« だるまさんの唄 | トップページ | 紫衣の尼君の御肌 »

2009年9月30日 (水)

「浮世絵でつむぐ江戸物語」その2

来る10月16日(金)18時30分より 文京区シビックセンターにて
開催する朗読会「浮世絵でつむぐ江戸物語」。
本日はその日の朗読のひとつ「ゆうれい貸屋」をご紹介します。
こちらは、歌舞伎や落語で世話物、人情話として有名なお話ですが
もとは山本周五郎の小説です。
どんなお話か?ちょっとさわりを。。。

舞台は江戸京橋炭屋河岸の「やんぱち長屋」。
その裏店に住む 桶屋職人の「弥六」が 主人公。
この男、腕はいいんだが、困ったことに、底抜けっつぅぐらい怠け者。
とにかく 働かない。だからといって、遊蕩にふけるのもめんどう。
ただただ、ごろごろ ごろごろしているのだ。
そんなものだから、とうとう、女房も出て行ってしまった。
なのに弥六は「気楽になった」と大あくびの毎日であった。

そんなある雨の晩のこと。
寝転んでいた弥六の前がぼおぉぉっと明るくなった。
と、「う。。ら。。め。。し。。や。。」
ざんばら髪の女が、妙にすごんだ目で弥六をじいっと見ている。
ゆうれいだ。。。

このゆうれい、聞けば、もとは辰巳芸者の染次。男にだまされ
こんな姿になったらしい。相手の男は、むろん取り殺してやったものの
浮かばれず、宙にさまよったまま行き場がない。気の毒な女であった。
おまけに。。このお染め姐さん、どうして どうして、そりゃあいい女っぷり。
女房にしてくれたら、不自由はさせない、と言う。
情けもたんまり厚いらしい。

こうして、ふたりは夫婦になった。
夜になれば、お染め姐さん、岡持ちさげて、酒や肴を、運んでくる。
ふたりは、夜な夜な、さしつさされつ、おしどりの~♪
ついばむ 酒肴に 極楽が~♪見えては 消える 鴇の声。

されど、少しは稼がないと、お店賃やらなにやらいるじゃないの。
というわけで、思いついたのが、「ゆうれい貸屋」。
世の中に うごめく 金の恨み、恋の恨みを 人に代わって
あたしらゆうれい仲間が、きっと、はらしてしんぜましょう。
「必殺ゆうれい仕事人」。。。
お染め姐さんは、商売への意気込みで、鼻息が荒くなってきた。。。

さてさて、どうなることやら。。。
続きは、16日(金)会場で 舞台女優「岡本嘉子」の
芝居っ気たっぷりの朗読で お聞きくだせぇ。
みなさまをおおいに笑わせ、最後はほろり。。と泣かせてみやしょう。

チケットのお申し込みは こちら
Photo
910×910 水干絵の具 岩絵の具

|

« だるまさんの唄 | トップページ | 紫衣の尼君の御肌 »

展覧会便り」カテゴリの記事

コメント

いつのまにか、素晴らしい口上でお話を作り上げていましたね。。
さてさて16日、身が裂けそうなくらい迷っておりまする。
銀座か、シビックセンターか・・・

投稿: アルキメデス | 2009年9月30日 (水) 22時15分

アルキメデスさま
つねさんとは、長いおつきあいでしょうから
個展には行ってさしあげて、きちんと、
ごあいさつ。
そのあと、こちらに
まわってくだされば、いちばん
私としてはうれしいです。
それで、支障がでないようでしたら、
チケットは予約しておきます。
ご連絡くださいな。
いいお返事を祈ってます

投稿: ぷりん | 2009年10月 1日 (木) 06時02分

江戸の下町が見えてきそうです。
16日を指折り数えて、遠足前の子供の頃のワクワク感

作品を読んでから拝見しようか、
それともまっさらの状態で…う~ん、迷いますね。

今日は、学校で観劇会です。
なおとは、スキップで学校に向かいました。
わたしもシビックシアターにスキップで行こうかしら

投稿: せりなずな | 2009年10月 1日 (木) 08時55分

公演や先生の原画を拝見できなくて本当にすみません
910×910大きな絵を描かれたのですね。
感動です。
絵のすべてに圧倒されそうなことが、画面から伝わります

公演が終わりましたらですか?

投稿: aoba | 2009年10月 1日 (木) 10時20分

せりなずなさま
今、追い込みで大忙しです。
この朗読用のバックにゆうれいを新たに
描くやもしれません。
ゆうれいさんがでてくるときは、
鼓の音がはいるでしょう。

原作も、おもしろいですよ~。笑う!

わたしも、スキップして、せりなずなさんの
お越しをお待ちしてますよ。
なおくん、ちょっと、お母さん、借りるね。
少し、辛抱してね。

投稿: ぷりん | 2009年10月 1日 (木) 12時15分

aobaさま
家で描いていると、とっても大きい。
キッチンのテーブルで描いてます。
手が上まで、届かないので、
くるくるまわして描く。

でも、会場だと、ふつうの大きさに見えます。

一日だけなので、終わったら、
すぐ、あとかたづけ。。。悲しい。

投稿: ぷりん | 2009年10月 1日 (木) 12時20分

うらめしや~おじゃまします~
「ゆうれい貸屋」を語ります岡本です

ぷりんさん素敵です
なんと愉快で活き活きした作品なんでしょう

俄然テンションが上がりました

絵のパワーに負けないように頑張ります
早く拝見したいです

ご一緒に作品を創る事ができる幸せに心から感謝

投稿: ヨシコ | 2009年10月 2日 (金) 05時07分

ヨシコさま
よしこさんの朗読を聞いてて、お染めさんって
ほんと、かわいい女だなぁ。と思いました。
楽しかったわ。
当日は、あらが、もっとパワーアップするのね。
ハンカチ用意しなくっちゃ。

投稿: ぷりん | 2009年10月 2日 (金) 11時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「浮世絵でつむぐ江戸物語」その2:

« だるまさんの唄 | トップページ | 紫衣の尼君の御肌 »