« 京都の伝説「戻り橋の鬼」その2 | トップページ | 京都の伝説「戻り橋の鬼」その3 »

2009年9月 3日 (木)

「浮世絵でつむぐ江戸物語」その1

本日は、お知らせです。

来る10月16日(金)18時30分より、
文京区シビックセンターにて「浮世絵でつむぐ江戸物語
を開催します。
主催はVoicek。飯島晶子です。
以前、このブログ「芙蓉を読む人」でご紹介した方。。。
「源氏物語、秘花」や「被爆ピアノ」「アンデルセン」など
たくさんの公演をされてきた方ですけど、
今回は 私も参加させていただきます。

この公演の主旨は、「江戸のさまざまなお話」。。。
笑い話もあれば、怪談もあります。思わず涙。のお話もあります。
その朗読を聴きながら、絵や音楽も いっしょに 楽しんでしまおうと
いうものです。
Photo
戦国時代が終わり、江戸時代をむかえ、ようやく平和がおとずれました。
すると、人々の生活も落ち着いてきて さまざまな文化が生まれました。
歌舞伎、落語が生まれたのも江戸時代ですし、浮世絵もそうです。
今まで、お姫様のたしなみだった「鼓」や「琴」も
裾野を広げてゆきます。
まさに町人文化が 花ひらいた時代です。
人々は、泣いたり、笑ったりしながら、人と人の情けをつむいできました。
心、豊かな時代だったといえましょう。
そんな時代の活気を、少し現代風に この公演で再現してみようと
思います。

朗読を 「ピアノと鼓」という異色の調べが 寄り添います。
朗読なのか?劇なのか?ベテランと若手の「掛け合い朗読」もあります。
それを。「和映像」と「照明」がひきたてます。
映像のなかには、わたしの絵がさしこまれています。
そして、ロビーでは、ぷりんの絵が展示されています。
きっと、ふりかえるように 舞台の余韻を楽しめると思います。
Tsuzumi2
とはいえ、舞台づくりは、まだまだ。。。これからです。
幸いにも文化庁芸術祭の審査を通過、参加公演に選ばれました。
過去は、石川さゆりなどが、大賞をとっています。
賞をとれますかどうか???(笑)わかりませんが
出演者、スタッフ一同、はりきっています。

公演日にむけて、その稽古模様をリアルタイムで お伝えしていく所存。
おみ足お運びくだされるか否か、とんと、お考えくださりませ。
詳細はこちら
ずずずいっと、お願い申し上げます。
Syasin_2 

|

« 京都の伝説「戻り橋の鬼」その2 | トップページ | 京都の伝説「戻り橋の鬼」その3 »

展覧会便り」カテゴリの記事

コメント

10月帰れたら是非観に行きたいのですが、たぶん日本に帰るのは1月になってしまいそうです・・・
個人的には怪談話に興味深々です。

投稿: あゆみ | 2009年9月 3日 (木) 20時29分

あ~、ますます思いが募ります
ぷりんさんの絵はもちろん!
晶子さんの朗読も是非お聴きしたい。
堅田さんの鼓の音も…
夢に見そうですわ~

投稿: せりなずな | 2009年9月 3日 (木) 20時41分

あゆみさま
そうか、残念!でも、一月にお里帰りされたら、
ぜひ、お会いしましょうね!
いろいろ、お話してもたいことがあるの。
楽しみです。

投稿: ぷりん | 2009年9月 4日 (金) 13時59分

せりなずなさま
なおとくんが、承知してくれて、
だんなさまも、許してくれたら、
いらしてくださいね。
でも、ずいぶんと遠方から
お越しいただくことになり、
心苦しいので、無理はなさらないでね。
気にかけてくださって、ありがとう。
それで、十分です。

投稿: ぷりん | 2009年9月 4日 (金) 14時06分

飯島晶子です。とっても楽しくしかも詳しく紹介してくださってありがとうございます
鼓を打つ女性お宇多も素敵ですが、ぷりんさんの笑顔最高です!

投稿: 晶子 | 2009年9月 5日 (土) 02時20分

晶子さま
お声をかけてくださってありがとう
ございます。
わたくしも、微力ながら、最善をつくします。
すてきな公演にいたしましょうね。
お写真は絵の撮影のついでに撮ってもらいました。
プロが撮ると、やっぱりライティングで
ストーリがでますね

投稿: ぷりん | 2009年9月 5日 (土) 06時15分

ぷりんチャン!!とてもステキな世界!!
素晴らしい〜!!
0月16日は必ずやお伺いします。
このブログにアップされている絵を見ただけで
すでに興奮してます。楽しみです!
ところで京都の子鹿さんの話、面白いでっすっね〜。
私もがんばろーっ!!!
お花占いやってみたら、私、サクラでした。

投稿: ルコラッチョ | 2009年9月 6日 (日) 13時47分

0月になっとるし。すみません〜。10月です。

投稿: ルコラッチョ | 2009年9月 6日 (日) 13時50分

ルコラッチョさま
ありがとう。うれしくて涙です。
この土日にちょこちょこメールを打って
お知らせしたら、祝賀ムードになってきて、
ありがたさに、涙、涙です。
みなさんを、がっかりさせないよう、
今一所懸命描いてますぅ。
木曜ぐらいに、案内とチケット、お送りします。
どうぞ、よろしくお願いします
京都の小鹿さんも、来てくだされるといいのですけど、
おうちが、京都~。。。
ちなみに、わたしは、パンジーです。

投稿: ぷりん | 2009年9月 6日 (日) 16時15分

わあ、こんなこともしていらっしゃるのですね。楽しそう。私、朗読大好きです。自分の発表会もまじかです。

投稿: asako | 2009年9月 7日 (月) 21時02分

asakoさま
わたしが、朗読をするわけではないのですが、
朗読って私も大好きなの。
耳で聞くほうが、頭のなかに好きな絵が
うかんでくるから、仕事にはいいです。

asakoさんの発表会ってなんでしょう?
これから、ブログにいってみるわ!

投稿: ぷりん | 2009年9月 8日 (火) 18時18分

こんばんは。
とても、魅力的な公演ですね。
ぷりん先生の原画も拝見出来るなんて。
綺麗な黄のお着物と朱の帯が粋ですね。

あ~見た~い、行きたい、なんですが、
父次第でしょうか。

ぎりぎり予約でもいいのでしょうか?

投稿: aoba | 2009年9月 8日 (火) 20時22分

aobaさま
お父様、はやく良くなってくれると
いいですね。
来ていただきたいけど、大変なときですもの。
無理しないでください。

チケットはたぶん開催の一週間前には
完売しているのでは?と予想しています。
お会いできますよう、祈ってます。

投稿: ぷりん | 2009年9月 9日 (水) 06時43分

ぷりんさんの宣伝のおかげで、ずいぶんチケットが売れています♪ありがとうございます。
遠くは愛知県からもいらしてくださるご連絡も!
月曜日にみなさんに報告しますね。

先週の稽古で江戸娘たち?も着物が決まってきました!
さあ江戸情緒をどこまで出していけるか・・・

頑張ります

投稿: 晶子 | 2009年9月19日 (土) 01時02分

晶子さま
そうですか。よかったです。
ほっとしました。

絵がおくれていて、ごめんなさい。
一段落したら、
お稽古見学に行きます。楽しみ。
娘たちのお着物は、どんなのかしら?

投稿: ぷりん | 2009年9月19日 (土) 09時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「浮世絵でつむぐ江戸物語」その1:

» 10月朗読会のお知らせです! [Voice from Heart]
=== 浮世絵でつむぐ江戸物語 === すでにお申込をいただきつつあるのですが、やっとチラシが決定しました。 原画 水野ぷりん  チラシデザイン 栗谷佳代子 原画の水野ぷりんさんがご自分のブログ「ぷりん茶屋」で紹介してくださいました。 http://pulinblog.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/post-e40e.html ぷりんさんのとても素敵な笑顔付きです! どうぞごらんくださいね。 9月6日よりチケット販売開始です。..... [続きを読む]

受信: 2009年9月 5日 (土) 02時27分

« 京都の伝説「戻り橋の鬼」その2 | トップページ | 京都の伝説「戻り橋の鬼」その3 »