« 岩手の昔話「たろうの笛の音」その2 | トップページ | 岩手の昔話「たろうの笛の音」その4 »

2009年7月19日 (日)

岩手の昔話「たろうの笛の音」その3

ところが その晩のことです。
たろうは、病気に なってしまいました。
おかあさんが、いくら看病しても 少しもよくなりません。
「どうしたものじゃろう」
お医者さんを よびたくても お金はないのです。
高い熱が つづきます。
おかあさんは おろおろするばかりでした。

ひと晩たち、二晩たち、三日目の晩のことです。
とん とん とん
戸をたたく音がしました。
おそるおそる あけてみると、
りっぱな おさむらいがたっています。
Taro6_2
おさむらいは言います。
「たろうを むこ様に もらいにきました」
おかあさんは 驚きます。
「たろうは、病気です」
あまりに 突然のことで、
そう、答えるのが、精一杯です。

「それは知っている」
おさむらいは、たたみかけます。。
「たろうは、このままでは 死んでしまう。
わたしが、つれてゆけば なおせるが
たろうは もどせない」

おかあさんは どうしていいのかわかりません。
たろうの 病気は なおしたいが、
たろうが いなくなるなんて。。。
だいいち、くらしが たちません。
たろうは だいじな 働き手なのです。
それを伝えると、
「それなら 心配いらない。これからは なんでも 届けてあげる」

そのときです。
戸口から すーっと風ははいり、
なんともいえない よい香りが はこばれて きました。
すると、たろうが むくりと 起き上がりました。
そして、腰に笛をさすと、そのまま 外へでていってしまいました。
Taro7 (つづく)

|

« 岩手の昔話「たろうの笛の音」その2 | トップページ | 岩手の昔話「たろうの笛の音」その4 »

5百物語」カテゴリの記事

コメント

despair
息子と固まってしまいました。息子はたろうの気持ちで、、私は母心、、
息子がたろうだったら「行かない、、死んでも」と。(T_T)
母は、究極の選択です、、でも死んでしまうくらいなら会えなくてもどこかで元気にさえしていればいいと思えるのでしょうか、、。
結末は知りたいですが、でも知りたくないような、、複雑な心境です、、。
それほどまでにぷりんさんのお話に吸い込まれてしまった私たちです。

投稿: nakochan | 2009年7月19日 (日) 11時21分

意外な展開に、えっ~~~でした。
むこ様というのは、亀姫様のむこ様かしら???
たった一人の息子を失う母の気持ちに、同苦ですcrying
苦しむ我が子を見るのは、本当に忍びないもの。
ならば、遠く離れていても、達者で暮らしてくれれば…
あ~胸が痛みますbearing

投稿: せりなずな | 2009年7月19日 (日) 13時24分

virgonakochanさま
そうなんです。原作をよんで、わたしも
びっくり。でも、この話の奥深さにひかれて、
再話してみました。書きながら、つい私は
「母の気持ち」に依存。書き込んでしまいます。
もう少し、表現は、さらっとでいいのかも。。。
冷静に書かねば。。。

投稿: ぷりん | 2009年7月19日 (日) 19時02分

cloverせりなずなさま
なんででしょうね。。。こんなことなら
「かめを助けなければよかった」とか
「別に恩返してもらわなくてもいいです」とか
考えそうです。。。
でも、たろうは「選ばれしもの」であったのかも
しれません。。。

投稿: ぷりん | 2009年7月19日 (日) 19時07分

楽しみです。どうなるの? 切り絵のような絵が素敵。たろうが逆さまに寝ているのがすごい! 

投稿: asako | 2009年7月20日 (月) 00時56分

cakeasakoさま
絵は、きりえ風に マジックで描いています。
それを、パソコンで処理しています。
ブログは展開がはやいので、タッチの選択が
むずかしいのが、悩みどころ。。。
おかあさんもたろうも
とりあえず幸せ?になります。。。
続きを楽しみにしていてくださいませ。

投稿: ぷりん | 2009年7月20日 (月) 06時47分

かぐやひめ、みたいですね‥

病気とか、そういうことじゃなくて。
それぞれの背負っている重みに共感したりします。

投稿: えつりん。 | 2009年7月20日 (月) 18時15分

wineえつりんさん
私もえつりんさんと同じ。。
そうなの。わたしも「背負っているもの」とか
「さだめ」とかをこのお話に感じて、共感。
再話してみました。
「しあわせ」って何かしら?と考えるこのごろ。。
です。

ブログのお引越し先は、あせらず、
よく考えてから、決めてくださいね。
きまったら、お知らせをくださいな。

投稿: ぷりん | 2009年7月20日 (月) 19時25分

こんんちは。
1枚目の絵ですが、母の体を小さく描くことにより、母の表情や手、太郎の様子、お侍の存在が引き立つと捉えて良いのでしょうか?

ps・ 任意メールアドレスとは、ブログのではない正規のものを入力するのですね(^◇^)
知りませんでした。
すみません

投稿: aoba | 2009年7月21日 (火) 10時52分

snailaobaさま
実は、aobaさんのブログのアドレスは、
いつもこちらで貼り付けています。
これは、「コメントを編集」するという
やり方を発見しました。ココログではない
Yahooのせりなずなさんは、どうしたわけか?
いつのまにか。ご自身のブログアドレスを
貼り付られるようになったので、何か方法が
あるのだと、思うのです。
わたしも、yahooでコメントするときの
リンクの貼り方がいまだ、わからないの。。。
とほほ。。。

絵の説明は「その4」でいたしますね。

投稿: ぷりん | 2009年7月22日 (水) 07時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1204961/30605941

この記事へのトラックバック一覧です: 岩手の昔話「たろうの笛の音」その3:

« 岩手の昔話「たろうの笛の音」その2 | トップページ | 岩手の昔話「たろうの笛の音」その4 »