大男は「やぁ、たぬき うまいもんじゃ!みごと!」
大喜びです。すっかり、ご機嫌なようすで、肩をゆらして
「実はな、わしも、化けているのじゃよ。おまえには
ほんとうの姿を見せてやろう」
と 言いました。             (つづく)
Tanokyu3

|

« 徳島の伝説「たのきゅうさん」その1 | トップページ | 徳島の伝説「たのきゅうさん」その3 »

5百物語」カテゴリの記事

コメント

ちょっと話が逸れますが、
むか~し、たぬきを食べたことがあるんです。
父と伯父が山に罠を仕掛けて…
一日納屋で逆さづりにした後、たぬき鍋。
本当に臭い。もう鼻が曲がるほど臭いwobbly
(その狸の皮の剥製が、実家にあります)
ちょっと、不気味な話で申し訳ありませんbearing
(味ですか?美味というには、ほど遠いお味でした。)

投稿: せりなずな | 2009年10月22日 (木) 17時02分

cloverせりなずなさま
そうなの~!?typhoon
たぬき汁の経験者!やっぱり、血ぬきのため
さかさにつるすのね。coldsweats02
そして、やっぱり、くさいのね~
きっと、お肉もかたいでしょうなぁ。fastfood
いやいや、すばらしい経験!heart04
うらやましいです。fuji


投稿: ぷりん | 2009年10月22日 (木) 19時06分

昔、加山雄三の若大将シリーズの、麻布の老舗すき焼き屋「田能久」を思い出しました。店の御曹司で田沼雄一と言う名で、彼は毎回スポーツの天才ぶりを発揮するのです。
確かこの店を「たのきゅう」と呼んでいました。

この世代のファンは、沢山いるはずです。。
思いがけない話になりました。
「すみこさ〜〜〜ん」とアオダイショウが口を尖らせていた〜
あ〜あ、終わらなくなる・・・

投稿: アルキメデス | 2009年10月22日 (木) 21時05分

eyeアルキメデスさま
ああ、あったあったflair
そんなすきやき屋さん?だったかな。
あおだいしょう!punch
なつかしい。あのころ、
あの方も、若かった!coldsweats01

今回は「徳島の伝説」なのに、
ついつい江戸になってしまう。
でも、徳島のはなしが江戸落語になったのは
ふしぎ。今調べ中です。book

投稿: ぷりん | 2009年10月23日 (金) 18時09分

たのきゅうさん、懐かしいです♪
徳島の民話だったのですね。
変身の知恵比べ、日本の昔話によく出てきますが
ワクワクします^^

ぷりんさんの絵が本当にお話にマッチして
この雰囲気大好きです(o^-^o)

投稿: sachi | 2009年10月24日 (土) 00時44分

ribbonsachiさま
わたしも、徳島だとは、調べてみて
はじめて知りましたwobbly
今回はつい「語り」が長い。絵本としては
長い。。。sandclock
それに、四国の方言もわからず、江戸弁調?
でも、まぁ、ご勘弁願って、楽しんで
くださいませ。happy02

投稿: ぷりん | 2009年10月24日 (土) 07時35分

おはようございますhappy01
化け比べの始まりですね。
何が大男に化けていたのか思い出せない私でありますcoldsweats01

最後の絵の「大男」が陰の様に黒塗りで。
こういう方法もあるのですねlovely


投稿: aoba | 2009年10月26日 (月) 09時15分

snailaobaさま
影絵ふうに 少し、CG加工を加えてみました
こうしたほうが、変身ぶぶんが
強調されるかな。と思って。flair
仕事のときは、しません。confident
あまり、変わったことはしないように
気をつけます。pass

投稿: ぷりん | 2009年10月26日 (月) 12時26分

いえいえ、いろいろな事がわかりますので、変わった事もして下さいねhappy01

投稿: aoba | 2009年10月27日 (火) 11時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1204961/31888987

この記事へのトラックバック一覧です: 徳島の伝説「たのきゅうさん」その2:

« 徳島の伝説「たのきゅうさん」その1 | トップページ | 徳島の伝説「たのきゅうさん」その3 »