« 絵本原画展「久我山幼稚園」その3 | トップページ | 静岡の伝説「ふたつの赤い月」その1 »

2009年6月23日 (火)

ギャラリーふらここ「かえる展」

池袋にあるギャラリーふらここにて「かえる展」がはじまりました。

昨年の「くじら展」に続いて2回目の展覧会です。

主催は(株)遊。こども番組や知育ビデオを制作している

映像プロダクションです。

映像やさんがなぜ?とお思いでしょうが、

社長の葉方氏の 子供へのなみなみならぬ愛情と、

絵本に対する熱い思いが この展覧会を実現させています。

Photo_7

こちらが私の出品した作品。「かえるの雨乞い」

雨乞いした結果、雨がふってくれて

大喜びのかえるさんたち。といったイメージで描いたものです。

この展示会への出品は、絵本作家30人以上です。

会場のスペースの関係で、小品となりますが、

著名な先生方の作品でいっぱいです。

Photo_8 上 太田大八 下 ひろさわさえこ

Photo_9 左 矢玉四郎 右飯野和好

その全ての作品を安価で版売しています。

6月20日(土)のオープニングパーティでは、130名以上の

集まりとなり、大賑わい。スタッフの方々は大わらわでした。

Photo_10 「遊」社長葉方氏と。

7月19日(日)までの開催です。

駅から、少し遠いのですけど、よろしかったら、

いらしてくださいませ。

Photo_12 ちなみにこちらは昨年の「くじら展」に出品の「くじらの馬車」

|

« 絵本原画展「久我山幼稚園」その3 | トップページ | 静岡の伝説「ふたつの赤い月」その1 »

7今昔童子」カテゴリの記事

コメント

子供の大好きなカエルがいっぱいで、きっと夢のような空間なんでしょうね。
ぷりんさんの『かえるの雨乞い』今にも歌声が聞こえてきそうです。
できれば、実際に見に行きたいのですが…

投稿: せりなずな | 2009年6月23日 (火) 08時51分

こんばんは。
わー、原画を拝見できるのですね。
行きます、行きます、行かせて下さい。
このメールを打つ手も震え、”行かせて下さい”を7回も打ち直したくらいです。
帰るの雨乞い、素人ですが感想を言わせていってもよろしいでしょうか。(書いてしましましたが・・・)
1・色が雨乞いという題にぴったりです。
2・雨の線が素敵です。
3・白い花が妖艶な感じでくすぐったく素敵です。
4・蛙のヌルッとした感じが出ていて、触ってみたくな  ります。
5・蛙の黄色い着物と、袴の赤、バックのなすび色(で  宜しいでしょうか?)がいい色です。どうやった   ら、このような色が出来るのでしょうか。
もっとたくさん浮かびましたが、言葉にできるのはこれくらいでした。
素人が勝手に書き並べたということで勘弁して下さい。

投稿: aoba | 2009年6月23日 (火) 21時56分

cloverせりなずなさん
お住まいが、愛知県?とうかがっています。
こんど、名古屋(父のふるさと)とか、
京都とかで開催できたら、いらしてくださいな。
いつも、ブログを見てくださるだけで、
十分ありがたいです。

今日は一歩前進。せりなずなさんのプログのアドレス
を貼れました!前からそうしたかったのに
やりかたがわからず。。ようやくできたわ!

投稿: ぷりん | 2009年6月24日 (水) 06時13分

snailaobaさん
たしか、お住まいが鎌倉?
遠いところからいらしていただくには、
小さな展覧会で、心苦しいです。でも、著名な先生方
の絵がたくさんあります。わたしは、末席をよごす
カンジです(笑)私は、10月にもう少し大きいものを
やる予定です。

たくさん感想、ありがとうございます。
嬉しいです!画材は、和紙に水干絵の具と岩絵の具、
色えんぴつも隠し味?で使っています。粒子が岩なので
色同士が混ざりません。。
aobaさんもこんど、ちょこっと水彩をためして
みると、まいまいちゃんの味がいっそうでるかも
知れませんよ。

投稿: ぷりん | 2009年6月24日 (水) 06時28分

アドレスをいつも打ち込んで訪問してくださっていたんですね。わぁ~感激ですhappy02
ありがとうございます。
10月の展覧会、何とか行きたいです。
主人にOKがもらえるよう、点数稼ぎしておきますね

投稿: せりなずな | 2009年6月24日 (水) 12時48分

cloverいいえ、実はまだ、打ち込めていないのです。
できたのは、サインのみ。
ですから、わたしのコメントには、「バッテン」が
ついています。どうしたら、いいのか?
まだ不明です。

展覧会の詳細はきまってないけど、10月は晶子さんの
朗読公演にご一緒させてもらうかも知れません。

投稿: ぷりん | 2009年6月25日 (木) 06時22分

おはようございます。
池袋の件ですが、住まいが横浜ですので湘南新宿ラインですと、短時間で行けるようです。
7・19迄の間に、是非伺わせて頂きますね。
また、水彩へとのアドバイス有難うございます。
私も水彩に興味がありました。
早速水彩のテキスト&画材を購入致しました。
鉛筆とパレットは子供のおふるで間に合わせましたが。
毎日少しずつ描いてみます。
まいまいを始めてから、絵を描くことが楽しくて仕方がないのです。
アラフォーの手習いには丁度良いかもしれませんね。
本当に有難うございました。(^◇^)

投稿: aoba | 2009年6月25日 (木) 09時46分

snailまあ、そうそうに水彩を!
aobaさんなら、すぐ上手になりそうです。
パステルとかと組み合わせても
今の絵のカンジがパワーアップすると
思いますよ。
「かえる展」は小さな展覧会ですので、あっというまに
見終わってしまう。ですから、心苦しいです。
でも、おいでになる日がきまれば、
その日、私がいなくても、
きちんと、お相手できるよう、スタッフに言って
おきましょう。

投稿: ぷりん | 2009年6月25日 (木) 14時09分

大喜びのプリンプリンガエルが5匹、うれしそうだなあ〜。
それとも原画に雨が降って、大慌てのカエルたちだろうか。
この絵もプリンさんの世界だなあ(^^♪

投稿: アルキメデス | 2009年6月25日 (木) 14時37分

アルキメデスさん
「かえる展」はA4ぐらいの小作品の展覧会です。
このかえるさんたちは、ようやく雨がふってくれて、
やれやれと、喜んでいるつもりです。
「恵みの雨を願う心」を表現?

投稿: ぷりん | 2009年6月25日 (木) 15時12分

happy02
ぷりん様
私の拙いブログになんぞ、ご訪問、そして素敵なコメントをありがとうございます。
ぷりんさんのブログにお邪魔してこんなにも素晴らしい画家さんでいらっしゃり益々恐縮しております。
実は、今日かえる展にお邪魔させていただきました。ブログ上でも素晴らしい作品ですのに、本物は、、吸い込まれるかのように見入ってしまいました。
本当にかえるさんたちの雨乞いの祈りの歌が聴こえてくるようでした。
また、息子が大好きなあさたろうをお描きの飯野さん、ゾロリの原さんの作品も拝見でき、帰宅して思わず息子に自慢してしまいました。(^^ゞ

ぷりんさんの原画に出逢えて、大満足の一日です。(今も余韻を楽しんでいます。)
ありがとうございました。
10月の作品展も楽しみにしております。

投稿: nakochan | 2009年6月25日 (木) 19時20分

penguinnakochan
「かえる展」、足を運んでくださって、嬉しいです。
ありがとうございました。まだまだ修行中ですが、
見ていただけて、感謝です。
息子さん、飯野先生、原先生のファンでらっしゃるのね。見せてあげたかったですね。
10月は「江戸モノ」を描く予定です。

プロフィールから、HPに飛べますので、
お時間あるとき、ごらんくださいませ。

投稿: ぷりん | 2009年6月26日 (金) 06時36分

お気遣いありがとうございます。
nakochanさんからお誘いがあり、御一緒することになりました。
そーっと見させて頂きますね。
楽しみにしています。

投稿: aoba | 2009年6月26日 (金) 15時32分

ひょっとしてその帯はカエル?
色がカエル色だけからそんな気がしたんだけど・・・。
はずれかな?

マンボウの帯締めたいので、暑気払いしようね。
えり華さんが夏のもののバーゲンやるみたい。
でも、無理だー。

と、1人だけ浮いたコメントでごめん!

投稿: 猫の手 | 2009年6月26日 (金) 18時37分

snailaobaさん
まぁ、よかった!それなら、安心です。
行きにくい場所ですし、心配でした。
nakochanとご一緒なら、すぐ、見終わっても
おしゃべりで楽しめますね。
では、どうぞ、よろしくお願いします。

投稿: ぷりん | 2009年6月27日 (土) 05時29分

cat猫の手さん
いえいえ。「ふくらすずめ」の帯よ。
お気に入りでよくしめます。クリックすると、
アップになります。

マンボウの帯ね。あの、こげ茶のおしゃれな帯、
思いだしたわ。7月、たまには、ビアガーデン?
最近また、あちこちで、復活しているらしい。

投稿: ぷりん | 2009年6月27日 (土) 05時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1204961/30212325

この記事へのトラックバック一覧です: ギャラリーふらここ「かえる展」:

« 絵本原画展「久我山幼稚園」その3 | トップページ | 静岡の伝説「ふたつの赤い月」その1 »