« かみなりの唄 | トップページ | 京都の伝説「戻橋の鬼」その1 »

2009年8月27日 (木)

第九のような蝉瀑布

8月25日(火)に麹町倶楽部が主催している
歌会を見学しました。
こちらを紹介、連れて行ってくださったのはアルキメデスさん。
いつもコメントをくださるグラフィックデザイナーさんです。
私は歌づくりは好きですが、自己流にすぎません。
たいした知識ももっておりませんので、とても緊張。。。
アルキメデスさんの背中に隠れるようにしてうかがいましたが
メンバーの皆様、あたたかく迎えてくださいました。

この倶楽部の歌は「五行歌」というもの。はじめて、知りました。
「五行歌」とは、歌人草壁焔太(くさかべえんた)という人が提案した形式
だそうで、短歌でも、俳句でもなく、「五行」でまとめれば良いそうな。

この日の出席者は17人。まず、それぞれの歌を一覧にしたものが
くばられます。作者の名前はふせてあるので、どなたがどの歌を詠んだのか
わかりません。わからないまま、お点をつけます。感想や意見を述べ合ったり
します。そのあと、作者が、名乗りをあげて、創作の動機などを話します。

その結果、この日の「一席」に輝いたのが、アルキメデスさんだったのです!

第九のような
蝉瀑布を
浴びた夜
コオロギのソロで
眠りに落ちる


蝉の声をベートーヴェンの「交響曲第9番、歓喜の歌」にたとえたところが
いちばんの読みどころです。みんなでいっっせいに大合唱。蝉の声が
どんなに大きかったか、伝わってきますね。山歩きでもされたのかしら。
その声を浴びるほど聞いた夜、作者は、コオロギのソロを子守唄に
眠りに落ちました。「昼と夜」「フォルテとピアニシモ」。。コントラスの
美しい歌だと思います。
蝉とコオロギという組み合わせも、ちょうど今、季節の移り変わりのはざま
をじゅうぶんに感じさせてくれます。
Photo_2
他、選にはもれましたが、わたしがいちばん好きだった歌はこれです。

柘榴 抱く(いだく)
種は 悲しみ
身を 裂いて
下界へ 触れる
紅き 翡翠そ

美しいです。わたしは、柘榴が熟れて、種がおちて、種が地面にちらばる
さまに、作者が何か、深い痛みを心にいだいていて、耐え切れなくなって
はきだした。。。すると、それは、紅い翡翠のような、怒りにも似た悲しみだった。
などと、推察したのですが、、ご本人はそういったわけではなかった様子(笑)。
でも、こうした勝手な解釈ができるのが、歌の楽しさではないか、と
私は思っています。

今回、わたしは見学ということで、歌はつくっていきませんでしたが、
来月は、つくって参加してみます。
年をかさねるごとに、自分の作品をきちんと批評してくださる方に
なかなか会えず、客観的な思考があやうくなっていくような気がして
不安でした。
ですが、この倶楽部では、私は新参者。
きちんと叱られてこようと思っています。めそめそするかも知れないけど、
それも勉強なので、楽しみです。
アルキメデスさん(山藍木 星)、よい機会をつくってくださって
ありがとうございました。

|

« かみなりの唄 | トップページ | 京都の伝説「戻橋の鬼」その1 »

6歌会便り」カテゴリの記事

コメント

アルキメデス、カンドー!!
ありがとうございます。紹介だけでなく
歌を絵にまでしてくださって(なぜか敬語)。
しばし、ボーと見てしまいました。。
幻想的な水場のコオロギたちの声が聞こえてくるようです。

歌会も楽しんでもらってうれしいです。
来月の歌が楽しみです。
ぷりんさんの歌を見抜けるかな!?

投稿: アルキメデス | 2009年8月27日 (木) 15時46分

蝉瀑布pen瀑布は夏の季語にもなっているんですね。
和歌や俳句には、とんと疎いので
五行歌も知りませんでした。
麹町倶楽部のHPも拝見させていただきました。
本当に知らないことばかりで、恥ずかしいですが、
少しずつぷりんさんのブログで勉強させていただきます。

それにしてもコオロギの絵、素敵です。
歌の世界を絵で表現できるなんて…happy01
私も絵の勉強しようかなあって、思ってしまいました。無理ですけどsweat01

投稿: せりなずな | 2009年8月27日 (木) 16時53分

eyeアルキメデスさま
先日はありがとうございました。

わたしの作る歌はブログを詠んでくださる
アルキメデスさんには、
きっと、すぐわかってしまうと
思います。happy02

まぁ、叱られながれ、少しずつ、がんばります。sweat01

絵は、ほんとうは蝉をとるべきですが、
このあいだ描いてしまってので、コオロギを
切り口にしました。
よいお歌で、勉強させていただきました。confident

投稿: ぷりん | 2009年8月27日 (木) 18時51分

cloverせりなずなさま

私も何も知らないので、きっと恥をかくと思います。
でも、恥をかくともの覚えがよくなるので
がんばってみますね。

歌とか。。あと能は象徴的なので、
絵にするには、楽しいです。
イメージが広がっていきます。shine

せりなずなさんなら、きっと歌も詠めると思いますhappy01

投稿: ぷりん | 2009年8月27日 (木) 18時58分

先日はお話できる時間が取れなくて残念でした。
山碧木さんからこのブログを紹介されました。
さっそく絵にするなんて本当に素晴らしい!
今度来られた時は又お話しましょうね。
今度は歌をお作りになるとか楽しみです~
初参加ですがよろしく~

投稿: ルビーのママ | 2009年8月28日 (金) 12時45分

ringルビーのママさま

ようこそ、いらしてくださいました。
ありがとうございます。
歌の勉強ははじめて。
何も知らなくて驚かれるかと思いますが、
よろしくご指導くださいませ。confident

来月、お会いできるのが、楽しみです
ルビーのままさんの楽しいおしゃべりを聞かせて
くださいな。happy02

投稿: ぷりん | 2009年8月28日 (金) 17時13分

早くも夏も終わり。
ついにビアガーデンにもいけませんでしたね。

五行歌というものに初めて出合ったとき、
決まりごとがなく(ほんとはあるのかな?)
あまりの自由さに戸惑い、
五七五、五七五七七というリズムに慣れた耳には
落ち着けないな~って思ったものでした。

さまざまな作品を斜め読みしてみました。
心情や情景が伝わることが大事なのかな?

上目遣いに
助けを求める
済んだ目の犬たち
なぜここにいるのだ
何をしたというのだ

どうしてもこんなのになっちゃう。

ぷりんちゃんが選んだ歌は、色が鮮やかに浮かびます。


投稿: 猫の手 | 2009年8月28日 (金) 18時08分

cat猫の手さま

わたしも、七五調のほうが、体質です。
心に しっくりします。coldsweats01

ですから、のんびりやるつもりです。

ワンちゃんの歌、ありがとう。
お上手!うれしい!heart02
返歌です。

黒目あげ、なにをねだるか 
そこはしこ 
君が むくげ
まよいたるかな
秋の 足音sweat01

投稿: ぷりん | 2009年8月28日 (金) 18時53分

ステキなコオロギの絵ですね!
この絵をお部屋に飾ってみたいです~。

私の周りでは、セミの声が少なくなりました。
ここんとこの朝夜の涼しさもあって、「秋が近いなぁ」と感じさせてくれます。
夜もコオロギなど虫の声が多くなって、窓を開けて聴きながら眠りたいけど、いかんせんご時勢的に危なくて・・・。

自分、歌や詩には頭が追いつかない部分があるのですが、ぷりんさんの絵はとっても大好きですw

投稿: Sey | 2009年8月29日 (土) 20時29分

ぷりん先生は、いろいろな事にトライされているのですね。
またまた、尊敬ですlovely

素人目ですが、アルキメデスさんのお歌にぴったりの、透明感がある絵が素敵です。
なんとも、幻想的で。

こちらのブログに「傑作」というクリックがありましたら今回も迷わずポチ♪するのですが。

話は変わりますが、私事ですが父がアキレス腱を切り入院いたしました。
スケッチブックを持って面会に行っておりますと、
別の病室の子や面会の子が「おばちゃんな~に描いてるの?みせて」と来ました。
「きゃははは、へんなの~。」や
「これはかわいいね!」
「でぶすぎ~。」
「へたくそ。」などと言われながらも、日々(まだ4日目ですが)練習しております。
付き添いといっても、な~んにもすることがないのですよ。
ただ横に居るだけですが。
今のうちに、親孝行の真似事です。

投稿: aoba | 2009年8月29日 (土) 20時31分

piscesSeyさま
お元気そうでなによりです。
こちらも、朝晩は少し、涼しくなりました。

マニアックな記事でわかりにくと思うわ。
ごめんなさいね。coldsweats01
でも、絵を楽しんでくださって、
とてもうれしいです。heart02
とと太郎たちは元気かな~?fishfish

投稿: ぷりん | 2009年8月30日 (日) 10時29分

snailaobaさま
あらら。。お父様、大変ですね。
アキレス腱?どうされたのでしょう?

付き添いしながら、絵の修行。えらい!happy01
こんど、病院で、お父様の顔や、看護婦さん、
子供たちのお顔でも描いてあげたら?
喜ばれますよ!

お父様のはやいご回復を祈ってますconfident

ちなみに、こちらの絵は、手がきとCGの融合です。art

投稿: ぷりん | 2009年8月30日 (日) 10時36分

ご無沙汰です!

五行歌って、音韻の制限はなくて自由なんですね。

コオロギのソロの絵、すてきです。 
こういうト-ンの絵、大好き。lovely

文字の雰囲気もぴったりですね。
日本の文字って絵画的というか、リズムを感じます。

ひらがなと漢字の大小は音の強弱、
各行の最後の文字がちょっと止めてあるところは休符。
なんか、コオロギの鳴き声が聞こえてくるみたい!?

投稿: Rose | 2009年8月31日 (月) 06時18分

cakeRoseさま

コオロギの絵、気に入ってくださって
うれしいわ。bleah人物をかくのは、楽しいけど、
たまには、こうして風景をつくりこむのも
新鮮。着物の柄をつくっているような
気持ちになります。

お習字、こちらも自己流です。pen
でも、英文字より。漢字やひらがなのほうが、
絵になりやすい。形がいろいろで楽しいですよね。note

投稿: ぷりん | 2009年8月31日 (月) 09時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1204961/31124155

この記事へのトラックバック一覧です: 第九のような蝉瀑布:

« かみなりの唄 | トップページ | 京都の伝説「戻橋の鬼」その1 »