« 山形の伝説「あこや姫」(最終回) | トップページ | 絵本原画展「西鎌倉幼稚園」(前編) »

2009年6月 3日 (水)

「水野ぷりん絵本原画展」

来る6月5日(金)から6月19日(金)まで、

西鎌倉幼稚園と久我山幼稚園にて

「水野ぷりん絵本原画展」を開きます。

「きんいろのライオン」「かさじぞう」「たのきゅう」

といった昔話の絵を中心に「現代童話」の絵も含めて、

全部で45点ぐらいの展示となります。

園児や保護者、園関係者、出版社と

限られた方への公開なのが、少し残念ですが。

Photo 案内状

心落ち着かないのは、「お話会とサイン会」があること。

私は「不肖の不詳で、出不精」の絵描き。

お母様方の前で、なにをお話してよいやら。。。

しかも、子供を生んでいないので、幼子とふれあっていない日常。

どうなることやら、心配で、母の声を聞きたくなり、久しぶりに電話。

そして、私の幼稚園時代の話を聞いてみました。

私は4月生まれ。ですから、入園を同じくした子供たちの中では

しっかりとした子供。園の生活にもすぐ慣れたようで、

園の門が見えると、親を振り切って走り出す。あっというまにお教室に

はいってしまい、母はシスターにろくろくご挨拶もできなかった(苦笑)とか。

水たまりを見れば飛び、手すりを見ればすべり、広いところに出れば駆け出す。

ほんとうに子供らしい子供だったようです。

お友達からは「みかんジュース、みかんジュース」(本名は「みか」なのです)

と、よくからかわれたものの、にこにこしていたとか。

Photo_2 5歳の私

そんな母の話を聞いているうち、つらつらと

思い出してまいりました。

仲良しだった「きみこちゃん」のおうちでいただいたハトサブレ。

「まゆみちゃん」と引っ張った、おいも。なんとなく好きだった「こうくん」。

わんぱくだったのに泣き虫の「だいちゃん」とは、

ケーキ家さんごっこをしましたっけ。

「おとまり保育」「花笠音頭」「太鼓とトライアングルの合奏」。。。

楽しかったことは、今でもぼんやり覚えているのですね。

あっ。。なんとなく、明るい気持ちになってきたわ。

この「原画展」も、子供たちに「楽しかったような、なにか驚いたような」

といった思い出として、残ってくれたらいいなぁ。と祈るばかり。。。です。

Photo_3年長さんのときの絵

では、ご報告は次の記事で。

|

« 山形の伝説「あこや姫」(最終回) | トップページ | 絵本原画展「西鎌倉幼稚園」(前編) »

7今昔童子」カテゴリの記事

コメント

5歳のぷりんさん、かわいい~
すごい良い写真ですね。いい表情をとらえてますね。
私の幼稚園時代は、かなりのお転婆で
思い出すのも恥ずかしいです(--;
原画展、一般参加なしなんて…見られなくて残念です。
お話会サイン会、がんばってください。
また内容教えてくださいね。

投稿: せりなずな | 2009年6月 4日 (木) 10時36分

叔父が牧師で教会も幼稚園やってたのでひとりで都バスで通ってた。寝てしまって乗り過ごして運転手さ~ん・・・って泣いた憶えがあります。今でも教会に行くとゆり組の先生がいます。僕はすみれ組だった。

投稿: GAMA | 2009年6月 4日 (木) 17時13分

はじめまして♪西鎌倉幼稚園園児母です。
お話会が楽しみで待ちきれなく、ブログを拝見しましたところ、原画展の話題が~!
嬉しくて、コメントさせていただきました。
明日は楽しみにしていたお話会。
なんと娘はぷりんさんにプレゼントをお渡しする大役にも選ばれ、親子でドキドキワクワクしています。
娘も私も、絵本大好き。
今までいろいろな絵本と出会ってきましたが、原画展を前に、娘は幼稚園で毎日ぷりんさんの絵本に触れているようです。
どの絵本も楽しく読ませて頂いているようですが、おばけや怖いもの好きの娘のお気に入りはやっぱり「こわい話」だそう。
迫力がありながら温かみを感じさせる繊細な絵に、娘も私も、すっかりぷりんさんのファンになりました♪
ちなみに、我が家の娘も「水たまりを見れば飛び、手すりを見ればすべり、広いところに出れば駆け出す」ような子供です^^
そんな娘にとっても、明日の一日はいつまでも心に残る素敵な思い出になることでしょう。
どんなお話をしてくださるのかな~と、親子共々とってもとっても楽しみにしています☆

投稿: 野良猫にゃにゃみ | 2009年6月 4日 (木) 23時33分

そうそう両園は姉妹園なのよね。
仕事で行ってきましたよ。西鎌倉幼稚園。
子どもがのびのびとして遊ぶ力を伸ばしてくれる幼稚園だと思いました。

原画展のときは伺う用事がないな~。残念。

さすが5歳のときから絵がじょうだったのね。
それにしっかり者だったのね。
私は1月生まれだから、いつもダメダメちゃんでした。

投稿: 猫の手 | 2009年6月 5日 (金) 02時22分

happy01はげましのコメント、ありがとう。
とっても、勇気が湧いてきました。がんばります。
これから、西鎌倉です。もどってきましたら、
ゆっくり、お返事しますね。

投稿: ぷりん | 2009年6月 5日 (金) 07時17分

cloverせりなずなさん
「お話とサイン会」なんとか、こなしました。。。
というより、こどもたちが、あんまり素直なので、
こちらの構えていた気持ちがふきとんでしまいました。
こどもたちのパワーにへろへろです。
楽しかったです。詳細は写真が届いたら、記事にします。見てくださいね。

投稿: ぷりん | 2009年6月 5日 (金) 19時52分

bellGAMAさん。
私はばら組みでした。
幼稚園は私もキリスト系の園だったのですよ。
賛美歌を歌ってました。

投稿: ぷりん | 2009年6月 5日 (金) 19時56分

virgo野良ねこにゃにゃみさま。
励ましのコメントいただき、勇気をもって
お話会にのぞむことができました。

本日は、お母様方一同、あたたかく迎えてくださった
うえ、つたない話を聞いてくださり、感謝です。

心琴ちゃんのうちわのプレゼント、どうもありがとう。
もういちど、お顔を確認して、お礼をいいたいです。
そして、こんど、ゆっくり、鎌倉見物してみたい。
緑豊かなよいところですね。
心琴ちゃんのすこやかな成長をお祈りして。

投稿: ぷりん | 2009年6月 5日 (金) 20時09分

cat猫の手さん
西鎌倉さんはとても、のびのびした園でした。
大先生と気があいます。楽しかったわ。
こどものときの絵も展示したのですけど、
皆さん、親しみをもってくださったようす。
次は、久我山幼稚園さんにうかがいます。

投稿: ぷりん | 2009年6月 5日 (金) 20時15分

本当にお疲れさまでした。
詳細のブログ楽しみにしてますconfident

投稿: せりなずな | 2009年6月 5日 (金) 22時20分

本日は幼稚園にお越し頂き、有難うございました♪
とても貴重な絵を沢山拝見することができ、また素敵なお話の数々にとても感激でした☆
娘もぷりん先生にお目にかかれ、そして握手までしていただいてとても感動しておりました。読んでいた絵本の先生が目の前にいらっしゃることに5歳の心は大きくときめいたようで、ぷりん先生にお会いできた感激覚めやらぬまま、家に帰るなりクレヨンでひたすら絵とお話を描いて、物語を作っていました。幼稚園に展示してありました、ぷりん先生が娘と同じ5歳の頃に描かれた絵と比べると天と地の差もありますが、娘なりに「ぷりん先生みたいに綺麗な絵が描けるようになりたい!」と憧れを抱きつつ描いていました。ぷりん先生の原画展を通してますます絵に興味を持ったようで、親といたしましても嬉しく思っております^^

ぷりん先生は、こちらのブログで公開されていた幼稚園時代の可愛らしいお写真の面影がある、とても素敵な方でした☆お着物がとてもお似合いになって、幼稚園ということで選んでくださったというサーカスの絵のついた帯もとても可愛く、素敵でした。どうしてお着物をお召しになっているか等などのお話も伺え、とても楽しいひとときを過ごすことができました。中でも絵本の読み聞かせ方はとても参考になりました。絵を見せずに、文章だけを読むという読み方もある・・・。そういえば、私が小さい頃、数多に出回る絵本の中で、なぜか「絵のない絵本」という本が大好きで、母に何度も読んで読んでとせがんだ記憶があります。殆ど絵はなく、挿絵程度の白黒の絵本。そんな絵本でしたので、お話を聞きながら自分の頭の中で勝手に絵を描いて自分だけの絵本にしていたような記憶が蘇ってきました。また逆に、絵を見せてお話を想像させるということもお勧めくださっていましたが、絵本というのは絵を見て字を読んで、という正統派の読み方だけじゃなく、いろいろな角度から楽しめて、本当に奥深いものなのだなあと改めて思っておりました。

最後にお話下さった古典文学の絵本のご予定はとても楽しみです。
我が家では娘に時々古典や論語を読ませていますが、難しいので嫌がられ、よく(というか、かなりの頻度で)逃げられます(笑)。なので、子供にも親しみやすい古典文学の本があれば・・・と思っておりましたので、是非!実現してくださることを楽しみにしております。

今夜は「きんいろのライオン」を読ませていただきながら、娘は眠りにつきました。
主人が絵本を手に取ったところ、娘は、「世界で一冊しかない絵本だから、大事にね!」と注意?したりして・・・。
先生が娘あてにサインを下さった絵本は、早速彼女の宝物となったようです。
今夜はどんな夢を見ているのでしょう。
ぷりん先生とお会いできた今日の日のことか、きんいろのライオンになった夢か、はたまた、自分が作ったお話の主人公になった夢か・・・。
ぷりん先生もおっしゃっていたように、子供の頭の中ではいつも限りない創作活動が繰り広げられているのではないかと思う母でありました。

鎌倉は山と海に囲まれ、自然豊かな落ち着いた町だと思います。歴史的な名所もたくさんありますが、我が家の家の近くには広町という自然がそのまま残された広大な緑地もあり、夏にはたくさん飛び交うホタルも見ることができます。
有名な観光名所からからひっそりと動植物が息づく森までいろいろ良いところがございますので、是非また、鎌倉探訪にいらしてください☆

このニックネーム・・・我が家では家猫一匹のほか、「にゃにゃみ」「しまじろう」と娘が勝手につけた名付けた野良猫二匹もおります。ぷりん先生も猫好きと伺い、なんだかより親近感が湧いて参りました。我が家の野良猫・にゃにゃみのように、神出鬼没?で、またブログ拝見&コメントさせていただきますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
本日は本当にありがとうございました!

投稿: 野良猫にゃにゃみ | 2009年6月 6日 (土) 00時14分

virgo野良猫にゃにゃみさん
すばらしいお便りありがとうございます。
喜んでいただけて、ほんとうに嬉しいです。
純真なこどもの心を裏切らないよう、
精進をおこたらないようにしなくては。
と気をひきしめました。
また、今回のことで、改めて感じ入りましたのは、
子育てに真摯なお母様がたのお気持ちです。
わたしたちの仕事は、「良質なもの」を提供して、こうしたお気持ちのお手伝いをしていくことだと、思いました。がんばりますね。お嬢様もわたしも、「猫好き」。
お話したら、きっと気があいますね。

投稿: ぷりん | 2009年6月 6日 (土) 10時58分

heart02ぷりんさんの幼稚園時代のお写真そして絵、お母さまへのお電話、なんて可愛くって、素敵なこと!
こんなにふうに、お話聴いてくださる方のことを思いやるスピーカーってなかなかいませんよね。

お母さま方のコメントがまた感動的ですね!
良かったですね~~~

サーカスの帯 拝見したいですね。;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

投稿: akiko | 2009年6月 6日 (土) 23時43分

heart02晶子さんのように人前でなにがしすることに
慣れていないので、ものすごく緊張しました。
翌日はほっとして、おなかをこわしました(苦笑)
でも、よい経験でした。

投稿: ぷりん | 2009年6月 7日 (日) 13時39分

こんにちは。
プリン先生の絵本原画展を拝見させて頂きたいと思いましたが、一般参加はないのですね。
残念です。
私は横浜に住んでおりますので、可能でしたら何度か足を運ばせて頂いたと思います。
次回近隣で個展を催される際は、是非拝見させて頂きたいと思っております。
その日を楽しみにしております。
お疲れ様でした。

投稿: aoba | 2009年6月 8日 (月) 15時44分

snail西鎌倉ははじめてうかがったのですけど、
緑豊かですてきなところ。
せっかくですから、aobaさんにも、
見ていただきたいのに、残念です。。。開催場所が幼稚園なので、ガードがかたいです。ごめんなさい。

まいまいちゃんの絵がどんどん上手になってゆくのに、
目を見張ってます。構図のとりかたに才能を感じて
拝見してます。がんばって、連載続けてね。

投稿: ぷりん | 2009年6月 8日 (月) 18時54分

水野ぷりん様

おはなし会とサイン会ありがとうございました。
子ども達もママ達も先生達も大喜びな1日でした。
今朝も、今日1日もみんな先生の話でもちきりでした。
貴重な経験と、素敵な思い出をほんとうにありがとうございました。
今朝、ある園児が、「水野ぷりんさんって、人間だったね。」と言っていました。
思わず吹き出してしまいましたが、
まだまだファンタジーと現実を行ったり来たりしている子ども達。
人間とわかりつつも、もしかしたらぷりん星人が来ると思っていたのかしら!とびっくり!
でも、その後に、「絵本を描く人間で良かった。」と申しておりました。
失礼な子どもの言葉のようにも思いますが、それだけ先生との出会いが印象的だったのでしょう。

どうぞ、これからもたくさんの「むかし。。むかし。。」のお話を私たちに届けて下さい。

またお会いできます日を楽しみにしております。

つい。。。ぷりん星人の言葉がおかしくて
ブログの方に書かせていただきました。

投稿: 園長先生 | 2009年6月 8日 (月) 19時47分

crownあはは。実は、人間に化けたぷりん星人かも
わかりません。また、お会いできましたとき、
ほんとうの姿をお見せいたしましょう(笑)
それにしても、あの時期の子供の発想って、
限りなく自由ですね。大事にしてあげたいです。

つまずきかけると、園長先生がフォローしてくださり、
ほんとうに助かりました。ありがとうございます。
よいご縁となりました。

投稿: ぷりん | 2009年6月 9日 (火) 07時16分

励ましのお言葉を戴き有難うございます。
アラフォー世代頑張ります。

投稿: aoba | 2009年6月10日 (水) 21時27分

snailaobaさん
「まいまいちゃん」の次回作、楽しみにしています。
のびのびと、感性のままに描いてくださいね。

投稿: ぷりん | 2009年6月11日 (木) 21時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1204961/29934008

この記事へのトラックバック一覧です: 「水野ぷりん絵本原画展」:

« 山形の伝説「あこや姫」(最終回) | トップページ | 絵本原画展「西鎌倉幼稚園」(前編) »