« 京都の伝説「戻橋の鬼」その1 | トップページ | 「浮世絵でつむぐ江戸物語」その1 »

2009年9月 2日 (水)

京都の伝説「戻り橋の鬼」その2

さむらいは 女をのせて 一条戻り橋を わたります。
「さて、おやしきは 五条のどのあたりかな」
問いかけると、突然 背中で げらげらと
笑い声が 聞こえました
驚いて ふりむきかけ 川面に 目をとめました。
なんと、水に 鬼が うつっています。
「たばかったか!」
さむらいは、 すぐに 刀を ぬきました。
女は、鬼に すがたを 変えていました。
赤い顔に ぎらぎらした目。
口は 耳まで 裂けて うねうねとした 黒い舌を
のぞかせています。
おそろしさに、さむらいが たじろいだ その一瞬、
鬼は ひゅんと 飛び上がり
さむらいの えりあしを ぐわっと つかみました。
3
「おのれ!」
さむらいは 力いっぱい からだを ねじると
刀をふりおとしました。
がしっと、たしかな手ごたえ。
うでを 切り落としたと みえたとき
「ぬおおおお!」
うなり声が とどろいて
ごおおと 風が ふきました。
鬼は まいあがり そのまま
すがたを けしました。
4  

|

« 京都の伝説「戻橋の鬼」その1 | トップページ | 「浮世絵でつむぐ江戸物語」その1 »

5百物語」カテゴリの記事

コメント

すご~い迫力!
いいですね~heart04
肉付きといい、表情といい、本物みたい(?)
もし本当に鬼がいたら、絶対この鬼に間違いないって思います!
本当に惚れ惚れする鬼ですlovely

投稿: せりなずな | 2009年9月 2日 (水) 11時48分

cloverせりなずなさま
今回はテンポのある、文体をこころざしたのですが、
難しかったです。bearing
3回ぐらい、書き直したのですが、
まだまだ。。。
擬音がしつこいかな?と思っています。shock
鬼の絵は、得意分野!shine

投稿: ぷりん | 2009年9月 2日 (水) 17時53分

「ぬおおおお!」がすごい。
昔むかし、読んでいた夢枕獏の「キマイラ」を思い出しました。
舐めていた飴をかじってしまうくらいの迫力 (☆。☆)

まだ、続くのでしょうか!?

投稿: アルキメデス | 2009年9月 2日 (水) 21時27分

eyeアルキメデスさま
うでを切られた鬼の恨みは深いです。angry
報復のパターンはいろいろ
あるようですが、thunder
今回はいちばん、オーソドックスで
まいります。confident

投稿: ぷりん | 2009年9月 3日 (木) 06時20分

こんにちは。

とても迫力のある絵ですね。
色彩の豊かさ、動きのある絵、先生の才能は果てしないのですねlovely

バックの色付けにも動きを感じますtyphoon

お話も、引き込まれてしまいましたwink

投稿: aoba | 2009年9月 4日 (金) 15時59分

snailaobaさま
バックは、筆ではなく、刷毛でぬっています。
ペンキ屋さんが、使っているような形で
毛がやわらかいもの。硬いものも、かすれを
つくるときには、使います。art
aobaさんも少しずつ、ご自身にあったものを
買いたしていくとよいと思います。delicious

投稿: ぷりん | 2009年9月 5日 (土) 05時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1204961/31202959

この記事へのトラックバック一覧です: 京都の伝説「戻り橋の鬼」その2:

« 京都の伝説「戻橋の鬼」その1 | トップページ | 「浮世絵でつむぐ江戸物語」その1 »