« 岩手の昔話「たろうの笛の音」その3 | トップページ | 岩手の昔話「たろうの笛の音」最終話 »

2009年7月21日 (火)

岩手の昔話「たろうの笛の音」その4

「たろう、どこ いく!」
おかあさんは あわてて 追いかけます。
外にでると たろうが、おさむらいに
手をひかれてゆくのが見えました。
ぼーっとした あかりが ふたりをつつんで
それは、 すべるような速さで 小さくなってっゆきます。
おかあさんは 追いつけません。
「たろう!たろう!」
どんなに よんでも ふりむきません。
と、おさむらいが、かめに かわりました。
背に 綿帽子を かぶった娘が のっています。
娘は 小さく手招きすると たろうを
となりに すわらせました。
「たろう!たろう!」
おかあさんの 声を あとに
たろうたちは そのまま 闇に 消えてゆきました。
どこかで、ちゃぷんと 水音が 聞こえたような 気がしました。
Taro8

あくる朝、おかあさんが おきてみると、
戸口に おこめが おいてありました。
やさいも 魚も あります。
きものも お金まで あります。
それは、次の日も その次の日も 毎日 届きました。
Taro9
村の人たちは くちぐちに うわさをします。
「滝つぼの むこうは 竜宮に つづいているそうじゃ。」
「竜宮に つれていかれたのか。おそろしいのぅ。」
「いや、いや、竜宮の姫様の むこになったそうじゃ。
たいした 出世よ」
なんだか うらやましそうです。
でも、おかあさんは ただ ただ 悲しくて 
泣いてばかり いました。
くらしは ゆたかに なったけれど、
おかあさんは ひとりぼっちになりました。
Taro10 (つづく)

|

« 岩手の昔話「たろうの笛の音」その3 | トップページ | 岩手の昔話「たろうの笛の音」最終話 »

5百物語」カテゴリの記事

コメント

滝壺を囲んで、泣く母、家、噂をする村人という描写。
さすが先生!
私でしたらページ2枚使ってしまいます。

以前より絵本て面白いなーと日々を楽しんでおります。
先生のおかげです。

それから、私が下手な絵本を描くようになったので
愚息は「やばい!構ってもらえない。暇だし勉強でもするか。」とでも思ったらしく、机に向かう時間が多くなりました。
今迄深海魚状態の成績でしたが、徐々に成果が出てきております。
これも、先生、せりなずなさん、なこちゃんのおかげと感謝しています。
愚息の手を離すよいきっかけになりました。
ありがとうございます。

投稿: aoba | 2009年7月21日 (火) 11時08分

ぷりんさんが仰っていた、母親の気持ちをさらっと書くというのは、この絵があってこそですね。
母親が必死で我が子を追いかけるこの絵は、何も説明がいりません。胸がきゅんと痛くなりましたweep
そして、最後の水のちゃぷんという音。
全てを物語っていますね。
これから、おかあさんはどうなっていくのでしょうbearing

投稿: せりなずな | 2009年7月21日 (火) 15時35分

そうかあ、まだ続くのね。
良かった。
これで、めでたしめでたし、なんて
なる分けがないよね。

絵の陰影が、お話の奥行きと深みをつくっているんだなと
しみじみ感じます。

投稿: アルキメデス | 2009年7月21日 (火) 15時42分

こんばんは。先日は私のブログへのコメントをありがとうございました。
少し遅くなってしまいましたが、足跡を残させていただきますね。

昔読んだ絵本を思い出すような、でも今までになかった不思議な感覚を覚えてきます。
絵灯篭を覗いているようですね。
(それから、先日の記事にあった、むさしとお通のかわいい絵も大好きです。)

私も、このお話のお母さんがこれからどうなってしまうのか、とっても気になります。
また、続きを読ませていただきますね。

投稿: Sey | 2009年7月21日 (火) 20時35分

snailaobaさん
一枚目の絵では、たろうたちと、お母さんの距離が
どんどん離れていくカンジがだしたかったので、
おかあさんを、うんと小さ後方に配置。してみました。

三枚目は、日本の絵巻物で「雲で場面をくぎりながら、
でもつながっている」という構図のとりかたを
滝つぼに置き換えて応用してみました。

息子さんの、お勉強がはかどって、何よりです。
何が幸いするかわかりませんね(笑)
aobaさんは、絵本の道へ。息子は、勉強!
さて、パパは???いままでどおり、がんばって
稼いでいただきたいですね(笑)

投稿: ぷりん | 2009年7月22日 (水) 07時37分

cloverせりなずなさん
「書く」ということが新鮮なこのごろで
ついどんどん書いてしまうのですけど、
「絵」があるのだから、文は平易でもいいのかなぁ。
とも思ったり。。。
せりなずなさんのようにもう少し筆運びもなめらかに
練習中です。
次が最終話になります。おかあさんのゆくえは?

投稿: ぷりん | 2009年7月22日 (水) 07時48分

eyeアルキメデスさん
次回、最終回では、おかあさんにも
それなりに幸せになっていただきます。
このままですと、かわいそう。。。ですものね。

投稿: ぷりん | 2009年7月22日 (水) 07時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1204961/30632074

この記事へのトラックバック一覧です: 岩手の昔話「たろうの笛の音」その4:

« 岩手の昔話「たろうの笛の音」その3 | トップページ | 岩手の昔話「たろうの笛の音」最終話 »