« 「浮世絵でつむぐ江戸物語」その1 | トップページ | 京都の伝説「戻り橋の鬼」その4 »

2009年9月 7日 (月)

京都の伝説「戻り橋の鬼」その3

さむらいは じっと 黒い空を にらんでおりましたが、、
しばらくして 刀を 鞘に おさめました。
ほっと息を ついたものの
えりが 重く、引きずられているようなことに
気がつきました。
うしろに手をやると、ごつごつした手触り。。
「斬った鬼のうでだ」
さむらいは 身震いすると、 むちゅうで
馬を 走らせます・
でも、とりついたうでは、がしりと つかんで
はなれません。
やしきに もどると、大声で 家来を よびました。
三人の 男たちが、かたうでを 引っ張たり、
指を ひろげたりして、ようやく はずれました。
床に ごろんと ころがった 赤いうで。。
針金のような 黒い毛が みしりと はえておりました。
5
これをみて ご主人が いいました。
「このままおいては、たたりがあろう。
しっかり 隠して だれにも 見せてはならぬ」
こうして 鬼のかたうでは がんじょうな箱に
しまわれました。

ところが 鬼のかたうでの うわさは たちまち
評判になりました。
毎日、人が 押し寄せます。
でも、ご主人の きつい言いつけです。
さむらいは だれにも 見せませんでした。

そんなある日のこと。。。
6 (つづく)

|

« 「浮世絵でつむぐ江戸物語」その1 | トップページ | 京都の伝説「戻り橋の鬼」その4 »

5百物語」カテゴリの記事

コメント

がしりと つかまれた腕。
針金のような 黒い毛。
うわ~おそろしいhappy02
それから、必死で逃げる馬も、とってもいいですねhorse

この先どんな展開が待っているのか、
ぷりんさんの味付けも、とっても楽しみです。


投稿: せりなずな | 2009年9月 7日 (月) 12時18分

あ〜何か思い出してきた・・・・
切られた腕が、床を動いて近づいて来る映像・・・
人差し指、中指、薬指が動くとこちらに寄って来る〜

それにしても大きな手。
襟をつかまれていることを想像すると
後ろに反り返りそうです (T_T) 

投稿: アルキメデス | 2009年9月 7日 (月) 19時38分

鬼の腕が、一体何を呼び込むのか・・・?
ドキドキしてきますね。
思わず、息を呑んでしまいます。

投稿: Sey | 2009年9月 7日 (月) 21時29分

cloverせりなずなさま
別になんにも悪いことしてないのに
おかしなことに巻き込まれる。その不条理。crying
これを、どう解釈していこうか。。
迷ってます。。。typhoon

投稿: ぷりん | 2009年9月 8日 (火) 18時04分

eyeアルキメデスさま
それは、いっそう怖くした演出です。
とっても、おもしろいけど。。。
私はもう少し、オーソドックスな展開にします。
地味だけどcatface、勉強もかねて。pen

投稿: ぷりん | 2009年9月 8日 (火) 18時07分

piscesseyさま
今、そもそもなぜ鬼というものを
人間は考えたの???sad
そのへんを書きたいと思っている
のですが、むずかしくって。。。
人の心の裏返しだとは思うのですけど。。。toilet

投稿: ぷりん | 2009年9月 8日 (火) 18時12分

そう、人の心の裏返しですね。
私の中にもいるな~。ちっちゃな鬼。
育てないようにしなくっちゃ。

この先の展開にわくわくドキドキ。
絵も美しいし、形にしたいですね。

投稿: 猫の手 | 2009年9月 9日 (水) 10時48分

cat猫の手さま
わたしは、ときどき、切ないの。
わたしのなかの鬼がどろどろしていて、
どうして、こんなものをもっているのか
悲しいです。sad
大人として、コントロールを心がけるて
いることにも疲れます。typhoon
この絵も、自分では好きだけど、
世の中で、必要なものかどうかわからない。
必要とされないものばかり、自分はもっているような
気さえしてしまいます。

チケット、買ってくださってありがとう。
お会いできるのを、楽しみに!heart01

投稿: ぷりん | 2009年9月 9日 (水) 17時28分

おはようございますsun

馬の絵に興味を魅かれました。
やはり色や駆けている体形等々ですheart

私はデッサンの本を買って、ポイントゲット♪ですねcoldsweats01

1枚目の絵のバックに、点々とグレーが載せてありますが、これは「水はね」という技法でしょうか?

投稿: aoba | 2009年9月10日 (木) 09時18分

snailaobaさま
馬は、むずかしいですね。
わたしも、何度も描きます。
点々は、手首にスナップをきかせて、
筆をふっています。
偶然の楽しさがありますね。happy01
ああっへんなところに。。。というときは
スポンジですぐにふきとれば、だいじょうぶ。coldsweats01

投稿: ぷりん | 2009年9月11日 (金) 09時34分

私は、普段まり目にしないものは描きにくいです。
とくに馬はbearing
特徴がとらえにくいせいでしょうかねcoldsweats01

点々は、手首のスナップなんですね。
テニスのボレーも、手首の柔らかい人が上手なんですよ。
ん~、私は両方とも練習あるのみ!ですねcoldsweats02

投稿: aoba | 2009年9月11日 (金) 10時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1204961/31267296

この記事へのトラックバック一覧です: 京都の伝説「戻り橋の鬼」その3:

« 「浮世絵でつむぐ江戸物語」その1 | トップページ | 京都の伝説「戻り橋の鬼」その4 »