« 「耳袋~忠義なぶち猫」(前編) | トップページ | 「耳袋~忠義なぶち猫」(後編) »

2009年5月10日 (日)

「耳袋~忠義なぶち猫」(中編)

「ご主人、わてが 嬢ちゃんのそばを

離れなんだのは、屋根うらにいる

妖怪大ねずみが、嬢ちゃんの命を

ねろうているからでおます。

まぁ、ねずみを取るのは、わての仕事でっせど、

その妖怪ねずみはえろう強くて

わてひとりじゃとてもかないまへん。

どうぞ、川むこうの市兵衛さんのとこにいはる

「虎吉」ちゅう猫を借りてきておくなはれ。

二匹で、かかれば、なんとか、退治できまっしゃろ。」Neko4

そこで、お父さん、虎吉をかりてきました。

ぶちは、いつまにやら、

河内屋にもどっており、すずしい顔。

虎吉を見ると、鼻をつきあわせ。。。

どうやら、軍議のようす。

お母さんは「気張ってな。頼みます」

手をあわせ、二匹にたいそうな

ごちそうを食べさせてやりました。

Neko5_5

そして夜。

二匹は屋根うらにあがっていきました。

とたん、にわかに嵐になったよう。

どす、どすと、われんばかりの音。

柱もぐらぐら、ゆれています。

「ふぎゃあ!ふぎゃ!」ぶちの声か?虎吉の声か?

お父さんもお母さんもふるえながら、

やぶれそうな天井を見上げています。

そうして、一刻もすぎたころ。。。

「ぐきゅう。。」

気色悪い声がしたかと思うと

静かになりました。

お父さん、お母さんはおそるおそる

屋根裏をのぞいてみますと。。。

    つづく

|

« 「耳袋~忠義なぶち猫」(前編) | トップページ | 「耳袋~忠義なぶち猫」(後編) »

5百物語」カテゴリの記事

コメント

ネコの食べたごちそうって何だろ?ネコマンマみたいな
簡単じゃ納得しないよね、どっちにしてもカップヌードルライト
を1日1個のダイエット生活の僕にとってなんでもご馳走だ
ネコがうらやましい・・・・

投稿: GAMA | 2009年5月11日 (月) 18時07分

catそうですね。ごちそうといえば、やはり鯛の尾頭付き、
かまぼこ、いわしのつくだになど。。。お正月の御節のようなめでたいものが想像されます。
GAMAさんも、きちんと食べて、体力つけてくださいな。
さて、いよいよ、ラストは、明日公開!お楽しみに!

投稿: ぷりん | 2009年5月11日 (月) 19時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1204961/29532397

この記事へのトラックバック一覧です: 「耳袋~忠義なぶち猫」(中編):

« 「耳袋~忠義なぶち猫」(前編) | トップページ | 「耳袋~忠義なぶち猫」(後編) »