« 水無月 | トップページ | 「酒呑童子」を唄う »

2009年6月13日 (土)

「お坊さんと白い牛」を唄う

新しいカテゴリー「おはなしを唄う」を設置いたしました。

こちらでは、「百物語」のなかで書いたお話を

「詩」?「童謡」?といったものに落とし込む作業を

試作してゆきたいと思います。

読んでくださった方は、思い出していただき、

読まれていない方は、お話と一緒に

楽しんでくださったら嬉しく存じます。

では、4月 最初に書きました

宇治拾遺物語「お坊さんと白い牛」の前編と

後編から

「岩になったお坊さん」

ふかい ふかい 山おくで

しろい うしに 会いました

しろい うしは しろい尻

しろい おっぽが

ゆうらり ゆうらり

きれいな きれいな 花園で

あかい 花を 食べました

しろい うしは しろい尻

おなかが ふくれて

ふうらり ふうらり

見ては いけない うしでした

食べては いけない 花でした

だれも 知らない 洞窟で

わたしは 岩に なりました

虫が 泣いて くれましょか

花が 咲いて くれましょか

雨が わたしを 清めましょ

Bosan7_2

http://pulinblog.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/post-618d.html

|

« 水無月 | トップページ | 「酒呑童子」を唄う »

おはなしを唄う」カテゴリの記事

コメント

ぷりんさん 素敵! 良い!酔いwine
読みたくなってます。

「雨が わたしを 清めましょ」
なんだか涙でそう!

これは もう DVDの世界へ GO!ですね。lovely

投稿: akiko | 2009年6月14日 (日) 00時13分

cherry晶子さん
どうもありがとう。
この詩も晶子さんに読んでいただけば、
数倍もよくなるように思うわ。
いろいろと、書いて、描いて、模索中。
これらを、仕事にどうのように
つなげていくか?課題ですねぇ。

投稿: ぷりん | 2009年6月14日 (日) 07時15分

絵だけでなく、こんな素晴らしい文才もあるなんて…
天は二物も三物も与えるなんて、えこひいきです。
私も、もっと勉強しなくては!

“きんいろのライオン”手元に届きました!
長男は、さっそく包装紙をびりびりに破って没頭してました。
「すげえ!すげえ!」と叫んでいたのは、はじめのうちで、だんだん物語にのめり込んでいき、最後ため息で終わりました。
感想を聞こうと思いましたが、余韻に浸っているのがわかりましたので、そっとしておきました。

次男は、表紙を見て
「怖い夢を見るから、今度読んでね」と逃げていきました。ドラえもんのジャイアンでさえ怖がって観れない子ですから、まだちょっと無理かもしれません。

投稿: せりなずな | 2009年6月15日 (月) 08時49分

cloverせりなずなさん
「きんいろのライオン」のテーマは重いので
感受性の強いなおくんには、なおさらだったかもしれません。でも、それだけに、ゆっくりと、自分自身で
答えを探してゆくと思います。解決のつかない事柄の先を見つけていくのが、本当の意味での「生きる力」です。そっと、しといてあげるせりなずなさんは、
りっぱな母親だと思います。
わたしは、せりなずなさんの文章をはじめて読んだときから、児童文学に対して天性の才があると思いました。
ときどき、「おせっかい」と思われるコメントを
するかと思いますが、お許しいただき、書き続けて
いただきたい。私も勉強中の身です。お互い
がんばりましょうね。

投稿: ぷりん | 2009年6月15日 (月) 17時48分

身に余る光栄です。

なかなか、辛口コメントをいただける方がいらっしゃらないので、ぷりんさんのアドバイスは、本当に感謝しています。
ぷりんさん、これからもよろしくお願いします。

投稿: せりなずな | 2009年6月15日 (月) 20時28分

snailぷりん様
こんばんは。
花の色、形、花と花との間隔、牛の配置、洞窟を白く抜いたところ、等々見惚れてしまいました。
たいへん勉強になります。
ーーPSーー
まいまいの絵本が、先週金曜日にアップしてしまいました。
私の書庫管理不備の為です。
申し訳ございません。

投稿: aoba | 2009年6月15日 (月) 21時58分

原画展とお話会、すばらしかったです。
ぷりんさんのお話された内容がとても胸に響き、
現在進行形の育児への活力をいただきました。
ありがとうございました。
子どもたちのキラキラした目と楽しむ姿、
うなずき真剣に聞き入るお母様方の姿。
本当に大成功でしたね。

投稿: ももざね | 2009年6月16日 (火) 23時30分

snailaobaさん
どうも、ありがとう。参考にしてくださって
嬉しいです。
aobaさんの絵は、私には描けない、
今ふうの都会的センスがあるので、
楽しみに見ているのですよ。
これから、「まいまい王国」を築くつもりで、
たくさん描いてくださいな。

投稿: ぷりん | 2009年6月17日 (水) 08時02分

cancerももざねさん
きのうは、原画展の講演、来てくださってありがとう。
とても、嬉しかったです。
ももざねさんも、「おかあさま方」のおひとり。
これからも、「子供たちに伝えたい本づくり」
「心に残る本づくり」をご一緒したいですね。
「昔話」のほか「今昔物語」なども
楽しいですよ。
子育てとお仕事、がんばってくださいね。

投稿: ぷりん | 2009年6月17日 (水) 08時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1204961/30085471

この記事へのトラックバック一覧です: 「お坊さんと白い牛」を唄う:

« 水無月 | トップページ | 「酒呑童子」を唄う »