« 「浮世絵でつむぐ江戸物語」その4 | トップページ | 徳島の伝説「たのきゅうさん」その1 »

2009年10月18日 (日)

「浮世絵でつむぐ江戸物語」その5

10月16日(金)文京シビックセンターでの
朗読会「浮世絵でつむぐ江戸物語」。
無事、終了いたしました。
満員御礼、大きな拍手!ありがとうございました。

公演のようすをお伝えしたいのですが、できない。。。
実はわたくし、じっくり見ることができなかったのです。
とほほ。。。というのは、「満員御礼」なので、自身は立ち見。。。
遅れていらした方のお相手。。など。
せめて、ロビーでの絵の展示の様子を思うのですが、
それもできない。と、いうのは、皆様とお写真にはたくさん
はいったのですが、自分のカメラでは一枚も撮る時間が
なく。。。掲載できない。
その上、お花、お菓子などとお心ざしをたくさん戴きました。
なのに、なのに。。。それをもちながら、ロビーをくるくる
ごあいさつまわりしているうち、気持ちが高ぶって、
「これはどなたからのであったのか?」わからなくなって
しまいました。わぁ~ん、お許しください。
この場ですが、ひたすらおわびします。申し訳ありません。
でも、この朗読会に参加できたことで、たくさんの方に
絵を見ていただけました。
幸せです。ありがとうございました(涙)
3
910×652
されど、反省点も あります。
お越しいただけた方からは、感想のお言葉やメールなど、
いただきました、それをふまえて2点。
まずは、展示について。画廊ではないので、シビックの備品である
パーテーションを使用したのですが、センスのよいものではないので
「見せ方」として稚拙になってしまいました。
照明をいれていただいて、だいぶ改善したのですが、
プロとしてはちと、恥ずかしい。しかも、「朗読会」とはいえ
ご負担をかけて絵を見せたわけですから、申し訳ない気持ちが
のこります。ごめんなさい。
次に公演のスクリーン映像について。
もう少し 絵を入れた展開にしたかったのですが、展示の絵に手が
かかってしまい、まずは、時間が足りなかった。
かといって、むずかしかったのは、絵をいれすぎた場合、視線は映像に
いってしまい朗読家にスポットがあたらない。朗読を活かしたかたちでの
絵の工夫が必要になってくるわけですが、その裁断をする時間と
演出家にそれを提案する時間が、ありませんでした。
ですから「絵を見る」感覚でいらしたお客さまには、
少し物足りない思いをさせたと思います。
こちらも ごめんなさい。

それでも、朗読も鼓とピアノの合奏もすばらしかった!十分楽しめた!
と、ご感想をいただきました。とても、うれしいです。
ありがとうございます。
私も絵描きとして、めずらしい貴重な経験ができました。
舞台にかける役者さんたちの情熱を垣間見られたことは
新鮮でした。Voicekさんには、ほんとうにお世話になりました。
感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。
2
Photo

|

« 「浮世絵でつむぐ江戸物語」その4 | トップページ | 徳島の伝説「たのきゅうさん」その1 »

展覧会便り」カテゴリの記事

コメント

ぷりんさん、お疲れ様でした。初めてのことですから、いろいろ大変でしたね。でも、楽しかったですよ。なにより、お目にかかれて、おしゃべりできたことがうれしかった。ネットから一歩踏み出しましたよね。

そう、朗読中の映像は、もうちょっと絵と関連させたかったですね。せっかくの絵なんだから~~。でも、朗読に集中できなくなるのは困るけど、、、、、
それにしても、いろんな形の朗読があるもんだと思いました。かなり、エネルギッシュでした。

投稿: asako | 2009年10月18日 (日) 14時01分

ロビーの展示ありがとうございました。
会場の備品でしますのが、VoiceKとしましては精一杯で、体力のないことで申し訳ありません。

是非、次回はもっとぷりんさんの絵にふさわしい素晴らしい会場で展示なさってくださいませ!きっと伺います

朗読会にいらしたつもりのこちらのお客様は、ぷりんさんの素敵な絵も楽しめて、喜んでいらっしゃいました。
ありがとうございます

投稿: VoiceK | 2009年10月18日 (日) 23時20分

うれしやうれしや岡本です

ぷりんさん、本当にお疲れ様でした!!

そして、素晴らしい絵をありがとうございました!!

語りを聴いていらしたお客様には、きっとぷりんさんの展示の絵がスクリーンに見えたと思います。

語り手にとっても、想像力を大いに刺激され楽しかったです

まさにぷりんさんの浮世絵の世界を、語りと鼓とピアノが紡ぎ出した公演だったと思います


ぷりんさん 益々のご活躍を

投稿: ヨシコ | 2009年10月19日 (月) 02時50分

asakoさま
すてきなお着物姿でいらしてくださって
ありがとう。とてもきれいに着られて、
お似合いでした。
お話できてとてもうれしかった。
こんどはゆっくり、おしゃべりしましょうね。
asakoさんの朗読会もあったら、また
よんでくださいね。

投稿: ぷりん | 2009年10月19日 (月) 06時14分

Voicekさま
今から思うと、ずいぶんわがまま言って
困らせてしまったような気がしてます。
何から何までお世話になり、とても自分の力では
できない公演に参加できました。感謝です。
今度(いつになるやら)個展でも開いたら
いらしてくださいね。
晶子さんの朗読に涙ぐんでしまった。。
との感想がたくさんきましたよ!

投稿: ぷりん | 2009年10月19日 (月) 06時22分

ヨシコさま
よしこさんの語りの迫力に釘付けになってしまった。
会場全体が、耳をかたむけた。。
すごいね~とか
まだ小学校のお子さんが
「とってもおもしろかった~」と
感想をくださいました。
わたしもお手伝いできて、とてもうれしかったです。
また、舞台のときは、よんでくださいな。
こんどは、観客として、じっくり見たいです。

投稿: ぷりん | 2009年10月19日 (月) 06時29分

ロビーを忙しく駆けずり回るぷりんさんのお姿を
何度も目にし、お手伝いして差し上げたいと何度思ったことか…

はじめは、映像を期待してましたが、
普段映像の刺激に慣れ親しんでいる者には、
今回の映像は、とっても良かったと思います。
美しい幾何学模様の、風や波のような演出は、
朗読を観るには、適切だったと思いました。
生意気な事を言いましたが、
ぷりんさんの絵は、ロビーでしっかり拝見させていただきましたから

投稿: せりなずな | 2009年10月19日 (月) 08時47分

お疲れさまでした

お初にお目にかかってからまだ間もないのに、とっても前から親しくさせていただいてるような、そんな感じがしてならない私です

お留伊の絵
かわいく描いてくださって、モデルとしてはほんとにほんとに嬉しいです(笑)

このご縁がずっと続きますように

ブログに当日の私目線の様子をアップしています
よろしかったら遊びにいらしてくださいまし

江戸のおはなしシリーズ・・子供が喜んで読んでいます
文字だけでなく絵も楽しいです

投稿: きさよ | 2009年10月19日 (月) 15時54分

せりなずなさま
遠いところから、よくぞ、いらしてくださいました。
楽しんでいただけたご様子で、まずは、
何より。めでたし!です。
私は、ふだんは引きこもりの生活なので、
わらわらの会場に目をまわしてしまいました。

わたしのお客様は、展覧会のつもりで
いらっしゃるので、「映像でも、絵が見たかった」
の意見が多かったのです。
こんどは、映像でも楽しめる企画を
考えたいと、思います。

投稿: ぷりん | 2009年10月19日 (月) 18時23分

公演お疲れ様でした。
満員御礼との事、先生をはじめ皆様のご人徳ですね

せりなずなさんのコメントが公演の素晴らしさを伝えてくれました

今回は拝見できませんでしたが、いつか機会がございましたら伺わせて頂きますね

投稿: aoba | 2009年10月19日 (月) 18時28分

きさよさま
効果音の「どろどろ」や「ざわざわ」
そして「ぽんぽん」という音に
お友達のお子さんは、びっくり
大変興味をもたれたようすです。

モデルになっていただけたおかげで、
ほんと、描きやすくなりました。
ありがとうございます。
お顔もついつい きさよさんに似てしまいました!
でも、イメージにぴったりで理想のモデル
でしたね。
ブログも読みました。
舞台の方たちの緊張が、わたしにも
少しわかったような。。。
大変なことなのだ。とあらためて思いました。
次の公演には、客としてまいりますね。
こんどは、ゆっくり堪能したいです

投稿: ぷりん | 2009年10月19日 (月) 18時34分

aobaさま
お父様の具合はいかがですか?

今回は、お会いできず、残念でしたが、
次の機会を楽しみにいたします。
せりなずなさんは、とても
ピュアなカンジの方でしたよ!

投稿: ぷりん | 2009年10月19日 (月) 18時52分

素晴らしい舞台を拝見させていただきました。
長く続いた緊張感からやっと解放されましたね。
お疲れさまでした。
朗読の始まる前まで舞台に映しておいても、良かったかもね。
とても良いコラボだった〜
ますますぷりんさんファンが増えるね。

投稿: アルキメデス | 2009年10月19日 (月) 21時58分

ぷりんさん、こんばんは。
お疲れ様でした。
本当に素敵な朗読会。。。近ければぜひ参加したいと思いつつ案内の記事を何度も眺めておりました。
また機会がありましたらぜひお邪魔させていただきたいと思います。

投稿: sachi | 2009年10月24日 (土) 00時36分

アルキメデスさま
どうも、いらしてくださって
ほんと、ありがとう。
楽しんでいただけて
うれしいかぎりです
こんどは、映像のほうも華やかにやって
みたいわぁ

投稿: ぷりん | 2009年10月24日 (土) 07時20分

sachiさま
記事を読んでくださってありがとう。
いつか巡回公演なんてできたらいいけど。
壮大すぎる夢ですね~。
ブログのほうで、
絵を楽しんでくださいな。
やっと一息。またちょくちょく
遊びにゆきますね。

投稿: ぷりん | 2009年10月24日 (土) 07時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「浮世絵でつむぐ江戸物語」その5:

» 「浮世絵でつむぐ江戸物語」を終えて! [Voice from Heart]
{{{ 「芸術は人の心を楽しませ、清くし、高めるために役立つべきもので・・・・」 「鼓を打つにも絵をかくにも清浄な温かい心がない限り何の値打ちもない」 「音楽は美しいものでございます、人と優劣を争うことなど おやめなさいまし、音楽は人の世で最も美しいものでございます・・」 }}}    鼓くらべの 老人(観世市之丞)の言葉が、今も頭の中をかけめぐります。 一夜二夜明けて やっとブログに向かっています。 実は、山本周五郎作「鼓くらべ」を読みたいと..... [続きを読む]

受信: 2009年10月18日 (日) 14時40分

« 「浮世絵でつむぐ江戸物語」その4 | トップページ | 徳島の伝説「たのきゅうさん」その1 »