« 万葉集を学ぶ その3 | トップページ | 万葉集を学ぶ その5 »

2009年8月18日 (火)

万葉集を学ぶ その4

「聖なるもの」は「異界」から、「青」をわざわざ
つくったのち、やってきたのかも?というのは
日本書紀に こんな記述があるからだそうです。

初め五十猛神、天に降りますときに
多々の樹種を もちくだる~(中略)
遂に 筑紫よりはじめて すべての大八州国のうちに
蒔きおおして 青山を成さずということなし
(神様たちは 地上に降りる際に やまとのくにに
 種をまいて 青山をつくったということだ)

また、古事記では、母イザナミ恋しさに、暴れん坊のスサノオが
大泣きしますが、そのとき。。。

その泣くさまは 青山の枯れ山ごとく 泣き枯らし
河海は ことごとく 泣き乾しき。。。
(泣いて、泣いて、青山を 泣き枯らしてしまったので、
海も河もみんな、乾いてしまった)

泣いたら、洪水が起こりそうに思うのですが、
青山が枯れるほど、泣いた。。。という表現になっています。
おまけに泣いたため、大地は乾いてしまったというのです。

やはり「青」は「聖」であって、「聖」は「青」なくして語れないのでしょうか?
講義は続きます。
神さまの「死」とは、下界におりること。
青山」に隠れるのは「死」の儀式。
その過程を経て復活。
再生の証として、わたしたちのいる下界で、稲の恵みなど
多くの幸をくださるそうです。
キリスト教のイエスさまの話「原罪」と、まったく逆だなぁ。。。と
思って聞いておりました。
2

(つづく)

|

« 万葉集を学ぶ その3 | トップページ | 万葉集を学ぶ その5 »

6歌会便り」カテゴリの記事

コメント

神様の泣く姿が、迫力あるなあ。
ギリシャ神話もスケールが大きいけど。

どんなお話もぷりんさん流になるのが、なんともいいなあ〜

投稿: アルキメデス | 2009年8月19日 (水) 13時22分

母恋しさに泣くのは、神であろう人間であろうと同じなんですね。
母を想って、青山も枯らすほど、
海を乾らしてしまうほど、
我が子も泣きます。

今日も空を見上げて、
聖なる気を取り入れた気分でした。
万葉の心をぷりんさんのブログで勉強させていただき、
本当に感謝です。

投稿: せりなずな | 2009年8月19日 (水) 20時16分

eyeアルキメデスさま
ブログをはじめて、書くことに慣れてきたように
思います。happy01
今まで「もやもや」と思っていたことが
文章におこしてみると、頭がすっきりするカンジです。
そのうち、歌も習ってみたいなぁ。と思って
いるのですけど。。。shine

投稿: ぷりん | 2009年8月20日 (木) 06時16分

cloverせりなずなさま

やっぱり、せりなずなさんは、母の気持ちになって
読んでくださるのね。
スサノオ命って、かわいいですよね。happy02
そのうち、「おろち退治」なんか、描いてみたいなぁ。

この講義はむずかしくって。。。
授業についていけないの。。。
ブログに書いて、やっとこさ復習できている
カンジ。ですcrying
でも、せりなずなさんに 楽しんでもらえて
いるならば、励みになります。ありがとう。heart02

投稿: ぷりん | 2009年8月20日 (木) 06時26分

『中上級のにほんご』でも、古事記を扱うようになって、日本の神様のことを、ちょっとわかるようになりました。キリスト教社会と同様、日本の習慣や考え方のなかに関係していることが、たくさんあるみたいです。ぷりんさんの絵にも、ますます深みがでてきますね。「舌切り雀」みたいのも好きですけど!

投稿: asako | 2009年8月20日 (木) 09時26分

cakeasakoさま
先日、仕事で秋田の「道祖神」について描きました。
民族信仰のもともとは、やはり「古事記」や
「日本書記」からあるようですが。。。勉強不足で
むずかしいです。shock
でも、言えるのは、ヤマト的、ものの考え方というのは、非常に「大人」です。つまり「是非もなし」と
いうのは、幅広の考え方では、ないかと
思うこのごろ。。。annoy

投稿: ぷりん | 2009年8月20日 (木) 19時08分

あ、同感です。「こうでなくてはならない」というのではなく、「こうなっちゃったんだから、しょうがない。それが自然よ」っていう感じがあるように、思えます。
この考え、私にあってる!

投稿: asako | 2009年8月20日 (木) 23時56分

cakeasakoさま
ご賛同ありがとう。
あなたも、わたしも日本人。
でも、海外の人には、
とても理解しにくいのでしょうねぇ。bearing

投稿: ぷりん | 2009年8月21日 (金) 13時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1204961/31010058

この記事へのトラックバック一覧です: 万葉集を学ぶ その4:

« 万葉集を学ぶ その3 | トップページ | 万葉集を学ぶ その5 »